タックス・リターンについて確認しよう 2021/2022年度版(後編)

最後は、タックス・リターンについて特に注意したい点などについて確認していきましょう。
by NY-http://nyphotographic.com/ (2015) / CC BY-SA 3.0

 

ワーキングホリデーの方

日本を含む、オーストラリアと租税条約を結んでいる国(a non-discrimination article (NDA) country)から来たワーキングホリデーメーカーについては、「税法上の居住者」要件を満たす場合は、「居住者」の税率が適用されます。※税率は中編参照

特段の手続きをしない場合、源泉徴収は「ワーキングホリデーメーカーの税率」で行われ、タックス・リターンの際に「居住者の税率」へ調整します。通常、ワーキングホリデーメーカーは一定の条件を満たすと、タックス・リターン及びNon-lodgement adviceの提出は不要となりますが、この調整を受けるためには必ずタックス・リターンが必要です

※ご自身が「税法上の居住者」に該当するかどうかは、こちらのツールにてご確認ください。よくわからない場合はうやむやにせず、ATOまたは登録税理士にご相談ください。

参考:ATOウェブサイト「Taxation of Australian resident WHMs from NDA countries」「Australian resident for tax purposes

 

6・7月に帰国する/した方

【6月中に仕事を辞めたがお給料を7月に入ってから受領した場合】
翌年もタックス・リターンが必要。タックス・リターンの計算が働いた期間ではなく、給与の支払いベースで行われるため

例えば、2022年6月25日に退職⇒2022年7月5日に最後の給与を受領した場合、2021/2022年度のタックス・リターンと2022/2023年度のタックス・リターンの両方が必要になります。

【労働可能なビザでオーストラリアに滞在し7月に出国する場合】
7月に受け取った給与がなくても翌年Non-lodgement adviceの提出要(もしくは前年度のタックス・リターン/Non-lodgement adviceにて翌年以降タックス・リターン不要に✓する)。「就労可能な状態でオーストラリアにいた」というのがポイント

例えば、ワーキングホリデービザ保有者が2022年6月20日に退職し、2022年6月30日に最後の給与を受領、2022年7月15日に出国した場合、2021/2022年度のタックス・リターンと2022/2023年度のNon-lodgement adviceの提出が必要になります。

近年、ATO(Austrslian Taxation Office: 国税局)は移民局が管理するビザや出入国のデータとマッチングし、タックス・リターン等の監視を強化しています。

帰国したら終わりではなく、必要な公的手続きをすべて終わらせるまでが留学やワーキングホリデーだと思って、「いつの」「どの」手続きが必要なのかしっかり確認して忘れずに手続きしましょう。

 

MyGovの設定方法

myGovを利用して、Income Statementの確認、タックス・リターンやNon-lodgement adviceの提出などを行う場合、myGov登録及びATO(Australian Taxation Office:国税局)との紐付けが必要です。myGovとは、オーストラリアの公的サービスのプラットフォームで、登録することで様々な公的サービスを一括して管理することができます。

myGovの登録の仕方:わかりやすい説明(英語)
myGovにATOをリンクする方法(英語)(動画は1:40あたりから)

*注意!:オーストラリア国外にいてSMSの利用ができない方は、MyGov登録の際 Enter your mobileはSkip this stepをクリックしてください。
*注意!:初めてタックス・リターンをする方は、myGovをATOにリンクする際「Specific questions to you 」は使えません。必ず「Use linking code」を選択し、ATO(オーストラリア国内からは13 28 61)に電話してlinking codeを確認して手続きを進めてください(動画の2:00あたり)。

 

オーストラリア国外からタックス・リターンをする

すでに日本へ帰国した方や交換留学などで第3国に滞在中の方も、オーストラリア国外からタックス・リターンをすることができ、主に自分でオンラインで申告する or 登録税理士 (Tax Agent)に依頼する の2つの方法があります。

詳しくは、ブログ「オーストラリア国外からタックス・リターンをする」を参考にしてみてください。

 

オーストラリアの通訳サービス(公的機関)

ATOを含むオーストラリアの公的機関への問い合わせの際、英語に不安のある方は、通訳サービス(TIS National Services)を利用することができます。下記へ電話すると、日本語通訳者と問い合わせ機関の担当者との3者通話になります。日本語通訳者につないでもらうまでの流れは、ブログ「対応してくれたのはAIだった!」でご紹介しています。

オーストラリア国内から:13 14 50
オーストラリア国外から:+61 3 9268 8332

※この情報は2022年7月28日現在のものです。
こちらのページも参考にしてみてください。
※オーストラリア留学センターではタックス・リターンのお手伝いはしておりません。オンライン申請の仕方などについても回答致しかねます。ご不明な点は、ATOもしくは登録税理士へご相談ください。

天ヶ瀬 有美 / Yumi Amagase

日本在住。オーストラリアではゴールドコーストに6年、アデレードに1年半、オーストラリア中央部に半年滞在していました。

会計業務担当。日本の大学で経済学部を卒業後、金融関係の会社に9年間勤務。職場にも恵まれ楽しい日々を送りながらも、幼い頃から抱いていた海外で生活してみたいという夢を捨てることができず、2012年ワーキングホリデーで渡豪。「1年しかないなら、日本ではやらないこと・できないことをやろう」と大自然の中でのローカルの仕事を経験。翌年、就職活動で英語力を証明するためにIELTSを学びに語学学校へ。卒業時にIELTS6.5を取得。もっと上を目指したいとサザンクロス大学の会計学修士課程(Master of Professional Accounting)へ進学。2015年11月、同大学を卒業し、現職。

趣味は旅行、散歩、カフェ巡り。これまでに19カ国を訪問。オーストラリアでもたくさんの都市に出かけました。オーストラリアで出会ったコーヒーも大好きです。