ロシアンパンケーキデー@アデレード

こんにちは!アデレード支店、Yumiです。

10日ほど前になりますが、ロシアンパンケーキデーというイベントに行ってきました!

その前の週はMela Indiaというインド祭りでカレーを食べ、前日はアデレード・フリンジでCirque Africaという南アフリカのサーカスを観、そしてこの日はロシア。。。私はいったいどこにいるんだ!?という感じですが、気軽にいろいろな国の文化や雰囲気を体験できるのもアデレードの面白いところです♪

パンケーキデーですが、本来はキリスト教徒が復活祭(イースター)前40日間断食するので、「その前に戸棚のミルクや卵を消費してしまおう」もしくは「断食の前にミルクや卵を食べて滋養をつけておこう」などの意味(諸説あり)でパンケーキを食べることに由来します。復活祭47日前がパンケーキデーにあたり、今年は3月5日だったそうです。現在は断食する人は減っているようですが、パンケーキを食べる習慣は残っているとのこと。つまり、パンケーキデー自体はロシアのお祭りというわけではないですが、ロシア正教もキリスト教の一派なのでロシアにもパンケーキデーがあるようです。

さて、私が出掛けたロシアンパンケーキデーは、シティの西側Norwoodという小洒落たエリアにあるRussian Community Centreで行われたロシア文化を紹介するイベントです。ロシアのパンケーキはBlini(ブリヌイ)と言うそうです。パンケーキというよりはクレープに似ているらしいという情報を聞き、クレープ好きの私としては「絶対に行きたいっ!」とワクワクして会場へ。

古い教会のような石造りの建物の前では可愛らしいマトリョーシカがお出迎え。
建物の中に入ると。。。人人人。。。雰囲気は映画で見るヨーロッパの田舎町のチャリティイベントのような雰囲気。写真左奥に立っている人たちはみんなパンケーキを受け取るのに並んでいる人たちです。
私も会場入口近くでチケットを買って列に並びます。結構な時間待ちましたが、並んでいる間もステージの催し物が見えるので退屈はしませんでした。

ロシア民謡の合唱。1曲目は日本でもよく知られている「一週間」(チュラチュラチュラチュラチュラチュララ~♪ってやつです)。可愛らしい民族衣装に花柄のスプーンみたいな打楽器などを演奏しながら歌っていました。
次は違う民族衣装の長い裾をひらひらしながら踊る民舞。とっても艶やかでキレイでした♡
さて、お待ちかねのパンケーキは。。。やはりこのとおりクレープに近いです。甘い系、塩辛い系から具材を3つ選べたので、卵とジャム、サワークリームを選びました。他にもスモークサーモンやはちみつ、ヌテラ(チョコレート)などもありました。生地はもちもちしていてほんのり甘く美味しかったです♡
そういえば私、昨年10月にはアジアフェスティバル、11月にはフレンチフェスティバル、1月にはギリシャフェスティバルに行ってますね。。。今週日曜日にはアデレード・オーバルでアイルランドの聖パトリックデーのお祭りが行われます。また、来週土曜日には弊社オフィスからバスで20分ほどのKings Reserve, Torrensvilleでタイフェスティバルが開催されます。アデレードで世界旅行(?)はまだまだ続きそうです(*´艸`*)

天ヶ瀬 有美 / Yumi Amagase

オーストラリア、アデレード在住。会計業務担当。日本の大学で国際経済学を学んだ後、金融関係の会社に9年間勤務。趣味は旅行、散歩、カフェ巡り。働きながら短期留学を含め19カ国を訪問。職場にも恵まれ楽しい日々を送りながらも、幼い頃から抱いていた海外で生活してみたいという夢を捨てることができず、2012年オーストラリアへ。語学学校に通い、憧れていた大自然の中でのローカルの仕事を経験。翌年、このまま帰国することに物足りなさを感じ、再び語学学校へ。卒業時にIELTS6.5を取得し、サザンクロス大学の会計学修士課程(Master of Professional Accounting)へ進学。2015年11月、同大学を卒業し、現職。