セマフォアビーチに行ってきた!@アデレード

こんにちは!アデレード支店、Yumiです。

夏真っ盛りのアデレード。週末は涼を求めてビーチ巡りをしていますが、先週末に出掛けたのは弊社オフィスからだと電車と徒歩で45分、シティの北西にあるセマフォアビーチ(Semaphore Beach)。歩く距離が短い方がよい方にはバスがオススメ。1時間くらいで行けます。

比較的新しく整備された地域で、駅からビーチへ向かう道路も広くて開放感があります。ビーチ手前では女神像が佇むWorld War I Memorial Clockとこの地域のランドマークTime Ball Towerがお出迎え。
信号待ち中に足元をみるとかわいらしい手旗信号のアートが♡万が一のときには役に立つかな…?
甲高い叫び声が聞こえるなぁと思ったら、移動遊園地もありました!
この日は公園でGreek Festival(ギリシャ・フェスティバル)があっていたので、まずはそちらを覗いてみることに。ギリシャの文化を紹介するお祭りのようですが、内容は至ってシンプル。小学生くらいの子どもたちの作品が並ぶ会場近くのギリシャ人学校の展示エリア、ギリシャスイーツのエリア、ギリシャの踊りやギリシャのスイーツの早食い競争などのイベントのエリア、そしてギリシャフードのエリアの4つです。
私は漂う香ばしい匂いに惹かれて、匂いのする方へ歩きます。美味しい匂いの正体は、グリルされる大量のお肉!
早速列に並んで購入します。ここでは特にいろいろなお店が並んでいるというわけではなく、大量生産工場のようなテントがドーン。どの列に並んでも買えるものは一緒です(笑)メニューもそんなに種類がないので選ぶのも簡単。アデレードでも人気のあるYirosを買いました。Yirosは日本語的には「ユロス」と聞こえるのですが、実はYの発音が意外に難しい…(そういえば以前、ゴールドコースト支店の関川がYeast(イースト菌)のYの発音が難しいって言ってました)。

2度ほど聞き返されましたが、無事チキンのYirosをゲットしました(*´艸`*)
Yirosは今やオーストラリアの国民食とも言われるケバブに似ていますが、ギリシャ系移民も多い土地柄かアデレードではYirosと書かれている場合が多い気がします。ケバブとの大きな違いはソースらしいです。もちもちのパンの中に野菜がたっぷり&ヨーグルトの酸味のあるソースがさっぱりしていて暑い夏にピッタリ!

お腹がいっぱいになったので、ビーチを散歩します。ビーチへは桟橋の途中から降りることができます。が、この日は昼頃にはやや落ち着いたものの朝から25m/hの強風だったので、ビーチには降りず桟橋を散歩します。
他のビーチと比べると、ここは桟橋も広くて、眺めも開放的です。湾ではないので水平線もキレイに見えます。

ビーチもフェスティバルも夏ならではの楽しみですね♪

アデレードにも実は素敵なビーチがたくさんあります。シティからのアクセス抜群のグルネルグビーチや落ち着いた雰囲気のヘンリービーチ、私のお気に入りブライトンビーチについてはまたの別の機会にご紹介しますね。

天ヶ瀬 有美 / Yumi Amagase

オーストラリア、アデレード在住。会計業務担当。日本の大学で国際経済学を学んだ後、金融関係の会社に9年間勤務。趣味は旅行、散歩、カフェ巡り。働きながら短期留学を含め19カ国を訪問。職場にも恵まれ楽しい日々を送りながらも、幼い頃から抱いていた海外で生活してみたいという夢を捨てることができず、2012年オーストラリアへ。語学学校に通い、憧れていた大自然の中でのローカルの仕事を経験。翌年、このまま帰国することに物足りなさを感じ、再び語学学校へ。卒業時にIELTS6.5を取得し、サザンクロス大学の会計学修士課程(Master of Professional Accounting)へ進学。2015年11月、同大学を卒業し、現職。