一生の思い出♡ブリスベンで、コアラをだっこ

こんにちは!
現在東京支店杉原さんとオーストラリア各都市の語学学校やワクワクできるスポットを巡り、皆さんに有用な情報や私の感じた都市の魅力をお伝えできたらと思っています!

自然が豊かでキラキラの太陽の都市、サンシャインコースト&ヌーサを離れ‥

※前回のブログはこちら:憧れの街、ヌーサ♡
杉原さんブログ:ヘルシーな場所、サンシャインコースト♡

次に向かうはブリスベン!!

ブリスベンってこんなとこ♡
杉原さんブログ:よくばりシティ、ブリスベン♡


唐突ですが、みなさんオーストラリアの動物といったら何を想像しますか?

…みなさんが想像したもの当てましょうか。

はい、カンガルーコアラですね♡
よりオーストラリア通な方ならこれにウォンバットが加わるのでは?

わーい、当たりましたね?にやり。
私は約1年半メルボルンで生活していましたが、野生のコアラやカンガルーには会えませんでした。(そりゃ都会にはこないか。)
スタンソープという場所でファームジョブをしていた時には家の目の前の庭?…ではないな、広大な敷地に野生のカンガルーがやってきてぴょんぴょん飛び回っている姿をよく見かけました。

※こんなところでファームジョブ&生活していたんですよ〜
オーストラリアのファーム生活を振り返る-日々の生活編-

でも、野生のコアラはど田舎 自然豊かなスタンソープでさえ1度も見かけなくて、残念に思っていました。なのでオーストラリアでの2年間で今までコアラに出逢えたのはメルボルンZOOに行った時だけ。

コアラいませんね。笑

そんな私の悔しい気持ちを一気に晴らしてくれた場所が…


Lonepine Koala Sanctuary

ローンパイン・コアラサンクチュアリ

今回はブリスベンで勉強されている方、また訪れた方全員!に行って欲しい♪癒されスポットをご紹介したいと思います♡

公式HP:http://www.koala.net/?lang=ja



行き方 
-バス(約30分)
バス445号:Adelaide St のストップ40より。
バス430号:Queen Street Bus Station のストップB4より。
-車(約20分)(UBERなら市内から約$20)

まずは、チケット中に入ってみましょう〜!ちなみに園内リーフレットも$1で販売していますよ♪(買っちゃった)


この敷地内にはなんと!130頭ものコアラが生活しています。世界最大で最古のコアラ保護区としてギネス記録も持っているんですって!

杉「コアラ、どこかな」
と、言ったが瞬間ユーカリをむしゃむしゃされているコアラさんが間近に!
私「いたーーー!!しかも、近い!!」

あっちを見てもコアラ、こっちを見てもコアラ
ユーカリの隙間から、あらま、ここにもコアラ!!w
コアラだらけの園内に大興奮。ww


コアラの表情、もふもふ感、まるっとしたフォルムが目の前でよーく見ることができました。

杉「wwwこいつ見て!!」
私「ぶっwwwww」


どのコアラも、もう本当に動きがスロー。そして寝てる。ちょっと起きるとぼりぼりと背中をかく。あくびをする。
杉「ゆるい〜〜〜〜」
私「なんというゆるキャラなんだー!」

そんなコアラを堪能していると…
なんと!コアラをだっこできるエリアが!そして記念撮影ができるよう。
並んでいる人たちはチケットを持っている様子…


私「ねえねえ、チケットいくらだった?」
と列に並ぶ人に聞くと
「$20だったよ」

私「…私、買うわ!」
杉「うそ!じゃあ私も!!」

コアラに魅了されまくっていた私は即決。チケットはセンターのすぐ隣りにあるジェネラルストアで買えるとのこと、私と杉原さんは、はやる気持ちを抑えきれず急ぎ足で向かいました。


コアラの抱っこ+撮影にはオプションがあります。
公式HPより

杉「写真1枚、お願いします」
私「うーん…えっと、写真とポストカードください」
杉「ポストカード作るのww誰に送るのwww」
私もわからなかったけれど、つい、そのオプションにしてしまいました。

ということで、撮影会スタート!
コアラをだっこする手のポジションを教えてもらい、いざ、コアラをだっこ。
なんだか授与式みたいで笑ってしまいますね。


そしてこんな写真が撮れました♡(ポストカードも‥w)
大満足。

コアラを抱っこができかどうかは州によって規定が違うので、オーストラリアのどこでも抱っこできるわけではないのです。

ニューサウスウェールズ州(シドニー) → NG
ビクトリア州(メルボルン) → NG
オーストラリア首都特別区(キャンベラ) → NG
タスマニア州(ホバート) → NG
南オーストラリア州(アデレード) →OK
西オーストラリア州(パース) →OK
ノーザンテリトリー/北部準州(ダーウィン) → NG
クイーンズランド州(ブリスベン)→OK
参考:Expedia

そしてここは‥コアラだけではないんです。

こちら!カンガルーリザーブ。


ひろーい敷地に何頭カンガルーが居るんでしょうか。
数え切れないほどのカンガルーがあちらこちらでのんびり気ままに、思い思いに過ごしています。

寝そべってるやつなんて、なんか人間に見えてきて笑えます。
カンガルーのえさ$2を即決で買っていた私。あげてみました。


きゃーーーー!近いw
全然逃げない。むしろ寄ってくる!!

楽しすぎていっぱい記念撮影してしまいました。


カンガルーは有袋類。袋があって赤ちゃんが入っている‥
そんな「イメージどおり」のカンガルーの親子にも出逢えました。胸キュン♡


ウォンバット(今回はぐーぐーはしっこで寝ていて写真が撮れませんでした。)も、カモノハシ(動きが早すぎてもはやその姿を捉えるのは不可能w)も、タスマニアンデビル(すっごく獰猛。肉を引きちぎるように食べていた姿には少々ドン引きw)ワライカワセミ(Kookaburra)やヒクイドリ(Cassowary)のような鳥たち…数あるオーストラリアンアニマルを大満喫できたのでした。


是非是非行って、癒やされてきてくださいね♡
一生の思い出になること間違いありません♪

街で発見した素敵なものはこちらから♪
Follow Us! :)
Instagram: aus_ryugaku

小林 芽衣 / Kobayashi Mei

「自分のやりたいことを後悔しないようにやろう。」

友人とアテネに飛ぶということだけを決め、世界横断の旅にバックパックを背負い飛び出し、そのままオーストラリア、メルボルンへワーキングホリデーへ。

人の温かさ、自然にときめき、メルボルンでは大好きなアートとコーヒーに囲まれ、毎日何をしようかとワクワクしながら過ごしていました。

語学学校にてケンブリッジ検定試験にチャレンジ、セカンドビザ取得のため多国籍な仲間たちと一緒にファームジョブ。その後オーストラリアを1周し、各都市の魅力を体感しました。


現在はブリスベンオフィスにてみなさんのサポートをしています。

昨年はTAFE Queenslandにてずっと勉強したかったビジュアルアートを学びました。


世界中から集まる人たちと、日本とはまったく違う環境での生活。きっと自分の”意外な面”を発見できます。きっとその自分は”前より成長した自分”。

そんな自分を見てみませんか?

みなさんにも素敵な経験をしていただけるよう、ワーホリ・留学実体験を踏まえ有用な情報をお伝えしていきます!このカウンセラーに質問する