オーストラリアで学んだこと。

こんにちは、アデレード支店の板垣です。


私がオーストラリアに留学しようと思った理由は、英語はただのコミュニケーションツールのひとつであって、専門知識ではないと思ったからです。それなら英語で自分の興味がある分野を学んだほうが、英語+専門知識も学べると思い、高校卒業後、オーストラリアへ留学することを決めました。

もともと将来は海外で働きたい、もしくは英語を使って日本で働きたいと思っていたので、留学は私にとってベストな選択だったと思います。あと、若いうちに海外での生活もしてみたかったです(笑)


オーストラリアに来た時の目標は1つ、英語とビジネスをしっかり学び、南オーストラリア大学を卒業する!(2つか...)。



留学生活は楽しいことも、もちろんたくさんありましたが、辛いことも多かったです(T T)

留学を振り返ってみた第1弾:語学学校編
留学を振り返ってみた第2弾:専門学校編
留学を振り返ってみた第3弾:大学編



でも、そんなハードな留学生活を、オーストラリアという素敵な国で送る中で、本来の留学目的の英語とビジネス以外にも、学んだこと・培ったことはたくさんありました。


1. 心の余裕を持つ


オーストラリアで生活していると、みなさんの心の余裕が感じられます。

例えば、お店で店員さんが食べ物や飲み物が運んできたら、お客さんたちは毎回「ありがとう。」と笑顔で伝えます。

お年寄りや妊婦さん、もしくは重そうな荷物を持っている人がバスに乗ってきたら、席譲り合い合戦が始まるほど、みなさん自分の席を立ちます。

これって、心に余裕がないとできないことなんじゃないかなって思います。


大きな国で、暖かい気候の中で育つから、おおらかな性格になるのかなー?なんて思いましたが、この心に余裕を持つことは、どの国で生活しても大切だなと留学生活を通して学びました。

以前日本へ一時帰国した際に、東京駅行きの電車がすごい混んでいたので、乗り込んできたお年寄りの方に席を譲ったら、それを見ていた近くのおじちゃんにべた褒めされたことがあります。「オーストラリアでは、当たり前のことですよ。」と伝えたら、おじちゃんがとても驚いていたので、そのことに私は驚きました。


心に余裕を持ちながら、生活していきたいですね!



2. みんな違って、みんないい


オーストラリアは移民の国なので、様々な文化が共存しています。
よって、みなさん英語のアクセント、服装、食べ物からもちろん考え方まで様々です。

文化が違うことは、留学前から予想はしていましたが、正直ここまで文化・考え方が違うとは思っていませんでした。

例えば、アルバイト先でお客さんがたくさん入ってきて忙しくなって、日本人だったら「あ、今お客さんがたくさん来ていて忙しい。もっと急がなきゃ!」と思うのが普通だと思います。

以前オーストラリアの方と同じシフトになった時、「なんで急がなきゃいけないの?」と言われて驚愕したことがあります(笑)

「そんなにのんびりテーブル拭いてる場合じゃないんだよ!」と言いたくなりましたが、みんなが同じことを考えてると思ってはいけない。自分が思いもしない考えを持っている方もいるんだ、と学んだ瞬間でした。


これに慣れると、みんな違ってみんないい、という考えに変わってきます。

みんな違っていいので、逆に自分だけ違う意見を持っている時も、怖がらずに発言できるようになります。



3. たくさんの方との出会い


日本で高校生をしていた時は、趣味が同じで割と同じ考えを持った友達としか、仲良くしていなかった気がします。

でも、オーストラリアに来てから出会う方たちは、そんな同じ考えを持った方たちばかりではありませんでした。

同じ日本人同士だったとしても、日本の同じ学校の同じクラスだったら、正直この人と仲良くなっていたかというとなっていないと思う、みたいな人とたくさん出会います(笑)

そして年齢も様々な方がいるので、私は18歳の年下の友人もいれば、35歳などの年上の友人もいます。

このような方たちと出会って、いろいろなお話をすると、「あ〜私だったら絶対にこうは思いつかないな」という意見が飛び交います。それが面白いですし、とても勉強にもなります。

この出会いはオーストラリアに留学してなかったら、絶対になかった出会いだったと思います。




4. 違った楽しさの発見


オーストラリアで留学生活をしていると、以前楽しんでいたこととは違うことを楽しんでいる自分がいます。楽しまないとやってられないというのもありますが...(笑)

例えば、大学での大量の課題も、頑張って期限以内に終わらせた時の達成感は最高ですし、それを味わうのが楽しいです。

前だったらスッと出てこなかった単語を、会話の中で自然に使えた時の感覚が、最高に嬉しくて楽しいです。

ひとりでのんびり、どこかへお散歩に出かけるのが楽しいです。

国籍が違う・考えが違う友人と、静かなカフェでいつまでもお話するのが楽しいです。


オーストラリアだからこそ、楽しめたこともあるとは思いますが、自分の中の【楽しいこと】が留学を通して変わったような気がします。


4月からは日本で新しい生活をスタートさせます!
オーストラリア・アデレードで学んだことを忘れずに、自分らしく元気に頑張っていきます(^o^)

板垣 詩織 / Shiori Itagaki

新潟県村上市出身。 高校2年次、オーストラリアへ2週間のホームステイに行くプログラムで初の海外を経験。 様々な国籍の方々と触れ合ったり、多様な文化の中で生活する厳しさや楽しさから、将来は海外で活躍する人になる!という漠然な夢だけ抱いて帰国。その後、更に英語の勉強に力を入れながらも、日本の大学の言語学部を目指しながら受験勉強に励んでいました。しかし、英語はただのコミュニケーション手段というだけであり、専門知識ではない!と思ったことから思い切って進路を変更。アデレードにある、南オーストラリア大学入学を目指すことになりました。 語学学校と専門学校を経て、南オーストラリア大学へ入学。2017年8月に、無事に南オーストラリア大学を卒業しました。

2017年1月からおよそ1年間、オーストラリア留学センター、アデレード支店にてインターンシップとして勤務。ブログを通してアデレードの良さを発信したり、夢を持ってアデレードへ留学にいらっしゃるお客様と出会い多少ながらアドバイスをさせていただいたりと、とても楽しみながら勤務させていただきました! 現在はインターンを終え、日本にて就職しています。このカウンセラーに質問する