留学を振り返ってみた第3弾【大学編】

こんにちは。アデレード支店の板垣です。今回は留学を振り返ってみたシリーズ最終回、【大学編】をお送りします。

前回のブログはこちら...「留学を振り返ってみた第2弾:ビジネス専門学校編

私は語学学校とビジネス専門学校を経て、南オーストラリア大学のビジネス学部2年次に編入しました。

南オーストラリア大学に進学するという目標を達成することが出来たので、とっても嬉しかったです。これからは大学を卒業するという目標に向けて一生懸命頑張ろう!というやる気で当時はいっぱいでした。

私は西キャンパスで授業があったので、ほとんどの時間を西キャンパスで過ごしました。



大学の時間割は自分が好きな時間帯を選べるので、語学学校や専門学校の時みたいに時間に縛られなくていい♪と思っていたのですが、全然そんなことなかったです(笑)

こちらが前々学期の時間割です。全然時間に縛られてないじゃん!余裕ありまくりじゃん!て思うかもしれませんが、授業がない時間もほとんど大学にいました(-_-)


理由は2つです。

1.課題の量が専門学校時代を超える量だった

前回の記事で私がどれだけ課題の量に苦しんだかはお伝えしました。そのおかげで2,500文字のエッセイなら普通に書ける力がつきましたともお伝えしました。このぐらいの文字数のエッセイをこなしてきたので、安心しきって大学に行ったのですが...

大学で出された課題、会社のマーケティングプラン3年分、3,500〜4,000文字(^o^) ちなみにですが、英語の文字数の数え方は"a"で1文字ではないですよ〜。"apple"で1文字ですよ〜。

しかもこの量の課題が他の3つの教科から出される+毎週ある小テストの勉強もしないといけませんでした。家に帰ってられない...

語学学校<専門学校<大学 と徐々に課題の量が増えていったので、安心なんてしている場合ではなかったんですね、当時の私。

アルバイトもしていたので、【昼間は大学→夕方〜夜22時バイト→23時〜朝は図書館】といった感じの生活リズムでした。

忙しいならアルバイト辞めればいいじゃんと思うかもしれませんが、国籍が違う人方たちと一緒に働くのが楽しかったし、無料でご飯も食べられたので料理をしなくて済みました(笑)

アルバイトは勉強の合間のいい息抜きになっていたんじゃないかなと思います(真面目に働いてましたよ!) 写真はアルバイト先の方たちと♪

マレーシア、台湾、中国、韓国そしてベトナムなどのアジア圏から、イタリアなどのヨーロッパ圏、そしてオーストラリアと国際色豊かなアルバイト先でした。




2.グループミーティングやプレゼンテーションが多い

ライティング(エッセイやレポート)の課題も多かったですが、グループミーティングやプレゼンテーションも専門学校と比べるとかなり増えました。

グループミーティングでは、車の会社をシュミレーションで経営し、その年の売上やマーケティング費用のなどを全て研究、次の年はどうするかなどを話し合います。それからパワーポイントを作成し、プレゼンの練習などなど...


やるべきことが多すぎて目が回りそうでしたが、とても実践的な授業内容だったので忙しくても楽しかったです。実際にマーケティング部門で働いている人たちが使うようなコンジョイント分析、マーケットテストそしてプライステストなどを授業で毎回使用しました。


マーケティングがうまくいって、次の年の売上が伸びた時はグループメンバー全員でガッツポーズでした。

個人のプレゼンもたくさんありました。語学学校時代には前夜に丸暗記しないとできなかったプレゼンテーションが、今ではキーワードが書かれたカードをチラッと見れば出来るようになるまで成長しました(^o^)個人プレゼンでHD(いちばん良い評価)をもらった時はとっても嬉しかったな〜。

他にもパスタの30秒ラジオ広告を作成する課題などもあって、南オーストラリア大学のビジネス学部は実践的な授業がとても評価されていますが、それも納得の授業ばかりでした。



留学期間は楽しいことももちろんたくさんありますが、辛いことを乗り越えることで、自分の成長をとても感じることの出来る期間だと思います。また、その辛い経験の中にも幸せを見つけられる期間でもあります。

高校生や留学し始めの頃は、友達と集まってワイワイするのが楽しくて幸せだと思っていました。

ですが留学をしているにつれ勉強量も増え、いつしかできないと思っていたことを自分の力で成し遂げた時の達成感が幸せと感じるようになっていました。


この課題の量、どう頑張っても無理でしょ(ー ー;)って思っても、しっかりと時間内に終わらせた時の達成感、たまりませんよ!

課題に追われて忙しかった分、課題を提出し余裕がある週末はおもいっきりのんび〜りします♪

友人が働いているカフェで、友人とブランチをのんびり食べたり。アデレードには素敵なカフェがたくさんあります。



山や海に行って自然に癒されたり。アデレードは綺麗な自然がいっぱいです!野生のコアラやカンガルーにも会えます♡




アデレードでの留学は忙しい中にもスローライフがしっかりあって、とっても幸せな留学でした。

日本の大学に行こうか、それともオーストラリアの大学に行こうか...当時は学校の先生に反対もされた留学でしたが、やっぱり思いきって自分がやりたい!と思う方を選んで大正解でした。

高校生時代から目標としてかがけてきた南オーストラリア大学を卒業するを達成できて、私は今とっても幸せです!この目標を達成する過程で、ちょっとのことではへこたれなくなったので、自分に自信もついたと思います。

将来インターナショナルな環境で働けるように、これからも様々なことに挑戦し、楽しみながら成長していきたいです。

板垣 詩織 / Shiori Itagaki

新潟県村上市出身。 高校2年次、オーストラリアへ2週間のホームステイに行くプログラムで初の海外を経験。 様々な国籍の方々と触れ合ったり、多様な文化の中で生活する厳しさや楽しさから、将来は海外で活躍する人になる!という漠然な夢だけ抱いて帰国。その後、更に英語の勉強に力を入れながらも、日本の大学の言語学部を目指しながら受験勉強に励んでいました。しかし、英語はただのコミュニケーション手段というだけであり、専門知識ではない!と思ったことから思い切って進路を変更。アデレードにある、南オーストラリア大学入学を目指すことになりました。 語学学校と専門学校を経て、南オーストラリア大学へ入学。2017年8月に、無事に南オーストラリア大学を卒業しました。

2017年1月からおよそ1年間、オーストラリア留学センター、アデレード支店にてインターンシップとして勤務。ブログを通してアデレードの良さを発信したり、夢を持ってアデレードへ留学にいらっしゃるお客様と出会い多少ながらアドバイスをさせていただいたりと、とても楽しみながら勤務させていただきました! 現在はインターンを終え、日本にて就職しています。このカウンセラーに質問する