キングスパークの隠れた絶景スポット!

私がパースに移住したいと思ったきっかけになった程、大好きな場所の1つが、今日ご紹介をするキングスパークです!キングスパークに初めて行った時は、あまりの広さに驚いた事を今でも覚えています。


その広さは、約400.6ヘクタール!というとあまり想像ができませんが、Wikipediaによると、ニューヨークのセントラルパークよりも広いそうです。実際、車でも一周するのに結構かかります。何回行っても奥までたどり着けません。


そんな広大な敷地のキングスパークですが、パースシティからすごく遠い所にあるわけではありません。パースシティを見下ろすように、シティの隣のマウントエリザの丘の上にあります。なので、キングスパークからは素晴らしい景色、夜景を見渡す事ができます。


ただ、ほとんど方は入り口近くの正面の絶景スポットしか見ていない方が多いですが、キングスパークにはもっと奥に行くと、素敵な絶景ポイントがあるんです。

目印は、このBoab Tree(オーストラリアバオバブの木)です。この大きなバオバブの木が見えたら、まっすぐ奥へ行くと、"Lotterywest Federation Walkway"というガラスでできた橋が見えてきます。こちらがもう一つの絶景ポイントです!


↓この根っこが逆さまになって、地面に突き刺さっているような木が見えたら、まっすぐ進みます

このガラスの橋、写真ではわかりにくいですが、意外と高さがあります。長さが620m、ユーカリの木々の枝を真横に見ながら、長いキャノピーウォークを進みます。


橋がしっかりしているのが幸いですが、下をみると本気で足がちょっとすくみました。高所恐怖症の方は要注意です。


でも、橋を渡りながら見る景色がまた素敵なんです。南のアップルクロスから、クレアモント方面まで見渡せます。橋を往復して戻ってくるまでに、かなりいい運動になりました笑


それにこの橋を歩いていると、こんなにユーカリって香りがあるんだ!というくらい、ユーカリの香りがフワーっと香ってきます。


大きく大きく深呼吸をしながら、立ち止まって鳥の声を聞いて、目の前のユーカリの葉に触ってみました。それだけで、体に溜めていた何か悪いものが、すーっと消えていく感覚があって、すごく癒されます。


キングスパーク内には、おしゃれなスーベニアショップもあって、そこで可愛いカードを見つけました!シティ内では見かけたことのない、クォッカのポストカード♬

※ロットネスト島のクォッカ


キングスパークへまだ来たことのない方、何回も行ってるけどまだまだ見たりない方は、ぜひキングスパークへお越しください。これから9月以降の春の時期は、キングスパークでお花が咲き乱れるワイルドフラワーのシーズンです。

※キングスパークのワイルドフラワーフェスティバル

アクセス:弊社オーストラリア留学センターパースオフィスのビルを出て、目の前のバス停から935番に乗ると、すぐにキングスパークに到着します。バス料金も無料です!

辻井 麻衣 / Mai Tsujii

オーストラリア、パース在住。外国語大学を卒業後、さらに生きた英語を学ぶため、アメリカでの長期留学を決意。留学先では、机上で学ぶ英語との違い、異文化、価値観の違いなど、毎日が驚きの連続で、自身の人生観が変わりました。帰国後、大手旅行会社、英会話学校に就職。2014年、結婚を機にパースに移住し、現在に至ります。思い返せば、人生の半分以上は語学に関わってきました。そんな自分の経験を、少しでも役立てたいという思いから、現在パース支店で留学カウンセラーとして、多くの留学生のサポートを行っています。このカウンセラーに質問する