アデレードに Zero Waste を掲げるカフェが!

アデレードに「あることで注目のカフェ」がある!と言うことで足を運んでみました。

それは「Zero Waste(廃棄物ゼロ)」を掲げるカフェで 「Ikigai Coffee shop and Conscious Eatery」。
IKIGAI?? そう日本語の「生き甲斐」です。 カフェではIkigaiの意味をこう説明しています。
Ikigai (生き甲斐) is a Japanese concept which roughly means "a reason for being". It can be thought of as a formula for happiness and meaning.

弊社スタッフのブログもご参考に!
WABISABI、IKIGAI‥説明できますか?


店内のテーブルや椅子も廃材を利用したであろう家具で明るい雰囲気ですが、余計な装飾はありません。

世界中で「Zero Waste」がコンセプトのカフェやレストランが増えてきていると言います。
ただ、実態は食品ロスだけに焦点を当てているところも多く、テイクアウェイに使い捨てプラスチック容器が使われたり、まだまだ本当の意味でのZero Wasteを実施してるカフェは少ないのだとか。 Ikigai Coffee shop では、コーヒーの持ち帰りにはマイカップ、フードについても自前のコンテナを持ってくることを推奨しています。
(店内ではコンテナや持ち帰り用カップも販売しています)

またカフェのコンセプトに共感してくれる業者のみと取引しているとのこと。
必然的に、ローカルの小規模でも優良な生産者と取引することになり、ゴミを出さないコンセプト(サステナブル)が地産地消を促進し、消費者もそんなお店を選ぶことで応援することができるんだな、と。

アデレードは2021年初頭より、使い捨てプラスティック製品の使用が禁止(販売も)されます。
使い捨てプラスティック製品の禁止について

自分自身を振り返ると、日常のなかで 「ゴミを捨てること」 があまりにも当たり前になっている気がします。
家には持ち帰り容器があるのに、テイクアウェイに使い捨てのプラスティック容器が使われていることに何の疑問もなかった。その支払った料金にはプラ容器分のお金も入っているはず。そしてそれがいつか必ずゴミになる。つまりゴミにお金を払っている。それが生活の習慣(当たり前)になっていると、無駄だということに気付かない。
美味しいコーヒーが飲みたくてカフェに足を運ぶのですが、コーヒーの味がよければ良いってのはもう時代が違う気がしますし、今後は、Zero Waste がコンセプトのカフェが珍しいものではなく、スタンダードになる日は近いんだと思います。

HP:https://www.ikigaicoffeeshop.com/
Instagram:https://www.instagram.com/ikigaicoffeeshop_lightsview/

齋藤 新 / Arata Saito

オーストラリア、アデレード在住。豪政府公認留学カウンセラーPIER認定資格保持(QEAC登録番号:I009)。1999年、経済連を退社し、ニュージーランドに留学→2000年、ワーキングホリデーでオーストラリアへ。現地の旅行会社勤務などを経て、2002年より現職。クイーンズランド州、ニューサウスウェルズ州、南オーストラリア州の主要都市を移り住み、現在に至る。オーストラリア留学センターウェブサイトの管理人、留学カウンセリング、アデレード支店でのサポートと様々な形で留学生と接する日々。このカウンセラーに質問する