現地の携帯番号を持ちましょう

東京支店の麻結です。
みなさん、年末年始はいかがでしたか?
私は日本の厳しい寒さを痛感しつつ、オーストラリアの夏の年越しを懐かしく思いながら過ごしていました。

2018年がスタートし、4月からご留学を控えていらっしゃる方も多いのですが、オーストラリアでの携帯電話について、よくいただくご質問の一つをご紹介します。


「日本のスマホでネット接続ができれば、現地の携帯番号がなくても大丈夫ですか?」


結論から言うと、現地で通話に使える携帯電話がないと困ります。

日本でスマートフォンをお持ちであれば、オーストラリアへ持っていきましょう。現地でフリーwifiも含め、ネット接続ができればLINEやfacebookなども利用ができます。
メッセージを送るだけではなく、LINEコールで日本のご家族と話すということもできますね。

ただ、オーストラリアでは他国からの留学生やオーストラリア人でLINEを使っている人はほとんどいません。


オーストラリアではまだまだSMS(ショートメッセージ)、テキストメッセージが一般的。

留学・ワーキングホリデー生活が進むにつれて、避けて通れないアルバイト探しやシェア探しでは現地で通話可能な電話番号はやはり必要になります。
通話はもちろん、SMS、テキストメッセージのやりとりもできるようになります。

例えば、シェア探しの物件内覧の当日、オーナーさん側が急遽、都合が悪くなってしまって別の日に変更したいから急ぎ連絡をしたい!というような時。

すぐに連絡できる電話番号がなかったため、連絡が取れないまま。
留学生はシェアハウス先まで足を運んだのにすっぽかし状態、ということにもなりかねません。

アルバイト探しでお店のマネージャーから面接の日時について、携帯、テキストメッセージでくるという事も。

タイムリーにやり取りが出来ないのはやはり不便です。。。

現地支店での生活オリエンテーションで、現地で使う携帯やポケットwifiのレンタルショップをご案内していますし、またはプリペイド携帯を購入することもできます。
プリペイド携帯は、オーストラリアの携帯ショップと直接英語でのやり取りとなるので、以下のような日系のレンタル会社で借りるほうが最初は安心かもしれませんね。

ニッテル(シドニー、ブリスベン、メルボルンにあります)
ナビテル(シドニー、ケアンズにあります)


オーストラリア出発へ向けて、携帯やポケットwifiをわざわざ日本で購入しなくても大丈夫です。
弊社ウェブサイト、そしてスタッフブログでも携帯について取り上げていますので、こちらもぜひ参考にしてください。
生活必需品 – 携帯電話・スマートフォン
オーストラリアでプリペイド携帯電話を買ってみた
オーストラリアの携帯電話の契約 完全攻略ガイド

大越 麻結 / Mayu Okoshi

東京在住。豪政府公認留学カウンセラーPIER認定資格保持(QEAC登録番号:G175)。高校2年の時に、ノースシドニーのカソリック系女子校へ2週間の短期留学。当時、Appleという単語すら聞き取れなかった私を温かく迎えてくれたホストファミリーとの出会いを通じ、またオーストラリアへ来る事を心に決める。その後、アパレル業界勤務、実家家業を経て、2002年ワーキングホリデービザで渡豪。1年の滞在が終わりに近づく頃、何かを得てから帰国したいと考え、専門学校へ進学。Diploma of Public Relationsを修了する。留学業界との出会いはワーホリ時代に遡る。その後、英語学校スタッフとしての勤務、オーストラリア留学センターシドニー支店で12年の勤務を経て東京支店へ異動。自身のオーストラリア現地での経験をもとにした留学カウンセリングを行う日々。このカウンセラーに質問する