図書館に行こう!

最近の私のお気に入りスポットは図書館。

天気に左右されずに落ち着けるスポット、そして意外にも癒されます(笑)

パースの図書館というと、留学生もよく利用するシティの大きな図書館2つ、State LibraryとPerth City Libraryが有名ですが、今日はパースから電車で気軽にいける、その地域に住んでいる人が利用するLoftus Recreation Centreの図書館をご紹介しましょう。

【ロケーション】
Joondalup線でパースから3分、Leederville駅で下車。そこから徒歩10分。


【Loftus Recreation Centre】
リーダビル地区にあるロフタス・レクレーション・センターは、ジム、バスケットボールコート、バレーボールコートなどがあるスポーツ施設。
このスポーツ施設の中に図書館があります。
入り口の横には図書館らしいこんなアートが!至る所にアートのあるパースらしいです。(以前のブログ、街を彩る彫刻たちもあわせてどうぞ!)

この図書館は地元感満載。
ジム帰りに図書館に寄っている方、明らかに大学や高校のリサーチで利用していると思われる方、ゆったりと新聞を読んでいる方など、あまり混んでいないし、自分のしたいことが自由に気兼ねなくできる雰囲気があります。

私のお気に入りはこの椅子。見つけた本をここで少し読んで、面白そうだと思ったら借ります。が、そのまま熱中して1時間ぐらい読み続けてしまうことも。

外国語の本も置いてあり、中国語、フランス語、イタリア語など、様々な国の本があります。
少しですが日本語の本もありますよ。

この窓際には、大学生と思われる学生さんが一人で勉強しているのをよく見かけます。

そんな時は大学の勉強大変そうだなと思いながら、不審者にならないよう心の中で密かに応援しています。

本を借りる時は、カウンターで人の手を介さなくても、ここで借りられます。1回の貸し出し期間は2週間。それ以上借りたい場合は、本を持ってきて再度貸し出し手続きが必要です。

ローカルの図書館のいいところは、本を読む、借りるだけでなく、そこで落ち着いて勉強もでき、考え事もできて、静かな時間の中で行われる地元の人々の何気ないやり取りを垣間見られることでしょうか。

シティにある図書館に比べ利用者が少なく静かなローカルの図書館、自分のペースで勉強したい方にはおすすめです!

早川 真由 / Mayu Hayakawa

オーストラリア、パース在住。豪政府公認留学カウンセラーPIER認定資格保持(QEAC登録番号:I005)。日本でごくごく普通の高校、大学生活を送り、ワーキングホリデー資金を貯めるために就職。3年弱で資金も貯まり、大学時代からの計画だったワーキングホリデーを実行。「大きくて1年いても飽きないだろう」という理由だけでオーストラリアを選択(コアラにもカンガルーにもイルカにも全く興味なし)。ところが、到着後1ヶ月で、今の夫とホームステイ先のガレージで出会う。それ以降ずっとパース在住。現地支店より留学カウンセリングとサポートを行う。このカウンセラーに質問する