デリバリーを楽しむ

新型コロナウィルスの影響で今週にメルボルンもロックダウンが決まり、落ち着かない日々を過ごされているかと思います。

そんな私も既に家にこもってから2日間(毎日犬の散歩には行っているので、全く外出していない訳ではないのですが、、)、既に飽きてきています。

ただこんな時だからこそ不必要な外出は控えて、今の時代は自宅でデジタル書籍も読めますし、Netflix (ネットフリックス) などで映画やドラマを観るなど家で楽しめる方法を見つけたいですよね!

今回はお勧めの書籍や映画の話ではないのですが、オンラインで食事のデリバリーが出来るサイトをご紹介したいと思います。

Menulog

メニューログはオーストラリアで一番広範囲に対応しているデリバリー会社で、オーストラリアの90%のエリアをカバーしているそうです。

ファーム中の方でもオーダーが出来そうな会社です。また初めてのオーダーの場合は25%割引がもらえるのも嬉しいですよね!

Deliveroo

私の見解ですが、市街地に住んでいるのであれば一番情報量が多く、且つ50%割引や、無料デリバリーのお店、$10程でオーダーが出来る安価なお店など検索しやすいサイトです。

また携帯のアプリから配達員さんの位置情報など、いつ頃届くのかもリアルタイムで把握する事が出来るので安心です。

Uber Eats

移動手段として既に多くの方が利用しているウーバー、同じアプリからレストランなどのオーダーや配達員さんの位置情報の確認も可能です。

酒屋さんのLiquorlandなどからもお酒のデリバリーが出来ます!!

thefork

もともとはレストランの予約サイトなのですが、現在の状況からデリバリー/ピックアップが出来るようになりました。

気になるレストランを見つけて、直接レストランにオーダー&支払い方法の確認をする形となるので他のサイトとは少し変わってきます。

ただこのサイトの良いところはDeliverooと同じ、割引のレストランが沢山ある!という事です。直接連絡をする手間はありますが、安く美味しいローカルのお店を探している場合は良いのではないかと思います。

ブリスベン支店の林がブログに書いたように、自粛モードが続く中で頑張っているレストランなど沢山あります。

こんな時こそローカルコミュニテイ−を大切にしつつ、たまには気分転換も兼ねて、お気に入りのレストランの食事を楽しんでみてください♪

私は郊外に住んでいるという事もあり、もっぱらUber Eats派だったのですが、メニューログも使いこなしていきたいと思います。(市街地住みであれば、Deliverooやtheforksが良いかもしれません)

長谷川 由華 / Yuka Hasegawa

オーストラリア、メルボルン在住。大学時代、自分より成績や英語が堪能な人が沢山いる中で、自分が就職競争の波に乗れるのか自信が持てず悩む。英語試験の結果で勝てないのであれば「使える英語/コミュニケーション能力を身に付ける」ことが重要という考えに至り、就職活動にいそしむ友人たちをよそ目に、留学計画を開始。かねてより夢であったツーリズム(旅行学)を学ぶため、大学卒業と同時にケアンズへ。日中は専門学校、朝&夜は現地旅行代理店でのアルバイトに精を出し、睡眠不足になりながらも2年後に無事卒業する。その後、アルバイト先の代理店でビジネスサポートを受け、2008年に永住権を取得。現在はメルボルン支店より留学カウンセリングと現地サポートを行う。このカウンセラーに質問する