郵便局から不在票が届いたら?

時々生徒さんから「不在票が届いたんですけど、どうしたらよいですか?」「何を持って行ったらよいですか?」といったご相談を受けることがあります。


日本だと再配達のサービスがありますが、オーストラリアでは不在票が入っていたら郵便局に取りに行く必要があります。

ポストに入らない大きさの荷物だと、ドアもノックせずに不在票だけポストに入れていかれる場合もあるので、不在票を持って郵便局へ行かなければいけない状況は日本よりかなり多いかもしれませんね。

先日丁度、弊社宛の不在票が届いたので、今回は不在票が届いた時の引き取り方をご紹介しますね。

不在票はこのようなものが届きます。


5日以内に取りに来るよう記載があるので早めに行ったほうがよさそうです。

<持ち物>
◆不在票
◆身分証明のID(パスポートやオーストラリアの運転免許証等)
※身分証明に関する詳細は、オーストラリア郵便公式ウェブサイトをご確認ください
◆大きな荷物なら持ち帰りやすいようにキャスター等


引取先は、不在票の"Collect from"に記載されている郵便局です。


郵便局へ行ったら、不在票を見せて荷物を取りに来たと伝えます。

「小包を引き取りに来ました」と言いたい時は…
“Hi, I’ve come to collect my parcel.”
“Hi, I’m here to pick up my parcel.” 
小包 = a parcel, a package


その後、身分証などの確認が済んだら、晴れて荷物を受け取ることができますよ。

対応してくださったスタッフさんもとてもフレンドリーで、娘さんが日本旅行へ行った話をしてくださいました。流れ作業ではなく、ちょっとした個人的な会話が楽しめるのもオーストラリア流カスタマーサービスの良いところ!丁寧さや正確さでは日本のサービスに敵いませんが(あくまで個人の意見です)、オーストラリアの接客は人と人との温かい繋がりを感じさせてくれるのが良いなーと思います。


郵便関連の情報は下記の弊社ブログもぜひ参考になさってください。
▼郵便が届かない時の対処法『郵便が届かない!そんな時は・・・』
▼オーストラリアから日本に荷物を送りたい時『オーストラリアから日本へ荷物を送ってみた。』

皆さんもポストに不在票が入っていたら、慌てずに、上記の持ち物を忘れずに持って郵便局へ引き取りに行ってくださいね!

安藤 桃 / Ando Momo

自分の可能性を広げるために海外で生きた英語を学びたい!という思いで2011年に語学留学を決意しました。2年間の留学生活ではケンブリッジ英検の取得をはじめ、世界各国に大切な友ができたりと人生の糧となる貴重な経験ができました。留学は新しい価値観を持つきっかけになったり、経験を積むいい機会になります。メルボルンは多国籍文化、アート、スタイリッシュなカフェなど魅力がいっぱい詰まった街なので皆さんの挑戦の場として本当におすすめです。皆さんが色々な事にチャレンジし素敵な日々を過ごせるように、メルボルン支店より精一杯サポートさせていただければと思っています。

※メルボルン支店アシスタントとして2019年2月から7月まで勤務(ブログはその当時の内容となっています)このカウンセラーに質問する