オーストラリアデイのパレードに参加してみた!

こんにちは!アデレード支店、Yumiです。

1月26日はオーストラリアデイという祝日でした。現在は「すべてのオーストラリア人のための祝日」とされていますが、その成り立ちは「建国記念日」すなわち先住民アボリジニにとっては「侵略された日」だったことから「この日」については今でも様々な議論があります。

今年は大きな災害に見舞われていることもあり、オーストラリアの広大な自然に感謝したり、オーストラリア固有の動物たちに思いを馳せたり、様々な思いで迎える日になったことかと思います。

さて、アデレードでは毎年1月26日にはメインストリートであるKing William Streetを完全通行止めにしてパレードが行われ、そのゴール地点のElder Parkでは無料コンサートと花火で盛大にお祝いします。

前述のように「この日」については様々な議論がありますが、アデレードでは「現在のオーストラリアを構成する様々なバックグランドを持つ人々や文化を理解し合い尊重する日」として日本・オーストラリアを含む30以上の国や地域の人々が民族衣装を着て、民族舞踊を踊ったり民族音楽を演奏したりしながらパレードします。もちろん、その中には先住民アボリジニのグループも含まれており、パレード後のセレモニーでは最初にアボリジニによるお祝いの儀式が行われます。笑顔と優しい空気が流れているイベントです。

今年は参加要件を緩和されたので、参加者はコミュニティグループ、マーチングバンドなど含め150グループ、4000人にものぼったそうです。

去年は沿道から観ていたのですが(ブログ「オーストラリアデイ@アデレード」)、今年はランゲージ・エクスチェンジに参加しているオーストラリア豪日協会(AJA of SA)というグループのメンバーと一緒に浴衣を着てパレードに参加しました。
パレードの開始は18:00でしたが、準備の後に1時間ほど時間があったので他の参加グループを見て回ることにしました。素敵な衣装や面白い人達がいたら声をかけて写真を撮らせてもらっていたのですが、私達も浴衣を着ているので、「一緒に写真撮ろう」「浴衣素敵だね」「去年日本に行ったよ。日本大好き!」と声をかけてもらってたくさんの人と交流することができました。
カラフルでかわいいポーランドの民族衣装。

タイの民族衣装はセクシーでポーズもキマっています!

USAチームは派手で目立つ!

パレードが始まると沿道は結構な人で賑わっていました。「こんにちは」と笑顔で声をかけながら沿道に手を振ると、手を振り返してくれたり、「こんにちは」と日本語が返ってきたり、とても嬉しかったです(*^_^*)
アデレードで学んでいるRuriさん、Ayakoさん、Chiharuさんも参加。オーストラリアの国旗を持つ大役を任されていましたよ。
最後はエルダーパークの芝生に座って花火を楽しみました。
このパレード、観るのも参加するのも楽しいので、来年のこの時期にアデレードに留学予定の方は是非参加、もしくは出かけてみてくださいね!

天ヶ瀬 有美 / Yumi Amagase

日本在住。会計業務担当。日本の大学で国際経済学を学んだ後、金融関係の会社に9年間勤務。趣味は旅行、散歩、カフェ巡り。働きながら短期留学を含め19カ国を訪問。職場にも恵まれ楽しい日々を送りながらも、幼い頃から抱いていた海外で生活してみたいという夢を捨てることができず、2012年オーストラリアへ。語学学校に通い、憧れていた大自然の中でのローカルの仕事を経験。翌年、このまま帰国することに物足りなさを感じ、再び語学学校へ。卒業時にIELTS6.5を取得し、サザンクロス大学の会計学修士課程(Master of Professional Accounting)へ進学。2015年11月、同大学を卒業し、現職。