ゴールドコーストはBBQもオーシャンビュー♪

オーストラリアで「バービー」といえば、お人形ではなく「バーベキュー(BBQ)」のこと。オージーはBBQが大好きで、週末のブランチからお誕生日・建国記念日・クリスマス・お正月・・・・まで、大事な日もそうでない日もとにかくバービーが命!なのです。

多くの家庭でバーベキューグリルを持っているので自宅でバーベキューをすることもありますが、年間300日が晴れと言われるゴールドコーストでは、季節に関係なく外でバーベキューをすることができます。ゴールドコースト市には380以上もの無料バーベキューグリルが各公園やビーチ沿いに設置されており、「毎週金曜日はビーチ沿いでバーベキュー!」というのが、ゴールドコーストの留学生の定番アクティビティでもあるのです。

バーベキューの設置場所はこちら
サーファーズパラダイスやサウスポートをはじめ、かなりの数が設置されています!

暦上では冬がスタートしている6月初旬ですが、私も週末にオージーファミリーと無料スペースでバーベキューをしてきました。オージーがこよなく愛する"サンデー・BBQブレックファースト(ブランチ)"です。集合時間は、なんと午前9時・・・。気合いの入り方が違いますね。
場所は私が大好きなラブラドールの公園。ここはシティの高層ホテル群・海・緑の景色が一気に楽しめて、サーファーズやサウスポートよりも人が少なく静かなので、私のお気に入りの場所なのです。
以前、経理のYumiさんもブログで紹介しています→ペリカンとシーフードの街・ラブラドール

BBQエリアはこんな風に屋根がついています。冬とはいえ太陽パワー炸裂のゴールドコーストなので、大事ですね。

コンロの使い方はちゃんと記載があるので、それに従えば大丈夫。
この左側にあるボタンをポチっと押すだけ。

BBQでは色々なものを焼きますが、今回の主役はLamb(羊肉)!オージーはラムが大好きです。クセがあって苦手・・・という人もいるかもしれないですが、お肉屋さんから購入するフレッシュなものだと、全然臭みもなく美味しいですよ!今回のラムは、ラブラドールにあるお気に入りのお肉屋さんCav's Butcheryで購入しました。あとはスナッグ(ソーセージのこと)とステーキも。

と言っても、私はお肉を調理することはありません。以前サンデーローストのブログでも書いたように、オーストラリアでは肉を焼くのは男性の仕事だからです。
色々なお肉や野菜をパーフェクトな焼き加減でタイミングを合わせて焼けるようになったら、オージー男性として一人前なんだそうです。(もっといろんな判断基準があると思うけど・・)

調理が終わったら、Buffet形式で好きなものを好きなだけプレートに載せて、いただきます!
ファミリーにブログに出てみる?と聞いたところノリノリだったので、通りがかりのオージーに写真を撮ってもらったのですが・・・写真ヘタ。右によりすぎ。オージーは写真がヘタ(適当)なので、人に頼む場合は撮ってもらったあとに確認した方がいいです・・・。

美味しいBBQを食べ、楽しい会話をするだけで最高ですが、それに加えて目の前に広がるのはこの景色・・・!

ゴールドコーストに留学をすると、みなさんの住まいや学校から徒歩圏内のところに、ビーチを眺めならバーベキューができる無料施設がたくさんあります♪みんな気軽にバーベキューを楽しみ、またバーベキューを通して多国籍の友達をたくさん作っているので、ぜひゴールドコーストにきたらBBQパーティに参加してみてくださいね〜!

関川 祐利弥 / Yuriya Sekikawa

豪政府認定教育エージェントカウンセラー(QEAC登録番号 I094)。オーストラリアのゴールドコースト在住。北海道出身。中高時代、海外の学園ドラマの影響を受け「私もあんな生活がしてみたい!」と16歳でアメリカへ交換留学。ところが現実は理想とは異なり、公共交通機関一切なしのド田舎でのサバイバル生活。1年後、人として、また体型もひと回り成長して帰国。その後、日本の大学を卒業。人材コンサルティング会社勤務を経て、留学業界へ転職。…をしたつもりが、勤務支店が本社に吸収され職を失う。しかしピンチの時には、過去の留学で培ったサバイバル精神が役立つもの。「これは、もう1度海外へ行けということか!」とポジティブ思考で南国オーストラリアへ。現在は、ビーチから徒歩3分のゴールドコーストオフィスで留学カウンセリングと現地サポートを行う。このカウンセラーに質問する