パースのお正月は散歩!?

オーストラリアのお正月は日本と全く違います。大晦日はひたすら飲む!お友達とカウントダウンパーティー!という人も多く、パースの場合、ナイトクラブやパブの多いノースブリッジは夜中までカウントダウンパーティーに参加する人で賑わいます。

除夜の鐘もならなければ、年越しそばもありません。笑

私は、大晦日はパースから1時間ほど南にあるマンジュラの友達の家に行き、ムール貝をとって(夫が)料理。ピザと一緒にいただきました!

オーストラリアのおつまみはヘルシー!私はパースまで運転する担当になり、全く飲めませんでしたが笑

途中、黒鳥、ブラックスワン(西オーストラリア州の鳥)も遊びに来てくれました!

そして元日はパースに戻り、のんびり散歩を楽しむことに。

新しくできたOPTUSスタジアムにまだ行ったことがなかったので、パース側から橋を渡って行ってきました!


ちなみに、テイラー・スイフトのコンサートもここで開催されました。

川沿いに散歩道が整備されていて、安全!

途中、ペリカンにも遭遇。

そして、謎のカエルが、、、。なぜカエル?

私と同じように元日にお散歩を楽しむ人が、結構いました。

オーストラリアのお正月の過ごし方は人それぞれ。皆んな一緒に何かを習慣としてするというより、思い思いに過ごすオーストラリアのお正月。

何をするかはあなたの自由!まだ、オーストラリアで年越しを経験されていない方は、是非オーストラリアに留学にいらして日本と違うお正月を体験して下さい!


早川 真由 / Mayu Hayakawa

オーストラリア、パース在住。豪政府公認留学カウンセラーPIER認定資格保持(QEAC登録番号:I005)。オーストラリアにワーキングホリデーで渡航したのが、私の初めての留学でした。そこで感じたことは「留学は生活」。留学には、短期の観光とは違う「日々の生活」があります。一人で海外生活をすることは、初めての日本での一人暮らしを数倍タフにした感じ。日本を出発する前は分からなかったけれど、最初の一年で最も学んだことは「ライフスキル」だったかもしれません。でも、このライフスキルは人生においてどんなに役立つことでしょう。留学の醍醐味は、勉強だけでなく、自分の人生を強く、豊かにしてくれるところにもあります。

留学はチャレンジを止めたらおしまいです。学校に通って勉強するだけなら誰にでもできます。でも「勉強プラス何ができるだろう」と考え、積極的に行動することで、人と違う経験ができるチャンスがあるのです。いつもフレッシュなチャレンジ精神を持って、考えて行動する留学生活を送れば、きっとFruitfulな結果が待っていることでしょう。このカウンセラーに質問する