パースの留学生が受けられるStudy Perthのサポート

オーストラリアの西海岸に位置する西オーストラリア州には約5万人の留学生が学生ビザで学んでいます。

西オーストラリア州の州都、パースには、StudyPerth(スタディパース)という政府機関があり、各教育機関と連携し、パース留学を世界にプロモートしています。

また、スタディパースでは、パースの全大学を含むこれらの学校と協力し、留学生のための様々なサポートを提供しています。

そのサービスは多岐にわたり、特に2021年10月からは新サービスがいっぱい。
どんなサービスがあるのか、みてみましょう!


【Student Hub】
スタディパースオフィス内にあり、月〜金曜日の10時〜18時までオープンしている施設です。ミーティングルーム利用、無料WIFI、コーヒー・紅茶の無料サービスの他、多くのイベントもここで開催されます。

例えば、9月29日に行われるStudyPerth Hub Hangという留学生が誰でも参加でき、軽食を食べながらゲームやカラオケを楽しむイベントもここで開催されます。

スタディパースのオフィスは2021年11月にWelligtonストリート、ヤガン・スクエア近くにお引越し予定。ますます便利なロケーションで気軽に利用できるようになります!

【イベント開催】
スタディパースでは、留学生向けの様々なイベントを開催しており、ほとんどが無料か格安で参加できます。
特に春の時期は日帰り旅行がおすすめ!

◎いちご狩り
パースの春といえばストロベリーの季節。多くのファームでいちごが採れるシーズンです。車を持っていない留学生には嬉しいツアー!
ランチ込15豪ドル(約1,200円)です。

◎Chitteringツアー
ワインの産地スワンバレーを通ってダーリング山脈(とはいえ、標高はかなり低め)、Chittering Valleyの果樹園、観光客にも人気のチョコレートカンパニーやはちみつ屋さんをめぐる一日ツアー。なんと、ピクニックランチを含む9時〜5時のツアーで25豪ドル(約2,000円)の参加費用です。


日帰り旅行の他、ハロウィーンイベントや個人的にはとっても興味のある「Perth's Got Talent - International Student Edition」など、多彩なイベントが開催されます。

【PROSPERのキャリアサポート】(2021年10月より)
仕事探しのためのワークショップ、ネットワーキングイベント、パネルセッションのサービスの他、ProsPERオンラインエンプロイアビリティポータルが10月に完成予定!キャリア形成マテリアルやコースアドバイスを通して、雇用される機会の増大を目指します。

【My Legal Mate】(2021年10月より)
アパート契約、民間紛争問題、労働問題などの法律のアドバイスを行ってくれるMy Legal Mate。長い留学期間、トラブルに巻き込まれることがあるかもしれません。が、いきなり弁護士に相談するのは躊躇しますよね。まずはスタディパースに相談できるのは留学生にとって心強いサービスです。

【カウンセリングサービス】(2021年10月より)
留学期間中、精神的に不安定になることもあるでしょう。海外で心療内科に通うのは誰でも気が引けるもの。そんな時にはカウンセリングサービスもStudyPerthで受けられます。

【バディプログラム】
これからパースに留学したい人とパースにすでにいる留学生を結ぶバディプログラム。スタディパースでは、2022年2月からバディプログラムに参加してくれる学生を募集中です。興味のある方は通われている学校、もしくはスタディパースにご連絡ください。


もっとあります!

◎2000人もの留学生が参加するフェイスブックコミュニティにも参加しよう
スタディパースは留学生のためのフェイスブックコミュニティを運営しています。分からないことはここで聞いたり、イベントの告知の案内があり、パース留学生の情報が得られます。
https://www.facebook.com/groups/490876081263875/


◎留学生アンバサダーになってみよう!
スタディパースの活動を支える留学生たち、International Student Ambassadors。

スタディパースの各種イベント企画、運営の他、スタディパースの広報活動も行う留学生たちです。

スタディパースが、リーダーシップ、パブリックスピーキングなどのトレーニングを行ってくれるため、留学生活の貴重な経験になるだけでなく、将来のキャリア形成にも役立ちます。

アンバサダーは1年ごとにメンバーが交代し、2021/2022年度メンバーにはフランス、マダガスカル、フィリイピン、バングラデシュ、インド、中国、インドネシア出身の12名の留学生がアンバサダーとして活動しています。残念ながら日本人留学生はゼロ。アンバサダーの活動に興味のある方はスタディパースまでご連絡ください。

上記の他、スタディパースではボランティア、インターンシップ、アルバイトの探し方も教えてくれ、利用しないのはもったいない!と思うほどのサービス充実ぶりです。

私が思うスタディパース最大のメリットは、「学校・アルバイトを超えたネットワークが広がる」こと。

留学生活も長くなると知っている学校の友達とアルバイト先の人としか話さなくなりがちですよね。でも、普段自分がリーチできないネットワークが広がれば、今まで自力では見つけられなかった色々な新しいチャンスが生まれます。これは大きい!

パースでどんな留学生活を送るかは自分次第。ですが、留学生活を支えるてくれるものはたくさんあります。

パースに留学する学生さん達が現地での経験を通して成長し、卒業した時には、心から充実したいい留学だったと思えるよう、スタディパースのサポートを上手に利用して下さいね。

写真は一部スタディパースから引用

早川 真由 / Mayu Hayakawa

オーストラリア、パース在住。豪政府公認留学カウンセラーPIER認定資格保持(QEAC登録番号:I005)。オーストラリアにワーキングホリデーで渡航したのが、私の初めての留学でした。そこで感じたことは「留学は生活」。留学には、短期の観光とは違う「日々の生活」があります。一人で海外生活をすることは、初めての日本での一人暮らしを数倍タフにした感じ。日本を出発する前は分からなかったけれど、最初の一年で最も学んだことは「ライフスキル」だったかもしれません。でも、このライフスキルは人生においてどんなに役立つことでしょう。留学の醍醐味は、勉強だけでなく、自分の人生を強く、豊かにしてくれるところにもあります。

留学はチャレンジを止めたらおしまいです。学校に通って勉強するだけなら誰にでもできます。でも「勉強プラス何ができるだろう」と考え、積極的に行動することで、人と違う経験ができるチャンスがあるのです。いつもフレッシュなチャレンジ精神を持って、考えて行動する留学生活を送れば、きっとFruitfulな結果が待っていることでしょう。このカウンセラーに質問する