ブルーパラダイス!ノースストラドブローク島DAY TRIP

こんにちは!ブリスベン支店の芽衣です:)

先日姉がブリスベンに遊びに来てくれました!日本を離れると、より家族の大切さが身にしみます。現地で再会できてとっても嬉しかったです‥♡

姉は、日本の高校で実施された3ヶ月限定での交換留学をメルボルンでしましたが、まさかのそのまま日本に戻ってこず(家族驚愕w)、現地高校→Holmesglen Institute of TAFE (州立専門学校)→RMIT大学を卒業するまで帰国しなかった強者。笑

年中様々な国にアドベンチャーに行く姉ですが、オーストラリアは彼女にとって特別で、1−2年に一度は必ず戻ってくる程大好きな場所です。

今日は姉と日帰り旅行で行ったNorth Stradbroke Island(ノースストラドブロークアイランド)がとっっても素敵な場所だったのでシェアしますね。是非クイーンズランドにいる方は一度遊びに行って欲しいスポットです!



North Stradbroke Island





■どんな島?

・世界で2番目に大きな砂の島!(世界一はフレーザーアイランド)95%が砂でできています。
・島のニックネームはStraddy(ストラディー)、Island of Paradise
・青過ぎる海と、自然が本当に美しい!
・野生動物に会える!
・砂の島なのでガラス、コンクリート産業が盛ん
・ビールも名産


■ブリスベンから公共交通機関での行き方

・シティーCleveland駅
電車/1時間、6.16ドル

・Cleveland駅ー水上タクシー乗り場
無料シャトルバス

・水上タクシー乗り場ー島
水上タクシー/25分、往復大人16ドル・学生14ドル

水上タクシーは空きがあれば乗れますが、週末や繁忙期は事前にオンラインで予約をして行った方が良さそうです。

車で行く場合はフェリーを予約しましょう!

▼Stradbroke Island Transport

普段私も姉もツアーより自力で冒険派なのですが、今回ツアーを利用することにしました。限られた時間しかなかったのと、色んな人と交流しながら行くの楽しそうじゃない!?とのこと。姉が予約してくれたツアー会社はこちらでした。

▼Queensland Day Tours


■ツアーはどんな感じ?


ぎゅぎゅっと濃縮された内容でめちゃくちゃ楽しかったです!シティから島まではバスに揺られるのみで楽ちん!道中はずっと添乗員のお兄さんがギャグも交えつつ盛り上げてくれました。(すぐバスから降りろって言うから笑っちゃいます)

また、自分ではリサーチしきれないような島や動物の説明をいっぱいしてくれて、勉強になりました。もちろん全て英語での説明でしたが、多国籍な環境に慣れている添乗員さんの英語はめちゃくちゃ聞き取りやすかったです。

意外にもブリスベンが地元の人も参加していて、イギリス、ニュージーランド、ブラジル、アメリカ、ハワイ、コロンビア、ドイツと国籍豊かな顔ぶれです。子供から年配の方まで年齢層も様々。添乗員さんの自己紹介はもちろん、全員自己紹介したので、アットホームな雰囲気になりました。


・フェリー


フェリーの所要時間は45分。中にはカフェも入っているのでコーヒーや軽食を楽しむこともできます。なによりデッキから見える海にワクワク!赤い国旗を初めてみたのですが、商船旗は赤なんですって。車ごと運んじゃう大きな船体で沢山の人がくつろいでいました。島についたらもうそこはクリアな海。期待度MAXになります。


・野生の‥

生まれて初めて野生のコアラに会えました!


以前オーストラリア滞在していた時もいつか野生の子を見てみたいと思いつつ、一度もお会いすることの叶わなかったコアラさん。木の上でウトウトしてました。おしりがまんまるで可愛かったなぁ‥

出会えた場所:Amity Point

コアラって実は無敵動物なんですって。まずいし毒があるので(!)コアラを捕食する動物はいないそう。1日の睡眠時間は20時間!うらやましい。ナマケモノとどっこいどっこいです。

▼余談/ブリスベン市内でコアラに会いたいなら‥
一生の思い出♡ブリスベンでコアラをだっこ!

その他にもフェリーからはイルカ、島ではカンガルーウミガメマンタ沢山の鳥を発見できました!こんなに会えると思っていなかったので驚きました。



・海が素晴らしい


フィルターなんていらない、「青、水色」という表現では全然ダメ!と思うような美しい海が広がっています。(思わず調べてみたけど‥色の名前/青系ワトーかなw)

North Goege Walkという30分ほどの散歩道があるのですが、そこからの景色が絶景でした。思わず見とれて私と姉はみんなからはぐれまくってました。笑


終着点、North Gorge Headlandも気持ちが良かったです。

姉「なんか普通の水がめすっごいおいしそうに見えるんだけど!w」
私「たしかに笑 CMじゃん笑笑」


Clinder Beachは思いっきり波と遊べるポイントでした!砂は真っ白な鳴き砂!歩くたびにキュッキュと音がします。



・茶色い湖!?


Brown Lakeの周辺にはティーツリーの木がたくさんあり、その成分が湖に入っているのでクリアな茶色に見えるんだとか。

※ティーツリーオイルはオーストラリアでは各家庭に1つあるといわれているくらいの常備薬。抗菌作用があるのでちょっとした傷やニキビ、皮膚の炎症などは「これでも塗っとけ〜」という具合になるんだそうですよ。ドラッグストアで買えます。


▼Medical News of Today / 11 benefits of Tea tree oil

そんなすごい成分配合の湖なんてすごいですよね。入ると肌にも良いようですよ♡


見どころ満載のストラディー。終始姉と一緒に参加していたお客さんたちと楽しい時間を過ごすことが出来ました。やっぱり自然に触れるのはとっても大事!とってもリフレッシュできました♪

ブリスベンやゴールドコーストからだと日帰りで行けてしまうこの島。是非お休みの日にリラックスと感動をしに行ってみてくださいね。



PS 姉に直撃。”久しぶりのオーストラリア、どうだった?”

オーストラリアに到着して空港から外に出た瞬間、輝かしい‥!って思ったよ。
太陽と自然がやっぱり良いね。空が青くて大きくて、ほっとする。
人と人との距離が近いのもやっぱり良い。色んな国の人達が共存してるのがオーストラリアに来ると分かるよね。

また来るよ!

小林 芽衣 / Kobayashi Mei

「自分の人生なのだから、自分のやりたいことを後悔しないように一生懸命やろう。」
と心に決め、スクールアドバイザーとして勤務していた専門学校を思い切って辞め、友人と最初の目的地”アテネ”に飛ぶ、ということだけを決め、世界横断の旅にバックパックを背負い飛び出しました。

旅から戻りすぐさまオーストラリア、メルボルンへワーキングホリデーへ。
海外での生活は初めてでしたが、オーストラリアの人の温かさ、自然にときめき、メルボルンでは大好きなアートとコーヒーに囲まれ、毎日何をしようかとワクワクしながら過ごしていました。
ケンブリッジ検定試験に挑戦するため語学学校に通い、セカンドビザ取得のため多国籍な仲間たちと一緒にファームジョブも。その後オーストラリアを1周し、都市ごとの魅力に触れました。
2年という期間でオーストラリアは人生にとって大切なことを教えてくれました。

日本とは全く違う文化に触れ、毎日世界中から集まる人たちと生活する。笑い、驚き、悔しさ、感動がそこらじゅうに散らばっていて、その一つ一つがかけがえのないもののように感じました。
その中で一生懸命生活していくと、必ず自分の”意外な面”が見られるはずです。きっとその自分は”前より成長した自分”。
そんな自分を見てみませんか?

現在は東京から、再びオーストラリアへ戻り、新たな挑戦中です!
ブリスベン、TAFE Queensland(州立専門学校)にてアートを勉強しています。
私も留学生です!留学生の皆さんの気持ちに沿って、みなさんにも素敵な経験をしていただけるよう、実体験を踏まえつつ有用な情報をお伝えしていきます。

チャレンジしたいことに向かって一緒に頑張りましょう:)このカウンセラーに質問する