日本庭園とプラネタリウムが楽しめる場所

こんにちは:)ブリスベン支店の芽衣です!

いきなりですが、最近プラネタリウムに行きましたか?

しばらく行ってないな〜という方が多いと思います。私も2−3年ぶりだったと思います。

以前マウント・クーサ展望台にでかけた際に敷地内のボタニックガーデンを車で横切り、ドーム型の建物があるのを発見しました。なんだなんだ!?こんな場所にプラネタリウムがあるのか‼とびっくりしたのもつかの間、早速素敵な機会があり、友人と星のショーを見に行ってきました★.。.:*・゚

プラネタリウムってとってもロマンチックで壮大で、非日常の体験が出来る面白スポットだと改めて感動しました!

なので是非お休みの機会に、みなさんにも素敵な体験をしに行って来て欲しいです:)おすすめ度★★★★★です。



Sir Thomas Brisbane Planetarium




・場所:152 Mount Coot-Tha Road, Toowong

・営業日時
火・水・木曜日 10am-4pm
金曜日     10am-7.30pm
土曜日  10.45am-7.30pm
日曜日  10.45am-4pm
※定休日
月曜日、クイーンズランドスクールホリデーを除くほとんどの祝日

・入場料
大人 16.4ドル
学生 13.4ドル
3−14歳 10ドル





約40年間の歴史あるプラネタリウム。マウントクーサボタニックガーデン内にあり、緑あふれる立地が最高です♪

館内に入ると宇宙・NASAグッズが展示されていました!人類が月に到達した時のストーリーを知ったり、宇宙服やロケットの精巧な模型など間近で見ることもできます。


目を引いたのは、16世紀の人たちが使用していた星時計。太陽の光がなくなった後、夜間に星座を利用して時間を調べていたんですね。すごーいかっこいい!


そして、ここが天体ショーが繰り広げられるドームの入り口です。
開場前に予約者が廊下に並び始めました。お母さんと子供、お友達同士、一人で来ている人もいます。観客は全員で30名くらいだったので、ゆったり座ることができました。


私たちが観たのは、現在から過去に遡って星空を眺めるショーでした。

宇宙旅行をしたみたいで面白かったです!地球があっという間に小さくなって、自分が宇宙空間にポーンと放り込まれたような気分でした。

「宇宙の大きさは永遠ともいわれている」というセリフと、果てしなく広がっていく夜空の映像に、気が遠くなるというか、壮大さにどかーんと衝撃をもらうというか、自分ってちっちゃ〜〜!みたいな感覚になりましたw


ワクワクもたくさんしましたが、リラックス効果も抜群でした。

どのショーもトータル45分で、本編の後「今夜のブリスベンの夜空」についてのお話があります。ビルや光、雲など何もなかったら、どんな夜空なんだろう?オーストラリアは肉眼でも星を沢山見ることができますが、比にならない程の量の星に囲まれ感動しました♪

時間帯や日によってショーの内容が違うので、行く前にチェックしてみてくださいね。バラエティに富んでるし、面白そう!:)


☆星の衝突から生まれたパワーでさらに成長し続ける宇宙
☆月特集!氷の海、メタンの雨、火山!? 月の面白い気候や特徴
☆宇宙誕生、地球発ブラックホールへの旅
☆必見!夜空にまとうオーロラの自然美(北極で7ヶ月に及ぶ撮影)

月やオーロラ、興味があります。年パスがあれば購入希望です。何度行っても楽しめる場所だと思います!

▽ショーのスケジュールはここからチェック!



Brisbane Botanic Gardens Mt Coot-tha

まばゆい天体ショーの後は‥☆ボタニックガーデンの散策も最高です。シティボタニックガーデンとはまた違った美しさや面白さがありました!園内にはオーストラリアはもちろん、アフリカやメキシコの植物など色んな国の植物を歩きながら、さんぽ感覚で楽しめるようになっています。シダコーナー(Fernhouse)オススメです。


日本庭園もあり、ほっこりしました。池のある景色が和やかで、建物や小さな橋から和を感じることができましたよ。


盆栽コーナーではオージースタイルのBONSAIを見ることができました。ブーゲンビリアの盆栽を発見!いつもは大胆に咲くブーゲンビリアが、このサイズの世界観に収まっているのもまたいとあはれです。

ブリスベンでまた好きなスポットが増えました♪星と花に囲まれるおでかけいかがでしょうか☆♪



PS

園内に、おもしろい椅子がありました。私の小さな友人がアイスを片手にご満悦で座っていたのがとってもかわいらしかったです。どこにあるのか探してみてください!そして椅子と同じ顔して記念撮影してみましょう♪w

似てるじゃんって言われました。www

小林 芽衣 / Kobayashi Mei

「自分の人生なのだから、自分のやりたいことを後悔しないように一生懸命やろう。」
と心に決め、スクールアドバイザーとして勤務していた専門学校を思い切って辞め、友人と最初の目的地”アテネ”に飛ぶ、ということだけを決め、世界横断の旅にバックパックを背負い飛び出しました。

旅から戻りすぐさまオーストラリア、メルボルンへワーキングホリデーへ。
海外での生活は初めてでしたが、オーストラリアの人の温かさ、自然にときめき、メルボルンでは大好きなアートとコーヒーに囲まれ、毎日何をしようかとワクワクしながら過ごしていました。
ケンブリッジ検定試験に挑戦するため語学学校に通い、セカンドビザ取得のため多国籍な仲間たちと一緒にファームジョブも。その後オーストラリアを1周し、都市ごとの魅力に触れました。
2年という期間でオーストラリアは人生にとって大切なことを教えてくれました。

日本とは全く違う文化に触れ、毎日世界中から集まる人たちと生活する。笑い、驚き、悔しさ、感動がそこらじゅうに散らばっていて、その一つ一つがかけがえのないもののように感じました。
その中で一生懸命生活していくと、必ず自分の”意外な面”が見られるはずです。きっとその自分は”前より成長した自分”。
そんな自分を見てみませんか?

現在は東京から、再びオーストラリアへ戻り、新たな挑戦中です!
ブリスベン、TAFE Queensland(州立専門学校)にてアートを勉強しています。
私も留学生です!留学生の皆さんの気持ちに沿って、みなさんにも素敵な経験をしていただけるよう、実体験を踏まえつつ有用な情報をお伝えしていきます。

チャレンジしたいことに向かって一緒に頑張りましょう:)このカウンセラーに質問する