シークレット・サンタ

こんにちは!アデレード支店、Yumiです。

クリスマスまであと4日。駆け込みでクリスマスプレゼントを買ったり、クリスマスのテーブルセッティング用品などを購入したりする人で市内中心のRundle Mallはいつもよりちょっと慌ただしい気がします。今週末にはクリスマス用の食材を買い求める人でセントラル・マーケットやファーマーズ・マーケットも混雑するんでしょうね。
さて、そんなクリスマスの準備ですが、日本ではクリスマスプレゼントは子供たちのもの、もしくは恋人同士が贈り合ったりするものというイメージがあると思います。一方、オーストラリアのクリスマスは家族が集まる時間なので、大人も子供も家族全員にプレゼントが渡ります。それぞれが全員に準備する場合もありますが、シークレット・サンタというシステム(?)を取ることもああります。

シークレット・サンタとは…

くじ引きなどで事前に誰が誰にプレゼントを贈るか決めます。ただし、誰が誰のサンタクロースなのかはお互い知りません。

私も以前ローカルのカフェで働いていたときに、職場のクリスマス・パーティーでシークレット・サンタがありました。「何をプレゼントしたら喜んでくれるかな?」と相手のことを思い浮かべながらプレゼントを探すのは大変ですが楽しいです。また、普段あまり話したことがない人にプレゼントを贈ることになった時は、どんなものが好きなのか周りになんとなく探りを入れたりしてその人を知るきっかけにもなります。
個々が相手なので、誰に当たるかは当日のお楽しみという日本でメジャーなプレゼント交換より、プレゼントもかなり個性的です。

アデレード支店があるシェアオフィス受付の女性とクリスマスの準備について話していたのですが、彼女は家族のクリスマスパーティーで自分の祖母のシークレット・サンタになったとのこと。

「いろいろ考えたんだけど、おばあちゃんは象が好きだから、象の保護団体に彼女の名前で寄付して証明書をプレゼントすることにしたの。きっと喜んでもらえるわ(*^^*)」

チャリティーをプレゼントにする!

その発想はなかったのでちょっとビックリしましたが、チャリティーの文化が発達しているオーストラリアらしいなと思いました。おばあちゃんも、象の保護団体の方も、そして象さんも、みんなが笑顔になれる素敵なプレゼントですよね。

天ヶ瀬 有美 / Yumi Amagase

オーストラリア、アデレード在住。会計業務担当。日本の大学で国際経済学を学んだ後、金融関係の会社に9年間勤務。趣味は旅行、散歩、カフェ巡り。働きながら短期留学を含め19カ国を訪問。職場にも恵まれ楽しい日々を送りながらも、幼い頃から抱いていた海外で生活してみたいという夢を捨てることができず、2012年オーストラリアへ。語学学校に通い、憧れていた大自然の中でのローカルの仕事を経験。翌年、このまま帰国することに物足りなさを感じ、再び語学学校へ。卒業時にIELTS6.5を取得し、サザンクロス大学の会計学修士課程(Master of Professional Accounting)へ進学。2015年11月、同大学を卒業し、現職。