オーストラリアで、部屋の内見にGO!【インスペクション】

こんにちは!ブリスベンオフィスの芽衣です:)

8月はオーストラリアの冬ですが、ブリスベンはもうすでに毎日20度を超えるようになり、春めいています。さすがSunshine State, Queensland!!♪



ブリスベンを含め、クイーンズランド州一部は、世界各地で猛威をふるうデルタ株対策のため、短期決戦!1週間のスナップロックダウンをしたり、マスク規制をしたりしながら凌いでいます。みんなしっかり規制を守って頑張った成果が出て、ここ数日コロナウィルス新規感染者は0名が続いています。

ワクチンの接種も徐々に進んでおり、現在約115万回の分のワクチンが打たれています。私も保健省からワクチン日程の連絡を待っている最中です!

※ワクチンを予約した人たちが、サウスバンクの会場にきています


ブリスベンオフィスの林は、既に2回の接種完了!
オーストラリアでのコロナワクチンの受け方。レジスターの方法や病院での様子はこちらから!

コロナワクチンを接種してきました



さてさて、話は本題へ。

最近引っ越しを検討していたこともあって、(結局引っ越さないことになったのですが)色々と物件の内見に行っていました。

オーストラリアでの家(部屋)探しはどんな感じなのか。今日はインスペクションの様子や、見ておきたいポイントをまとめてみたいと思います!


オーストラリアのワーホリ・留学生の方たちの住まい方は主にシェアハウスです。

費用は上がりますが、学生ビザの方は、ビザ詳細、収入、銀行残高、勤務先などを証明、不動産屋からの審査を受けることで、シェアハウスではなくアパートの部屋などを借りることもできます。


どのように住むかに関わらず、オーストラリアの家(部屋)探しには、ほとんどの場合インスペクションとよばれる「内見」のステップがあり、これは本当に大事です!!

※みんなお部屋をうろうろ、キョロキョロ。


よくお客様からのご質問で、
「日本からネットで、事前にシェアハウスを決めていったほうが良いですか?」

と聞かれることもあるのですが、内見なしで決めてしまうことはリスクがあるので、お家探しは現地についてからにしましょう。写真や文章だけではわからないことがたくさんあるからです。オンラインだけのやりとりだと、トラブルも発生しがちです!



さて、内見は、住人がすでに退去している場合/まだ住んでいる場合など色々ですが、事前に内見時間などを相談して予約するか、既に指定されている内見日程に合わせて、現地に行きます。

シェアハウスの場合はおうちのオーナーさん(や住人)が、そして賃貸物件だと不動産のスタッフさんがルームツアーや説明をしてくれます。

※今はコロナ対策のため、どこもかしこもスマホアプリで、”チェックイン”をしてから建物に入る規則です。

お部屋には家具付き、家具なしなど色々あるんですよ。何件か見てきたお家をご紹介しますね!



おうちファイル#1  小さめアパート

こちらは前の家主さんがいよいよ引っ越し!というような状況のお部屋。

※気になる点は家主/スタッフの人に必ず確認!

※裏庭が素敵だったなぁ‥でもベランダが隣人とツーツー!w
※シャワーやトイレもチェック。シャワーのみでバスタブがないおうちが多い!


【良かった点】
・家賃が、立地を見るとだいぶお得
・裏庭の木に癒やされそう
・収納がたくさんあって片付けがしやすそう


【気になった点】
・部屋が写真で見たよりずっと小さい(魚眼レンズ使ってたな?w)
・キッチンも思ったよりずっと小さい
・日中思ったより太陽光が入らない
・周りの住人から中が見えやすいかも‥
・裏ベランダのセキュリティが甘いかも



おうちファイル#2  古いけど大きな家

写真から見るも少し古そうだけど、なんと2階建ての全スペースが使える家!

※ひろいっ!部屋がたくさん!

※家具は開けたり閉めたり、どんな感じか確認OK


【良かった点】
・予算内でとにかく広い!小さな庭や勉強部屋までついている
・住人それぞれの洗濯物干しスペースがあった
・室内に洗濯機がおける
・キッチンも広い

【気になった点】
・カーペットがちょっと古すぎた‥
・意外と太陽光が届かない



おうちファイル #3 モダンできれいなおうち

まだ割と新しい物件だとのこと、写真で見た感じもとてもきれいで、期待大!

※セキュリティがしっかりしてる!インターホンもある〜!


※いいサイズのバルコニー!だけど車の音がうるさいか‥!?
※カーペットはほぼ新品といっても過言ではない‥!



【良かった点】
・お家がほぼ新築でピカピカ、キレイ!
・アパートに入るエントランスにも鍵があり、セキュリティはばっちり
・バルコニーの大きさも十分
・床はカーペットだったけれど、とてもキレイだった

【気になった点】
・目の前の道路の交通量が多く、絶えず車の騒音がする
・共用の洗濯物干し場がないため、道路に面したバルコニーで乾かすしかない
(排気ガスが気になる‥)



お家ファイル#4 おしゃれな集合住宅①


家具付きのお部屋!使用されている家具はヴィンテージなどで、とっても素敵でした。快適そう!
※二段ベッドスタイル‥!

※家具はかわいいが‥暗いか!?窓が開けられなさそうだぞ‥?


【良かった点】
・家具が全てついているのですぐに生活がスタートできる
・家具がおしゃれでビンテージ
・バルコニーもついている

【気になった点】
・こちらも目の前の道路の交通量が意外と多く、絶えず車の騒音がする
・写真も、実物の部屋もかっこよかったけれど、日中太陽光があまり入らない。
・窓を開けると、道路から中がよく見えるので閉めていなければきつい。



お家ファイル #5 おしゃれな集合住宅②

こちらは予算をこえていたけれど、おしゃれな住人のインテリアに心躍りました。
でもこのすべての家具は住人の引っ越しとともに全てなくなるんだそうw


※そんなに高くないお家でも、公共施設でプールやジムがあるところも結構あります!

5部屋あげてみたのですが、写真と実際のお部屋の感じが違うことや、お部屋紹介の文章だけでは分からないことって色々あるなぁと改めて実感しました。


【オンラインでなかなか分かりづらいポイント】
・部屋のサイズ
・採光
・汚れ具合
・騒音
・窓からの景色
・アパート内、他の部屋の距離
・実際のセキュリティ
・洗濯物の干す場所は?
・洗濯機はどこに置ける?
・設備、家具の仕様具合や劣化具合



ネットでは、わー、とってもキレイ!家賃も予算内、希望の立地だし最高!と思っても意外とうるさくてくつろげなさそうだったり、素敵なおうちと思っても、実際は暗くてじめっとしていたり‥

住環境は自分の心の健康にも関わる大きな事だと思います。おうちでは思いっきり平和にくつろぎたいですよね。

みなさんそれぞれ住まう環境に求めるものは違うと思うので、どんな環境が自分にとって大事なのか考えてみて、インスペクションの中で必ずチェックしたいことを事前にリストアップしておくのも良い方法だと思います。また金銭のやりとりが生じた時点で書面でその記録を必ず残しておくのも大事です。


そしてお家だけではなく、特にシェアハウスの場合気をつけて見たいのはオーナーさんや一緒に住む人がどんな人なのかも大事です。


【インスペクションで必ずチェックしたいこと】・写真や文章だけではない実際の雰囲気
・自分の求める住環境ポイントが、どうなのか
・オーナーさんの人柄
・シェアメイトはどんな人
・必要費用(家賃、その他費用の詳細/インターネット、光熱費等)
・家のルール
・最低滞在しなければいけない期間
・必要書類等



様々見るポイントがありますが、みなさんがオーストラリアにご渡航の際は、当社の各現地オフィスでお家探しの方法をしっかりと生活オリエンテーションでお伝えしているので、安心して来て頂けたらと思います。

くれぐれも日本からオンラインのみで契約したりしないようにしてくださいね。



今日はインスペクションのお話でしたが、インスペクションって、色んなオーストラリアのお家を見るチャンスなのでとても楽しいです!

とっても可愛いおうちも、ぐっちゃぐちゃの家も、大切にされてたんだなーというお部屋も、ユニークなおうちも色々見ました!

知らない人のお部屋を見ることってなかなか無いので、いつもワクワクしてしまいます。w

小林 芽衣 / Kobayashi Mei

「自分のやりたいことを後悔しないようにやろう。」

友人とアテネに飛ぶということだけを決め、世界横断の旅にバックパックを背負い飛び出し、そのままオーストラリア、メルボルンへワーキングホリデーへ。

人の温かさ、自然にときめき、メルボルンでは大好きなアートとコーヒーに囲まれ、毎日何をしようかとワクワクしながら過ごしていました。

語学学校にてケンブリッジ検定試験にチャレンジ、セカンドビザ取得のため多国籍な仲間たちと一緒にファームジョブ。その後オーストラリアを1周し、各都市の魅力を体感しました。


現在はブリスベンオフィスにてみなさんのサポートをしています。

昨年はTAFE Queenslandにてずっと勉強したかったビジュアルアートを学びました。


世界中から集まる人たちと、日本とはまったく違う環境での生活。きっと自分の”意外な面”を発見できます。きっとその自分は”前より成長した自分”。

そんな自分を見てみませんか?

みなさんにも素敵な経験をしていただけるよう、ワーホリ・留学実体験を踏まえ有用な情報をお伝えしていきます!このカウンセラーに質問する