帰国後の公的機関手続きをしに市役所へ行ってきた

2月・3月は留学を始める人が多い季節。逆にいうと、留学を終えて帰国する人も多い季節です。ということで、今回は留学から帰国したら日本の公的手続きも忘れずにしましょうというブログです。

留学に際し、国外転出届を出した方は、帰国後14日以内に居住地のある市役所などで手続きが必要です(国外転出届を出していない方は特に手続きは不要です)。私も国外転出届を出していたので、市役所で手続きしてきました。各市町村によって多少手続きは違うと思いますが、参考になればと思います。

① 市民課などに行き、住民移動届を提出します。

【必要なもの】
  • マイナンバー通知カード(転出届を出した際に裏面に「転出のため返納」などと運転免許証の住所変更のような形で書かれたものが手元にあると思います)
  • 本人確認ができるもの(入国日が確認できるパスポートがベスト。日本へ入国の際に顔認証を利用する場合は、認証後にあるカウンターで入国印を押してもらっておきましょう。)
  • 本人以外が行く場合は印鑑なども必要。
住民異動届を提出すると、マイナンバー通知カードは一旦回収され、後日改めて届くそうなので、通知カードを携帯カメラで撮っておくなど番号をメモしておいた方がいいと思います。
② 住民票の登録が済んだら、国民健康保険窓口に行きます。

【必要なもの】
  • 本人確認できるもの
国民健康保険料は、その時点で確定申告が完了している最後の年度の収入ベースになるので、役所で確認が必要です。保険料の支払いは、翌月上旬に世帯主宛に送られてくる納付書で行います。

なお、就職して勤務先の健康保険に加入した場合は、新しい保険証を同窓口へ持っていき、手続きをする必要があるそうです。

③ 福祉課などで年金の手続きも必要です。

【必要なもの】
  • 年金手帳または基礎年金番号がわかるもの
  • 銀行口座引き落としを希望する場合は、口座詳細などがわかるもの
  • 本人以外が行く場合は印鑑なども必要
住所変更の手続きをします。住民票登録を外している間任意加入していた場合も、任意加入を解約して改めて国民年金に加入する手続きが必要です。年間一括支払いなどで重複する部分については別途年金保険事務所から返金の手続きなどについて案内があるそうです。

なお、就職して厚生年金などに加入する場合は特に役所に行って手続きする必要はないとのことでした。
帰国後の日本での公的手続きについてはコチラにも記載していますので、参考にしてくださいね。

天ヶ瀬 有美 / Yumi Amagase

日本在住。会計業務担当。日本の大学で国際経済学を学んだ後、金融関係の会社に9年間勤務。趣味は旅行、散歩、カフェ巡り。働きながら短期留学を含め19カ国を訪問。職場にも恵まれ楽しい日々を送りながらも、幼い頃から抱いていた海外で生活してみたいという夢を捨てることができず、2012年オーストラリアへ。語学学校に通い、憧れていた大自然の中でのローカルの仕事を経験。翌年、このまま帰国することに物足りなさを感じ、再び語学学校へ。卒業時にIELTS6.5を取得し、サザンクロス大学の会計学修士課程(Master of Professional Accounting)へ進学。2015年11月、同大学を卒業し、現職。