メルボルンでまったり年越しキャンプ

明けましておめでとうございます!皆様お正月はゆっくり過ごされましたか?
さて他の支店のスタッフも旅行へ行ったり、BBQをしたりと素敵な時間を過ごされたようですね!

さてメルボルンに住んでいる私はと言いますと、年末年始は友人達とキャンプに行ってきました。
実はここ3年程毎年行っている場所になるのですが、友人が友人を呼ぶなど年々参加者が増え今年は30名程の大所帯キャンプなんです!

31日出発当日、食材やら飲み物を買ったりなど準備をしていたら到着が夕方になってしまいましたが、早速日が暮れる前にテントなどセッティング開始。

メルボンの日の入りは午後9時30分くらいなのですが、何とか暗くなる前に完了出来ました! 
クリスマスになる少し前までメルボルンの気温は朝晩12度程だったりとで非常に寒かったのですが、やっと夏らしい気温になってきてキャンプをしていてもとても過ごしやすい!

その日は焚き火を囲みながら皆でささやかにカウントダウンをして新年を迎える事が出来ました。

その後の2日間は川で泳いで涼んだり、本を読んだり、おしゃべりをしたり過ごしました。

都市のカウントダウンイベントや花火なども面白いのですが、たまにはインターネットや携帯電話が繋がらない場所で時間を気にせずゆっくりと新年を迎えるのも面白いですよ!

今まで余り新年に「今年の抱負・目標」など立てる事はしなかったのですが、ぼんやり考え事をする良い時間もあったので、今年は自分の中で2つの目標が出来ました。(内容は達成出来た時にご報告します笑)

テントなどキャンプ用品がないとキャンプへ行くことができませんがKmartなどのホームセンターで安いテントだったら$15(日本円で約1200円程)で購入する事ができますし、車が無くても電車やバスでメルボルン近郊のキャンプ場へ行く事も出来ます。

沢山のお金を掛けずにリフレッシュする事も出来ますので、是非試してみて下さい。

長谷川 由華 / Yuka Hasegawa

オーストラリア、メルボルン在住。大学時代、自分より成績や英語が堪能な人が沢山いる中で、自分が就職競争の波に乗れるのか自信が持てず悩む。英語試験の結果で勝てないのであれば「使える英語/コミュニケーション能力を身に付ける」ことが重要という考えに至り、就職活動にいそしむ友人たちをよそ目に、留学計画を開始。かねてより夢であったツーリズム(旅行学)を学ぶため、大学卒業と同時にケアンズへ。日中は専門学校、朝&夜は現地旅行代理店でのアルバイトに精を出し、睡眠不足になりながらも2年後に無事卒業する。その後、アルバイト先の代理店でビジネスサポートを受け、2008年に永住権を取得。現在はメルボルン支店より留学カウンセリングと現地サポートを行う。このカウンセラーに質問する