留学生活で気づくエコのこと

オーストラリア留学センターではkeepcupを作成、弊社のメンバーの留学生に無料でお渡しし、留学期間中に紙コップを使わず、環境に優しい留学をしてもらおう!という取り組みを始めました。


ちなみに、弊社では、以前よりkeepcupだけでなく、紙の自社パンフレットも作成しておりません。

(詳しくは、こちらの弊社代表のブログをご欄下さい)

私が普段どんなに紙やプラスチックを使って生活しているのか、それを本当に理解し始めたのはオーストラリアに留学した時です。

オーストラリアではお買い物をしても過剰に包装することはありません。小さな物を買うとお店の人に「袋、いる?」と聞かれるほど。

お土産用の袋を余分に下さいと言うと、露骨に嫌な顔をされることもあります。

大手スーパー、ウールワースや日曜大工のお店バニングスでは買い物をしても袋は有料。だから、なるべくエコバッグを使うようになります。

オーストラリアではプラスチックや紙を削減しようという試みが社会全体でサポートされていて、環境のために何か特別なことをしている、という感覚もあまりないかもしれません。

留学とは海外で生活すること。

私たちがオーストラリアで学ぶことは英語だけではありません。留学生活から気づくことはたくさんあります。

オーストラリア留学センターが始めたkeepcupがそれに気づくきっかけになってもらえたら嬉しいです。



早川 真由 / Mayu Hayakawa

オーストラリア、パース在住。豪政府公認留学カウンセラーPIER認定資格保持(QEAC登録番号:I005)。日本でごくごく普通の高校、大学生活を送り、ワーキングホリデー資金を貯めるために就職。3年弱で資金も貯まり、大学時代からの計画だったワーキングホリデーを実行。「大きくて1年いても飽きないだろう」という理由だけでオーストラリアを選択(コアラにもカンガルーにもイルカにも全く興味なし)。ところが、到着後1ヶ月で、今の夫とホームステイ先のガレージで出会う。それ以降ずっとパース在住。現地支店より留学カウンセリングとサポートを行う。このカウンセラーに質問する