安くて健康なグリーンスムージーレシピ

食事は体と心の健康の源。食事を取ることで頭や体が活発になり仕事や勉強の活力が湧いてきます。

しかし日本にいても留学してても「学生さんはお金がない!」

さらに面倒くさい、時間がない、今まで実家暮らしだったので料理をしたことがない・・・の理由でおごそかにしてしまいがちなのが毎日の食事。

そこで、わたしが毎朝実践しているだれでも簡単にはじめられて且つ安くて健康なグリーンスムージーをご紹介します!

材料を切って混ぜるだけ!のとっても簡単なレシピなのでみなさんもぜひ実践してみてください~

<材料(約650ml分)>
・ケール・・・2枚(茎ごと)
・リンゴ・・・1個(皮ごと)
・キウイ・・・1個(皮ごと)
・レモン・・・1/8個(皮ごと)
・バナナ・・・1本
・氷・・・キューブ12個
・水・・・100ml

を、ブレンダーに入れて混ぜるだけ!
野菜や果物を変えながら何パターンかのレシピを試しましたが、今のところこれがわたしの黄金レシピです★

この分量だとだいたいこのくらいの量(約650ml)のグリーンスムージーが完成↓
この分量(約650ml)で材料費は1.8ドルくらいなので、Boost のジュースを6~7ドルで買うより断然安く済みますよ!

因みにブレンダーは、わたし含めブリスベン支店スタッフ3人全員がNutriBulletを愛用中です。

<グリーンスムージ作りのポイント>
①果物は皮ごと投入!
果物は特に皮の部分に食物繊維やミネラルやビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています(このレシピで捨てるのはバナナの皮だけ)。

キウイも皮ごと!! 毛(みたいなの)も全然気になりません~

ケールが苦手な方はほうれん草やモロヘイヤも栄養価が高くてオススメです。これでもまだ青みが・・・という方は小松菜からスタートしてみましょう。

※葉野菜は洗って冷凍すると長持ちしますよ

②味の決め手はレモン!
材料の中も一番量の少ないレモンが意外にも味の決め手に!爽やかな酸味が味にアクセントをあたえてくれます。

<グリーンスムージーは女の子の味方!>
野菜、きのこ類、海藻、芋、果物は、皮膚や粘膜をじょうぶにして感染症にかかりにくくするビタミンA、骨や皮膚を形成するコラーゲン(←繊維状のたんぱく質)の基となるビタミンCを豊富に含む食品です。

(肌(真皮)の7割をコラーゲンが占めておりハリや潤いを維持しています。不足するとシワやたるみの原因に!)

さらに便秘に悩む多くの女の子の味方、食物繊維も豊富!
食物繊維は大腸内の有用菌(乳酸菌やビフィズス菌など)を増やし腸の働きをととのえる作用があります。

因みに食物繊維は人の消化酵素で消化できない(つまり脂肪になって体内に蓄積されない)のでたくさん食べても太らない!という女の子にはダブルで嬉しい栄養素なのです♪

留学中に「太った」「肌が荒れた」などと言われないよう、健康なココロとカラダを目指して、グリーンスムージ生活をはじめてみませんか?

加藤 佳 / Kei Kato

オーストラリア、ブリスベン在住。豪政府公認留学カウンセラーPIER認定資格保持(QEAC登録番号:H318)。13歳でオーストラリアに短期留学。その後カナダとアメリカへ留学。アメリカの大学を卒業後、「一度、海外で就労経験を積んでから、自分のキャリアを考えたい」と考え、2007年にオーストラリアへ再渡豪。1年間のオーストラリア留学センター現地支店勤務を終え、帰国したタイミングで、同東京支店がオープン→そのまま就職。2016年3月、東京支店からブリスベン支店に転勤。高校生の大学留学や、現役大学生の休学留学(学部留学など)をメインに、留学カウンセリングを担当しています。このカウンセラーに質問する