ゴールドコーストを潤す最新ウォーターサーバーが優れもの!

こんにちは!
ゴールドコースト支店の杉谷です。
前回はゴールドコーストでのトラム生活についてお伝えしました!ブログはこちら

今回はトラム駅で見つけた最新ウォーターサーバーについてご紹介します!

最近いつの間にか、トラムのホームに設置されていたウォーターサーバー。

“water 3”という会社が提供しているサーバーで、トラムの運行をになっているtranslinkやGlinkの所有ではないようです。

最初は「ただの給水機か」と思っていましたが、あなどることなかれ...!

最先端のエコウォーターサーバーでした!!!
(給水機よりウォーターサーバーのほうが最先端に聞こえますよね?笑)

サービス:
1ドルから水をリフィル(補充)できるサーバーで、
自分のボトル、またはwater3のボトルを購入して利用できます。
<タッチパネルになっていて、画面を押して進む。最初は3択:Use my own bottle(自分のボトルを使う) Buy bottle(Water3のボトルを購入する) Water3bottle(Water3のボトルを持っている)>


私は水をたくさん飲むように心がけているので(美容にいいらしい!)出かける際はマイボトルにお水を入れて、持ち歩くのですが、1日出かけるときは「500mlじゃ足りない。。。でも1Lも持って行ったら重すぎる。。。」
そんな悩みをいつも持って、結局追加でスーパーで水を買っていました。
スーパーで冷えてる水(500mlくらい)を買おうとすると、大体3ドルくらいします。
このウォーターサーバーなら「1ドルからフレッシュで冷たい水が飲めるのはいい!」と思い、さっそく利用してみました ♪


<マイボトル編>

①“Use my own bottle”(マイボトルを使う)を選択

②Still(静水)かSparking(炭酸水)のどちらかを選択

③サイズを選択
Regular size(500ml)で、静水は$1、炭酸水は$2
Large, Extra Largeも選択可能。料金表はこちら

④デビット/クレジットカード"payWave”(無線/非接触型決済)でお支払い

⑤ボトルをセットしてリフィル!!
⑥リフィル完了!

マイボトルがあるから、water3のボトルは別にいらないかなと思っていたのですが、サイトをよく調べてみると、ボトルの優秀さとwater3の活動や目的に目を惹かれました!

というわけで、後日もう一度ウォーターサーバーへ!

<water3ボトル編>

①water3bottleを購入!(ボトル代:10ドル)

②water3のアプリをダウンロード!→名前とボトル番号を登録

③ ボトル底のチップをwaterの"3"にかざす。

※かざしても、読み込まない場合は、キャップに書かれたボトル番号と登録した自分の苗字を入力。

<マイボトル編>と同じように水の種類を選択
サイズはwater3ボトル500mlに合わせ、補充される

⑤お金をチャージしていれば、ボタンを押していくだけで、支払いもOK!

 

☆ボトルの優秀さ☆

water3のボトル名は”double-walled stainless steel RFID bottle”(二層ステンレススチールボトル)

・二層になっている為、温度をキープし、2時間経っても冷たい水が飲める!

・思ってた以上に軽い!持ち運びできる♪

・ステンレススチール製なので、汚れがつきにくく、お手入れが簡単♪

・ゴムパッキンがついているので、漏れ防止!

・RFID(Radio Frequency Identification)というICチップのようなものがボトルの底に埋め込まれており、キャッシュレス*でいつでも補充できる!!

*キャッシュレス:water3のアプリかウェブサイトからボトルを登録し、デビット/クレジットカードでチャージする(5ドルから)

☆water3の目的☆

エコ意識を高め、サステイナブルでプラスチックのない生活を目指す。
water3を使うことで、一人一人が使うプラスチックの量を減らしていく。

☆water3の活動☆

売上の一部を自然に流れてしまったゴミ収集手当てにあてる
 例:クイーンズランドのウィットサンデー諸島やエアリービーチのTurtle Rescue(亀を保護する)活動

☆お得☆

ボトル代は10ドルですが、利用する前に必要なRegisteration(登録)を行えば、$2無料で水をリフィルできちゃいます☆

なので、ボトル代は実質8ドル、この値段でいいクオリティの水筒はオーストラリアではあまり見つからないと思います!(軽くていい水筒を探しまわったことがありますが、どれも高かった。。。)

ウォーターサーバーはトラム各駅ホームに設置されているわけではなく、調べたところ以下のホームには設置されています。

GC Uni Hospital Station、Nerang Street Station、Southport Station、Surfers Paradise North Station、Cypress Ave Station、Surfers Paradise Station、Northcliffe Station、Broadbeach South Station

その他にも、ショッピングセンターやフードコートにも設置されているようです。
近くのキヨスクを探すにはこちら

宣伝を見ていると、ボトルにカラーバリエーションがあったような気がしましたが、
購入の際に選択することはできず、気になったので、Facebookのメッセンジャーでwater3に聞いてみました!
すると、やはりカラバリは存在しましたが、キヨスクではステンレススチール一色しか購入できないそう。
しかし!今年の5月からオンラインショップを開き、そちらで購入できるようになるそうです!
なんと12種類もあるみたいですよ!!!
私もそっちが欲しかったー!笑

わざわざスーパーまで行って買う手間も省け、冷たくてフレッシュな水がお得に飲めて、エコにもつながるなんて、一石三鳥ですね!♪

日中はまだまだ暑い日が続くゴールドコーストで大活躍です!☆

杉谷 茉由 / Mayu Sugitani

ゴールドコースト支店の杉谷茉由です。日本の高校にて国際バカロレア(IB)プログラムを受け資格を取得し、ブリスベンのThe University of Queenslandで3年間正規留学をしておりました。オーストラリアでの人と人との明るい接し方、多国籍であり、それを受け入れている環境に魅了されています。オーストラリアは初めてでも、日本人にとってはとても留学しやすく、生活に馴染みやすい留学先だと考えています。皆様にも人生で価値観のターニングポイントとなるような留学経験をしていただく為に寄り添ってお手伝いできたら幸いです。このカウンセラーに質問する