トラム、なんて便利なんでしょう!! | オーストラリア留学センター スタッフブログ

トラム、なんて便利なんでしょう!!

こんにちは!ゴールドコースト支店の杉谷です。
ゴールドコーストにてトラム(路面電車)のある生活を始めて、早一ヶ月経ちました!

トラムはゴールドコーストの主要エリアを北はヘレンズベールまで、南はブロードビーチサウスまでつないでいます。

ゴールドコーストの交通機関はトラム、バスと電車の3つ。

トラムはここ2,3年の間に出来たばかりですが、地元の人、留学生、観光客、全ての人にとって、すでにゴールドコーストになくてはならない交通機関である気がします、、!

その土地の交通機関って、ライフスタイルの一つだと思います!ゴールドコーストならではの忙しなさがなく、のんびりした〜スローライフ〜にあった交通時間を皆様にもぜひ楽しんでもらいたいです♪

というわけで、今回はゴールドコーストのトラムがある生活についてご紹介します!

ほぼ毎日通学や通勤で使う時間、結構大事だと思うのです!

朝、学校に向かうとき行く途中でハッピーな気持ちになれたら、1日のいいスタートをきれたり、1日の終わりに癒される帰り道なら疲れも和らぎますよね。

ただ、こっちのバスは時間通りに来なかったり、郊外だとバス停が分かりにくかったり、次の駅がどこか教えてくれないのでぼーっとして落ち着く暇もなく、慣れるまでは大変、、、。

そこで、トラム!!!笑

トラムであれば、そんな心配はいらず、交通時間を楽しめます!

私はトラムの明るい雰囲気が好きです。日中は光が差し込むので、それもありますが、人間観察をしているとオーストラリア人ってやっぱり陽気で幸せそうだな、素敵だなー♡ってよく思います。

晴れの日の混んでいない昼間に乗ると、”このままずっとトラムに身を任せ、最終地点まで行ってしまいたいー!”とよく思います。いつもちゃんと降りますが、いつか時間が空いた時に、端から端までトラムの旅をしようと意気込んでいます!笑

☆☆トラムの良さといえば、何と言ってもサービスがわかりやすいところ!☆☆

トラムの乗車・下車ホームはこんな感じ。

駅名も大きく表示され、一目でどこかわかりますね。

電子時刻表が設定されているので、次のトラムが後何分でくるかもすぐわかります。

平日だと8分~15分毎に来るので、事前に時間をわざわざ調べなくてもいいですね。

乗るときは、ここに"go card"(日本のsuicaのようなもの)をかざします。

私はカードをかざすのを忘れてしまったり、無意識にかざして「かざしたかな?」とわからなくなったりすることがありますが、、、笑

そういうときはカードをもう一回かざすと、すでにかざしていた場合は「Already touched(もうかざしてるよー)」と教えてくれます。

"go card"を持っていない場合は、こちらの自動販売機で買うことができますよ!

"go card"をかざさなくても、ドアのボタンをおせば乗れちゃうんですが、毎日インスペクター(取り締まり人)が見回りをしています⚠︎

無賃乗車が見つかると罰金をとられることがあるので、必ず"go card"はタッチしましょう!!

乗ると、トラムの中に路線図が画面に表示されています。次の駅がどこか、自分が降りる駅まであと何分くらいかかるのか、確認できます。

私のようにぼーっとしていても「Next Stop is --- Station」や「This is --- Station」とアナウンスが流れるので、「あ、ここで降りる!」と思ってからでもすぐ降りられます(笑)

バスのようにどこで降りるかわからないからと気を張らなくていいんです!!

トラムから見える景色もステキですよ。

歩いてみたことがないところも、トラムから外を眺めて、「あ、こんなところにお店があるんだ」と思ったり、「ここの駅から近いビーチに今度行ってみたいな」と思ったりします。

<<<<トラムを利用する例>>>>

ブロードビーチサウス駅:"Pacific Fair"というクイーンズランド最大級のショッピングモールに。

サウスポート駅:アジアンスーパーで食材調達。

サーファーズパラダイス駅:ビーチでお散歩。

ヘレンズベール駅:"NightQuarter"というゴールドコーストのナイトマーケットへ。
ブリスベン行きの電車へ乗り継ぎに。

<トラム駅路線図>

住むところや通学ルートを決めるとき、遊びに行くとき、トラムで移動することを考えてみてはどうでしょう!

皆様がゴールドコーストの〜スローライフ〜を楽しめますように、、、☆

杉谷 茉由 / Mayu Sugitani

ゴールドコースト支店の杉谷茉由です。日本の高校にて国際バカロレア(IB)プログラムを受け資格を取得し、ブリスベンのThe University of Queenslandで3年間正規留学をしておりました。オーストラリアでの人と人との明るい接し方、多国籍であり、それを受け入れている環境に魅了されています。オーストラリアは初めてでも、日本人にとってはとても留学しやすく、生活に馴染みやすい留学先だと考えています。皆様にも人生で価値観のターニングポイントとなるような留学経験をしていただく為に寄り添ってお手伝いできたら幸いです。このカウンセラーに質問する