英語学習法 〜スピーキング編〜

こんにちは、メルボルン支店のみさです。

「読んだり、聞いたら分かるのに、自分の言葉として話せない。」これは誰もが感じる英語の壁ではないでしょうか?知っている文法や単語・フレーズを実際に会話の中で瞬時に使えるかというと、そうとは限りませんよね。

今回は私がスピーキング力を上げる練習の中で効果を実感できた方法をレベル別でお伝えします!
ライティング編はこちら


初級:「音読して暗記する」これは短期間で伸びを実感できた方法です。
私は単語帳に出てくる例文を使っていたのですが、最近は単語帳を使っている生徒さんは少ないのでしょうか?もし単語帳がなければ、暗記する文章は学校で使っている教科書やネット上の記事、スマホのアプリなどでも大丈夫です。ポイントは自分が日常の中で使えそうだなと思った文章を暗記すること。文に音声があればなお良し。

ステップ1
まずは用意した文を目で追いながら音読します。

ステップ2
次に文を見ずに音読してみます。
たった一文であってもこれが意外と難しい!ネイティブの音声があると発音を練習することもできます!文の中の強弱が分かるので英語のリズムを掴むという意味でも効果的ですよ。

ステップ3
後は繰り返し、暗記するのみ。最終的に映画の少しの長めのセリフや著名人のスピーチが暗記できると良いと思います。長さで言うと2.3分くらいのもの。感情を込めながら発声することを心がけることを忘れずに!^^


中上級:「シャドーイング」一度は聞いたことがあると思いますが、ネイティブスピーカーの少し後から影のように追って音読していく学習法です。
語学学校に行っていた頃やTOEICの勉強をしていた頃は、教科書や問題集のリスニングパートをシャドーイングに使っていました。自分のレベルに合った文法構造や単語が沢山なので、今使っている教材でシャドーイングすることをおすすめします!


ステップ1
スクリプトを見ながら、ネイティブの音声のすぐ後を追って音読する。

ステップ2
苦手な(スムーズに音読できない)文は、自分の可能なペースでゆっくり音読し、徐々にスピードを上げてみる。

ステップ3
ネイティブの音声と同じ速さで音読できるようになるまで、ひたすら繰り返す!
暗記の必要はないですが、口だけが動く空滑りにならないよう文の意味を理解しながら音読すると良いと思います。


〜学校も終わっちゃたという方〜
シャドーイングのおすすめアプリです。

6MinuteEnglish
1つのトピックについて2人のネイティブスピーカーがやり取りする様子を聞き取るもの。リスニングには良い速さだけと、話すには口が追いつかないという絶妙なスピード!知的なトピックも多く、知らなかったことを英語で学べる所も気に入ってます♪

VoiceTube
このアプリの特徴はYouTube の動画を見ながら勉強できるところ。自分の好きなジャンルを選んで(雑学、社会、暮らし、ビジネス、美容etc)、さらに興味のある動画を選べます。(WEBニュースの動画版のようなかんじ) アプリを開く前に、勉強するぞ!と気合いを入れなくて良くて、気軽に継続できるところがオススメ。今1番気に入ってます!


スピーキングが伸びないなぁと感じたら今日紹介したものを試してみて下さいね^^

ルーバリス 峰沙 / misar

もし、あなたが留学を検討されているのであれば、是非挑戦してみて下さい。色々な不安があるかもしれませんが、それ以上に素晴らしい出会いや経験が得られるはずです!そして、勇気を持って決断し、メルボルンを留学先として選んだ皆さんを現地からサポートできれば幸いです。都会と自然が上手く調和し、様々な文化が共存するメルボルンは、どこを切り取っても本当に美しいですよ!メルボルンでお待ちしております!このカウンセラーに質問する