週末・食の世界旅行!Eat Street Northshore

こんにちは!ブリスベン支店の芽衣です:)

今週も頑張ったね、ご褒美になんかおいしいもの食べたいね〜!

そんな週末はフェリーに乗ってEat Street Northshoreに行ってみてはいかがでしょうか♪一度じゃ楽しみ尽くせないっ。胃袋が5−6個あればいいのに‥と思うようなワクワクのごはんスポットご紹介します♡




EAT STREET Northshore


221D Macarthur Ave, Hamilton, Brisbane

▼Official Site

■開催日時:
毎週
金・土:4pm-10pm
日:12pm-8pm

■入場料:3ドル(現金のみ)
※終了1時間前を切ると入場料は無料になります。
※現金を持っていない場合会場内ATMでキャッシュアウトして支払うことができます。

■行き方:
フェリー(City Cat)に乗車The Northshore Hamilton Ferry Terminal下車、250m (所要時間約40分)


ブリスベンの特権、公共交通機関フェリーで行くのがおすすめです♪Eat Streetへ向かう道中もとても気持ちの良い航海ができますよ!

私が行った日は丁度日の入りの時間とフェリーの乗船時間がかぶり、空がピンクからオレンジのグラデーションカラーで包まれていて感動しました。日の入り時間に合わせて行くのも良いと思います♡


Eat Street Northshoreはどんなところ?

各国のフードが楽しめる70以上の出店、2つのライブ会場、オープンシアターが大きな敷地内にある夢のような場所。Eat Streetというか、Eat Paradaise/ Festivalという印象を受けるほど盛り上がっています。多くの人がおいしいごはんやスイーツを片手に(両手の人もいっぱいw)ワイワイ楽しくしている姿も満喫できます。

看板に様々な国の名前が書いてあり、見て回るだけで世界一周したような気分になれます。


どんな国の料理が食べられるのかというと‥



ドドーン!こんなに沢山の地域の食べ物を楽しむことができますよ♪オーストラリアは移民国家なので、ベトナムならベトナム人、インドならインド人、ハンガリーならハンガリー人‥とその国の本場の料理が食べられるのが嬉しいポイント。まだ食べたことのない国の料理にチャレンジすると楽しいと思います!

私のおすすめはLángos(ラーンゴシュ)というハンガリーのストリートフード。


以前ブログでも食べてご紹介していますが、おいしくて他の国のごはんをチャレンジすることなく再びラーンゴシュアタックしました。笑

▼土曜日の食材買い出しはここ!
マーケット探検Vol.1/ ニューファーム

日本食では、お好み焼き(Japanese Pizzaと訳されていました)、焼きそばが人気でした。OZ Special Yakisobaにはチキンとビーフがどっちも入った欲張り肉盛り仕様で、さすがオーストラリア‥!と笑ってしまいました。

また、調理している風景も間近で見られたり‥ライブ感があって注文している間も見ていると面白いです!


そしてデザートが集合しているエリアは、スイーツの遊園地や〜!と彦麻呂のごとく叫びそうになります。(へたくそ笑)


■平均予算:
ごはん:10−15ドル
スイーツ:5−15ドル
※ほとんどのお店でクレジットカード支払いができますが、一部現金のみ受け付けるお店もあります。


ライブが楽しめる!


大小ある2つのライブステージでは生演奏が楽しめます。※5-9.30PM
大きなステージ前では子どもたちも大はしゃぎで踊っていました♡かわいっ。

小さいステージではより奏者と距離が近いです!素晴らしいギターデュオの演奏を撮影していたら急に演奏を止めて最高のスマイルをくれました。びっくりw

どんなアーティストが来る事前にチェックもできますよ♪
ここからチェック!


小物も要チェック!


何店舗か雑貨屋やヘナタトゥーショップ(10ドル〜)も出店しているのですが、中東雑貨を置いているお店が特にかわいかったです。トルコから来たというおじさんが売っていた小皿、1枚8ドル(620円程)!お友達へのギフトに喜ばれそうです‥♡



これは40分で行く価値大アリです!沢山の友達と行けば、シェアして色んな味を楽しめます!フェリーで週末食の世界旅行、楽しんで行ってきてください:)

小林 芽衣 / Kobayashi Mei

「自分の人生なのだから、自分のやりたいことを後悔しないように一生懸命やろう。」
と心に決め、スクールアドバイザーとして勤務していた専門学校を思い切って辞め、友人と最初の目的地”アテネ”に飛ぶ、ということだけを決め、世界横断の旅にバックパックを背負い飛び出しました。

旅から戻りすぐさまオーストラリア、メルボルンへワーキングホリデーへ。
海外での生活は初めてでしたが、オーストラリアの人の温かさ、自然にときめき、メルボルンでは大好きなアートとコーヒーに囲まれ、毎日何をしようかとワクワクしながら過ごしていました。
ケンブリッジ検定試験に挑戦するため語学学校に通い、セカンドビザ取得のため多国籍な仲間たちと一緒にファームジョブも。その後オーストラリアを1周し、都市ごとの魅力に触れました。
2年という期間でオーストラリアは人生にとって大切なことを教えてくれました。

日本とは全く違う文化に触れ、毎日世界中から集まる人たちと生活する。笑い、驚き、悔しさ、感動がそこらじゅうに散らばっていて、その一つ一つがかけがえのないもののように感じました。
その中で一生懸命生活していくと、必ず自分の”意外な面”が見られるはずです。きっとその自分は”前より成長した自分”。
そんな自分を見てみませんか?

現在は東京から、再びオーストラリアへ戻り、新たな挑戦中です!
ブリスベン、TAFE Queensland(州立専門学校)にてアートを勉強しています。
私も留学生です!留学生の皆さんの気持ちに沿って、みなさんにも素敵な経験をしていただけるよう、実体験を踏まえつつ有用な情報をお伝えしていきます。

チャレンジしたいことに向かって一緒に頑張りましょう:)このカウンセラーに質問する