TimTamの正しい食べ方

TimTam(ティムタム)とはオーストラリアの国民的お菓子。

色々な味のクリームをクッキーで挟み、それをチョコレートでコーティングしている、THE・海外の甘いスナック。
味の種類も豊富で、今は日本の輸入食品屋さんとかでも手に入るみたいですね。
お土産の定番でもあります。

値段は通常価格で2.99ドル(つまり3ドル)ですが、よくスーパーで2ドルくらいまで値下がりしています。
(2大スーパーはWoolworthとColes)

さて、そのTimTamを本日お客様から差し入れでいただきました。
しかも3種類も!
IMG_1443
茶色:オリジナル、黄色:キャラメル、青:ダブルコート
※Yご夫妻、ありがとうございます!

このTimTam、普通の食べるのも美味しいですが、実は知られざる「オージー流」の食べ方があるのはご存知ですか?
今回は“How to eat TimTam in Aussie way(オージー流TimTamの食べ方)”をご紹介します!

1:TimTamと飲み物を用意
好きな味のTimTamを購入しましょう。(私はダブルコート一択)
食べる前に冷蔵庫または冷凍庫に入れて冷やしておいて下さい。
飲み物は暖かい紅茶、コーヒーなどを用意して下さい。アツアツで、あまり甘くないものがおすすめです。
IMG_1446

2:TimTamをちょこっと食べる
次に、TimTamの両端をちょこっとだけ食べます。
ここで勢い余って食べてしまうと次のステップで辛くなりますから、我慢して下さい。
IMG_1449
※実際私は欲張って両端をしっかり食べてしまいましたが、両角だけ食べるっていう方法もあるみたいです。

さて、次からはスピード勝負となります。
事前に読んでから、スピーディーに行って下さい。

3:TimTamをダーンプ!!!
TimTamの片方を、アツアツのドリンクにダーンプ!
といっても、勢いよく深く突っ込んではダメです。
写真のように、端っこだけそっと付けて下さい。
IMG_1450

4:一気に吸い込め!
3が終わったら、このTimTamをストローとして、ドリンクを吸い込みます!
slamming timtam1
※吸い込み中の写真を自撮りするのが困難のため、下記のブログから写真をお借りしました。
photo by In a Garden

すると、ドリンクがチョコレートを通り、口の中にほのかに甘い味が広がります。
そしてアツアツのドリンクがTimTamを溶かしていき、「ホット・ティムタムドリンク」と化します。

5:とろけるTimTam
しっかり冷やしておけば、外側のTimTamは溶けることはありません。
外は冷たく、中はとろける!新食感のTimTamをお楽しみ下さい♪

※見た目はあまり良くないため、写真は割愛。

この食べ方は、TimTam Slam(Tim Tam Slammer)と呼ばれて、オージー流の食べ方のようです。
といっても、私のオージーシェアメイトがこの食べ方をしているの見た事ないんですが、youtubeなどで検索すると、出るわ出るわ。
「ティムタムの食べ方(How to eat TimTam」で検索すると、大体この方法が出てきます。

きっと日本でいう、「えびせんべいに一味マヨネーズ」「じゃがりこサラダ味をお湯でふやかしてポテトサラダ風に」的なことなんでしょう!(あれ、私だけ?)

オーストラリアに来たら、ぜひTimTam Slam、やってみて下さい☆

Cody Slamming
by JacobEnos

関川 祐利弥 / Yuriya Sekikawa

オーストラリア、ゴールドコースト在住。豪政府公認留学カウンセラーPIER認定資格保持(QEAC登録番号:I094)。北海道出身。中高時代、海外の学園ドラマの影響を受け「私もあんな生活がしてみたい!」と16歳でアメリカへ交換留学。ところが現実は理想とは異なり、公共交通機関一切なしのド田舎でのサバイバル生活。1年後、人として、また体型もひと回り成長して帰国。その後、日本の大学を卒業。人材コンサルティング会社勤務を経て、留学業界へ転職。…をしたつもりが、勤務支店が本社に吸収され職を失う。しかしピンチの時には、過去の留学で培ったサバイバル精神が役立つもの。「これは、もう1度海外へ行けということか!」とポジティブ思考で南国オーストラリアへ。現在は、ビーチから徒歩3分のゴールドコースト支店で留学カウンセリングと現地サポートを行う。このカウンセラーに質問する