英語のレシピでうちごはん♪ 2

こんにちは!東京支店、Yumiです。

オーストラリアは人件費が高いので、外食や出来合いの料理は日本に比べて高い傾向にあり、留学中は自炊をすることが増えると思います。そんな時発生する"海外生活あるある"が、「自炊するのは日本食⇒材料が揃わない(ToT)⇒そうだっ!〇〇で代用しよう!」

超節約していたワーホリ前半。なかなか手に入らなかったのが薄切りのお肉。アジアングローサリーに行けば売っていたのですが、土地勘がなかった私にとってアジアングローサリーは遠かったし(今思えばそうでもない)、スーパーマーケットで買うお肉に比べて割高だったので、肉じゃがはひき肉、ナスと豚肉のしぎ焼きはベーコンなどで代用していました。

なぜこんなことを思い出したかというと、私は今日本で生活しているのですが、時々オーストラリアで食べていたものが恋しくなります。でも、反対にオーストラリアのものは売っていない・・(都市部に行けばPie Faceやbillsがありますが、近所のスーパーで買えるのはTim Tamくらい。)

だったら、オーストラリアのレシピで作ってみればいいのでは?

ということで、久しぶりに英語のレシピでうちごはん♪

オーストラリア滞在中お世話になっていたスーパーマーケットColesさんのレシピをチェックして作ってみることにしたのがこちら↓↓
Courtney Roulston's Aussie beef pie
そう、オーストラリア料理の王道”オージー・ビーフパイ”♡

まずは第一関門。材料が揃うのか!?

おっ!特に揃わなさそうな食材はなさ・・ん?ベジマイト・・はさすがにないぞ(ToT)

塩気のある植物性の発酵食品で、コクを出すために使うのか・・よし!味噌で代用してみよう。なんだか懐かしいこの感じ(*^^*)

お買い物完了!

料理手順も簡単そうですが・・おっと!これはトラップ。

調味料を図るのに使うテーブルスプーン(tbs)とティースプーン(tsp)。日本の大さじ・小さじと一緒の量だと思っていたのですが、オーストラリアではテーブルスプーンが20ml (大さじ1+1/3)、ティースプーンがテーブルスプーンの1/4なので5ml (小さじ1)だそうです。ちなみに北アメリカでは日本の大さじ・小さじと同じ量らしいです。

あっという間に出来上がりました\(^o^)/
レシピ作成者のCourtneyさんは「翌日のパイも美味しいから(2日目のカレー的な?)たくさん作るよ!」とおっしゃってましたが、流石に牛ミンチ1kgは多い・・なので、半分の量で作りましたが、味は再現できたと思います(^o^)オーストラリアにいる間も、好んでビーフパイを食べていたわけではないのですが、久しぶりに食べるとやっぱり美味しい♡家族にも好評でした♪

こちらのレシピは動画も含め日本からでも見られます。"英語の勉強に""オーストラリアを感じてモチベーションアップに"。英語の(オーストラリアの)レシピに挑戦してみるのも楽しいですよ。

また、自炊力は生活費節約のためだけでなく、健康のためだったり、友達を作るきっかけだったり、ホームシックを和らげたり・・留学において結構大事なスキルだったりするのですが、一朝一夕には身につかないので、留学前に楽しみながらスキルアップしておくのもおすすめです(ブリスベン支店林のブログ「自炊力を鍛えよう」)。

ちなみに、オーストラリアのパイ屋さんで私のおすすめはYatala Pie(ゴールドコースト・ブリスベン近郊)とBakery on O’Connell (アデレード)。
早くオーストラリアで美味しいビーフパイを頬張れる日が来るよう、今は自分にできることをしっかり頑張ろうと思います。

天ヶ瀬 有美 / Yumi Amagase

日本在住。ゴールドコースト6年、アデレード1年半、オーストラリア中央部半年滞在歴あり。会計業務担当。日本の大学で国際経済学を学んだ後、金融関係の会社に9年間勤務。趣味は旅行、散歩、カフェ巡り。働きながら短期留学を含め19カ国を訪問。職場にも恵まれ楽しい日々を送りながらも、幼い頃から抱いていた海外で生活してみたいという夢を捨てることができず、2012年オーストラリアへ。語学学校に通い、憧れていた大自然の中でのローカルの仕事を経験。翌年、このまま帰国することに物足りなさを感じ、再び語学学校へ。卒業時にIELTS6.5を取得し、サザンクロス大学の会計学修士課程(Master of Professional Accounting)へ進学。2015年11月、同大学を卒業し、現職。