風邪と薬

オーストラリアで冬に最もかかりやすい病気は・・・日本と同じ「風邪」です!

冬になると、薬局、スーパーには風邪薬が所狭しと並びます。風邪は喉からくるもの、お腹から、鼻から、と年によって様々ですが、今年はどうも喉から(?)のようです。
今年1度もひいてないので、このまま冬を越すか?と思いきや、妻が風邪をひいて治りかけた途端に自分にうつってしまいました。これ風邪あるあるですね。

オーストラリアでは風邪で病院に行くのか?

オーストラリアでは風邪をひいて病院に行っても、日本のように調合された薬を処方されることはほとんどなく、「Panadol (パナドール) 飲んで寝て」とか「ビタミンと水、あとはよく寝て」とかドクターに言われて処方箋無しで帰されるのが一般的です。

風邪くらいなら人間本来の「自然治癒力」で治るものだ(過剰な投薬は逆に患者に有害な場合が多い)とみなされているからなんですね。

まぁ、風邪は医者ができる治療はほとんどない、と言っているようなもんなんですが、それよりも風邪をひいた場合、職場や学校など人の多い場所に来ることは、他人にうつす危険性が高い無責任な行動として歓迎されません。もし、風邪にかかったら「治るまで家で休む」のが、オーストラリア流です。

とは言え、薬飲まないとシンドくて寝れないよ、というときもありますし、数日後に大事な予定を控えてたら、1日でも早く治したいですよね。

風邪をひいたら飲む薬は?

オーストラリアでスーパーでも買える基本の常備薬は「Panadol(パナドール)」と「Nurofen(ヌロフェン)」の2つですが、オージーはPanadol 派が多いような気がします。なんでも 「Panadol 飲んどけ!」って感じです。

Panadolは鎮痛剤のブランドの一つなんですが、成分はパラセタモール(アセトアミノフェン)を含んだ鎮痛剤です。日本だと頭痛薬のノーシンとかに含まれる成分ですね。
Nurofen(ヌロフェン) も鎮痛剤のブランドの一つで、成分はイブプロフェンを含んでいます。イブプロフェンは抗炎症作用が強いので、捻挫や打撲、歯痛、関節の痛みにもよく効きます。日本だとエスタックEVEとかです。

勘の良い方はお気づきかと思いますが、Panadol の成分パラセタモールと、Nurofen の成分イブプロフェンは、効果をもたらす成分が違うため、同時に服用しても問題ないらしく、実際に「早く効いて胃にやさしい」でおなじみのバファリンプレミアムは、パラセタモール(アセトアミノフェン)とイブプロフェンが1粒にそれぞれ同じ分量が含有(各130mg)されています。

ということは・・、Panadol と Nurofen の同時服用で バファリンと同じ効果が!と言いたいところですが、オーストラリアの薬は白人成人男性を目安に作られていますので、薬1粒の成分含有量は日本の薬の1.5〜2倍ほどありますので、安易に同時服用することはオススメしません。1粒がデカイ!(※薬は用法・用途を守って正しく使いましょう!)

そんな Panadol、または Nurofen を飲んでも、なんか効いてる感じがしない、、という時に自分が服用する薬をご紹介します。

いつも買う風邪薬

オーストラリア#1 Cold&Flu 薬と呼び声高い Codral Relief Max Strength. 錠剤のタイプは一錠500mg のパラセタモールが含有されていますが、こちらの粉薬はお湯に溶かすタイプで、なんと一袋にパラセタモール 1000mg ! 4桁台の含有量に一抹の不安を覚えますが、飲み口はレモン風味で非常に飲みやすい。

いつも買うのど飴

のど飴といえば、Strepsils をオススメする人も多いですが、個人的に自分は、今までいろんな喉飴を試してきた中で、この Anticol 以上ののど飴に出会ってません。常備品となっています。

留学・ワーホリ中は、できれば薬を飲むような機会は少なくしたいですが、不覚にも風邪を引いてしまった方、この記事を思い出していただければと思います。風邪真っ最中の方は早めに治しましょう!

※あまりにもツライ場合は、風邪やインフルエンザではないかもしれないので、病院に行ってください!

齋藤 新 / Arata Saito

オーストラリア、アデレード在住。豪政府公認留学カウンセラーPIER認定資格保持(QEAC登録番号:I009)。1999年、経済連を退社し、ニュージーランドに留学→2000年、ワーキングホリデーでオーストラリアへ。現地の旅行会社勤務などを経て、2002年より現職。クイーンズランド州、ニューサウスウェルズ州、南オーストラリア州の主要都市を移り住み、現在に至る。オーストラリア留学センターウェブサイトの管理人、留学カウンセリング、アデレード支店でのサポートと様々な形で留学生と接する日々。このカウンセラーに質問する