クリスマス・ランチ@TAFE SA

こんにちは!アデレード支店、Yumiです。

あっという間に12月も半ば。オーストラリアでもThe End of Year PartyやChristmas Partyなど日本の忘年会のようなイベントが目白押しの今日この頃。先週金曜日には来年度へ向けての情報アップデートを兼ねたクリスマスランチに招待されて、TAFE SAのリージェンシーキャンパスへ行ってきました。

TAFEとは州立の職業訓練専門学校です。開講されているそれぞれのコースにあった施設が必要なためキャンパスがいくつもあるのですが、リージェンシーキャンパスではフードサイエンス(食品)、ホスピタリティー(接客)、ツーリズム(観光)、オートモーティブ(自動車整備)、コミュニティサービス(福祉)などのコースが開講されています。

クリスマスランチはホスピタリティやフードサイエンスを学ぶ学生さんが実習を行うキャンパス内のレストランで開かれました。今回ももちろん、接客してくれるホールスタッフや調理するシェフは在校生です。
ホールではドリンクバー、ホールサービスにそれぞれ先生がついて指導されていましたが、ほとんど生徒さんが自主的に動いてサービスしていましたよ。
残念ながら調理室の方は見ることができなかったのですが、でてきたお料理はとても美味しかったです(*^_^*)メインとデザートの2コースはメインが5種類、デザートが3種類から選びます。もちろんベジタリアンオプションもあります。約50名のゲストからその場で注文を受けて調理するので、まさに実践的なトレーニングですよね。

焼き加減がGoodだった牛肉のステーキ。トマトの赤、ソースのグリーンが鮮やか。フライドポテトのようなものはポテトではなく、ポレンタというとうもろこしで作られたイタリア料理をアレンジしたものだそうです。
デザートはパンナコッタをチョイス。ぷるぷるの甘いパンナコッタと甘酸っぱいパッションフルーツゼリーの組み合わせが美味しかったです♡
斎藤が選んだ桃のタルトも美味しそうでした(*^_^*)
実はこちらのレストラン、予約をすれば一般の方も利用することができます。この日も私達以外にクリスマスパーティーをやっている10人ほどの地元の方のグループと窓際で静かに食事を楽しんでいる年配のご夫婦がいらっしゃいました。

市中のレストランに比べるとリーズナブルなので、将来TAFE SAでホスピタリティを学んでみたいなと思う方は見学ついでに行ってみてもいいと思います。ワーホリで節約中だけど記念日くらいちょっと豪華なランチを食べたい!という方にもいいかもしれませんね

実践しながら職業技術を習得できるのがTAFEの強み。TAFE SAで学んでみたい方はこちらのお問合わせフォームから気軽にご相談くださいね!

天ヶ瀬 有美 / Yumi Amagase

日本在住。オーストラリアではゴールドコーストに6年、アデレードに1年半、オーストラリア中央部に半年滞在していました。

会計業務担当。日本の大学で経済学部を卒業後、金融関係の会社に9年間勤務。職場にも恵まれ楽しい日々を送りながらも、幼い頃から抱いていた海外で生活してみたいという夢を捨てることができず、2012年ワーキングホリデーで渡豪。「1年しかないなら、日本ではやらないこと・できないことをやろう」と大自然の中でのローカルの仕事を経験。翌年、就職活動で英語力を証明するためにIELTSを学びに語学学校へ。卒業時にIELTS6.5を取得。もっと上を目指したいとサザンクロス大学の会計学修士課程(Master of Professional Accounting)へ進学。2015年11月、同大学を卒業し、現職。

趣味は旅行、散歩、カフェ巡り。これまでに20カ国を訪問。オーストラリアでもたくさんの都市に出かけました。オーストラリアで出会ったコーヒーも大好きです。