西オーストラリア州、1,000キロの自転車の旅〜出発編〜

パースのある西オーストラリア州はオーストラリアの約3分の一を占める広大な大地を有する西海岸の州です。パースより北にはゴージと呼ばれる渓谷があり、パースより南にはパース近郊には無い背の高い木々が生い茂る森や丘が続きます。

そんな広大な西オーストラリア州を体感できるのが、パースとパース南方の街、Albany(アルバニー)の山中の小道を自転車で走るMunda Biddi Trail。直線距離だと414キロですがMunda Biddi Trailは約1,000キロ!アボリジニの言葉で「森の中の小道」というムンダ・ビディ・トレイルの魅力をご紹介します!


アルバニーはパースから南にまっすぐ南下するとたどり着く街。



Munda Biddi Trailの旅には、パースから出発してアルバニーに向かうか、アルバニーまで長距離バスで行きパースに自転車で戻ってくる方法があります(もちろんパース〜アルバニー間を自転車で往復してもいいですが!)

今回は後者をご案内。パースからアルバニー行きの長距離バスはEast Perth駅にあるTranswaというバスターミナルから発着しています。

このターミナルは陸路の長旅を感じさせてくれる雰囲気で、空港のような喧騒はなく、みんな静かにバスの出発を待っています。ちなみにここは、シドニーまでの長距離列車、Indian Pacificの発着駅でもあります。(パースからシドニーまではインディアン・パシフィックで3日かかります。オーストラリアは広い!)


アルバニーまでは2種類のルートがあり、ひたすらまっすぐ走る6時間のルートと、景色の良い遠回り8時間ルート。

どちらも長距離バスに積める自転車は2台のみ。早めの予約が必要です。


ちなみに、Munda Biddi Trailを何日かかって旅をするかは、1日の走行距離にもより、個人個人で異なりますが、だいたい2週間半前後が目安のようです。その期間の全部の荷物はこれ。宿泊も小さな街のバックパッカーズということもあれば、キャンプすることもあるのでテント持参です。


長距離バスに揺られ、アルバニーに到着。アルバニーは南に位置しているため、パースより気温が2〜3度低め。冬の時期の旅は雨も多くおすすめできません。


アルバニーではバックパッカーズに宿泊し、長旅の疲れを癒します。


ちなみにバックパッカーズの中庭はこんな感じだそう。可愛いですね。


翌日からは、携帯も繋がらないエリアがあったり、舗装されていない道を行く自転車の旅の始まり。まずはゆっくり休むことが最優先!おやすみなさい。


※こちらは実際に旅をした方の体験を元に書いており、旅の楽しみ方は個人個人で異なります。ご了承下さい。
















早川 真由 / Mayu Hayakawa

オーストラリア、パース在住。豪政府公認留学カウンセラーPIER認定資格保持(QEAC登録番号:I005)。オーストラリアにワーキングホリデーで渡航したのが、私の初めての留学でした。そこで感じたことは「留学は生活」。留学には、短期の観光とは違う「日々の生活」があります。一人で海外生活をすることは、初めての日本での一人暮らしを数倍タフにした感じ。日本を出発する前は分からなかったけれど、最初の一年で最も学んだことは「ライフスキル」だったかもしれません。でも、このライフスキルは人生においてどんなに役立つことでしょう。留学の醍醐味は、勉強だけでなく、自分の人生を強く、豊かにしてくれるところにもあります。

留学はチャレンジを止めたらおしまいです。学校に通って勉強するだけなら誰にでもできます。でも「勉強プラス何ができるだろう」と考え、積極的に行動することで、人と違う経験ができるチャンスがあるのです。いつもフレッシュなチャレンジ精神を持って、考えて行動する留学生活を送れば、きっとFruitfulな結果が待っていることでしょう。このカウンセラーに質問する