新しいプレイリストを探して

多くの方が自宅でお仕事/勉強をしたり、空いてる時間もお出かけをせず家で過ごすことが増えていると思います。そんな時に欠かせないのが「BGM(音楽)」ではないでしょうか。

私は仕事をする時、何らかのBGMをかけています。(これは自宅でもオフィスでも一緒です)大体Spotifyのプレイリストから、その時の気分に合わせて選んでいます。

最近は外に出られない反動で旅行熱がすごいのか、「Parsian Cafe(パリのカフェ)」とか「New York Jazz Lounge」とか、海外を連想する音楽が多し。あとは映画LaLa landのサウンドトラックを今更ヘビロテ中です。(これもLAのイメージだから・・・やっぱり外に出たい症候群?)

また通勤や買い物など移動中の車ではいつもラジオを聞いていたのですが、今は外に出ずラジオを聞く機会がなくなってしまったので、日によってラジオをかけたりもしています。

私はRadio appで聴いています。

ただ、お気に入りのプレイリストやラジオ局って決まってしまうので、最近はちょっとマンネリ気味。(ラジオも、結構同じ曲ばかりかかるんでね・・・)なんか良いプレイリストないかな〜と探していたら、なんと、グリフィス大学の付属語学学校(GELI)が、学生向けにプレイリストを作っているのを発見。

GELI at HOME

世界中から集まるGELIの学生さんが、お気に入りの楽曲を追加して出来たプレイリストのようですが、良い!!最新の有名な曲ばかりなのかな〜と思ったら、結構色々なジャンルの音楽も入っています。

音楽好きの人は、今の留学生がどんな音楽を聴いているかをチェックしておくと、現地に来た時に会話のネタになるかもしれませんね☆

関川 祐利弥 / Yuriya Sekikawa

オーストラリア、ゴールドコースト在住。豪政府公認留学カウンセラーPIER認定資格保持(QEAC登録番号:I094)。北海道出身。中高時代、海外の学園ドラマの影響を受け「私もあんな生活がしてみたい!」と16歳でアメリカへ交換留学。ところが現実は理想とは異なり、公共交通機関一切なしのド田舎でのサバイバル生活。1年後、人として、また体型もひと回り成長して帰国。その後、日本の大学を卒業。人材コンサルティング会社勤務を経て、留学業界へ転職。…をしたつもりが、勤務支店が本社に吸収され職を失う。しかしピンチの時には、過去の留学で培ったサバイバル精神が役立つもの。「これは、もう1度海外へ行けということか!」とポジティブ思考で南国オーストラリアへ。現在は、ビーチから徒歩3分のゴールドコースト支店で留学カウンセリングと現地サポートを行う。このカウンセラーに質問する