アデレード・ボタニックガーデンに行ってきた!

こんにちは!アデレード支店、Yumiです。

バラの街とも呼ばれるアデレードでは、今ちょうどバラの季節です。国内一の数を誇るバラ園だけでなく、キレイに手入れされたバラが庭先を飾っている家も多く、通勤中にバスから眺める景色も色鮮やかです。

バラの品種は4万種を超えると言われます。中には都市の名前がついたバラもあるそうなのですが、オーストラリアの都市で初めてバラの名前になったのがアデレードだそうです。その名もCity of Adelaide Rose。アデレード市の北側にあるアデレード・ボタニックガーデンにそのバラがあるということで10月末に見に行ってきました。
125エーカーの広さ(東京ドーム11個分)の園内には様々な気候帯に生息する植物が植えられており、その中にはオーストラリア最古の温室もあります。あまりに広いので、今回はバラ園だけ行こうとでかけたのですが、バラ園に向かって歩いていると、なんだか行列ができている建物があります。
何か分からなかったのですが、ミーハーな私はとりあえず並んでみます。少し進むと「The Corpse Flowerの開花はこちら」の看板。なんだろう?とりあえず、グーグル先生に聞いてみる…ふむふむ。

Corpse Flower(死体花)とは、一説によると世界最大の花で、その強烈な悪臭からそう呼ばれるが、別名はTaitan Arum(日本名:ショクダイオオコンニャク)。スマトラ島にしか原生していない。その開花周期は早くても2年に一度でいつ咲くか分からず、しかも2日間しか咲かない。

つまり、超レアなチャンスに遭遇したわけです。後で調べてみると前回が2016年2月1日。2年9ヶ月振りの開花だったようです。実際にCorpse Flowerを見るまでに20分ほど並びましたが、その間も温室内の植物を眺めたり、ボランティアガイドの方の説明を聞いたり楽しめました。

そしていよいよCorpse Flowerとご対面。確かに大きいです。見た目はなんだかトウモロコシ?強烈な悪臭がするということでしたが、匂いはあまり感じませんでした。鼻詰まりかな?でも、他の人も「オウェ~」とか「臭っ!」とか言っている人はいなかったので、そんなに強烈な匂いではなかったかと思います。ただ、近くによって匂いを嗅ごうとしている人には係員の方が「直接ではなく、手で空気を仰いで嗅ぐよう」指導していました。
いよいよお目当てのバラ園へ。広い敷地内に赤、黄色、白、ピンク、オレンジ、紫…様々な色のバラが咲いていました。毎年品評会も開かれているようで、その入賞作品のバラもありました。
私のお気に入りはこのピンクがかったオレンジのバラ。
さて、お目当てのCity of Adelaide Roseはどこかしら?園内をくまなく歩いてようやく見つけました!株は小さいですが、ピンク色のかわいいバラです。
まだまだ広い園内はまわれていないし、四季折々いろいろな植物が楽しめるようなので、また行ってみたいと思います。一部の品種は開花のピークを越えているようですが、バラの季節ももう少し続くようなので、みなさんもお天気のいい日に散歩に行ってみてはどうですか?

アデレード・ボタニックガーデンはノース・テラスからすぐのところにあり、入場料無料です。

天ヶ瀬 有美 / Yumi Amagase

オーストラリア、アデレード在住。会計業務担当。日本の大学で国際経済学を学んだ後、金融関係の会社に9年間勤務。趣味は旅行、散歩、カフェ巡り。働きながら短期留学を含め19カ国を訪問。職場にも恵まれ楽しい日々を送りながらも、幼い頃から抱いていた海外で生活してみたいという夢を捨てることができず、2012年オーストラリアへ。語学学校に通い、憧れていた大自然の中でのローカルの仕事を経験。翌年、このまま帰国することに物足りなさを感じ、再び語学学校へ。卒業時にIELTS6.5を取得し、サザンクロス大学の会計学修士課程(Master of Professional Accounting)へ進学。2015年11月、同大学を卒業し、現職。