好きなことから広がるわ・ワ・輪!

9月12日〜16日まで、2018 ITU WORLD TRIATHLON GRAND FINAL GOLD COASTと呼ばれる、トライアスロンのイベントがゴールドコーストのサウスポートで行われていました。

このイベントは、プロ選手のシリーズ最終戦。ジュニア、U23、パラアスリート、エリートアスリート、そしてエイジグループ選手の世界選手権でもあります。

一応世界選手権!ということで、私もJAPANのユニフォームを着て、日の丸をつけて参加してきました。この期間、ゴールドコーストはトライアスリートだらけ。日本からだけでも、110人の選手が参加し、やはり一番は開催国オーストラリア。約1000人の選手が参加しました。

Parade of Nationsというのもあり、各国ごとに行進。簡単なものですが、国ごとに紹介され、その後オープニングセレモニー。
私は、この時日本チームに誰もお友達がおらず笑。翌日お友達が日本から到着予定だったのですが、なぜか誰にも話しかけられず・・チームメイトのいるオーストラリア選手と入場行進。

この週のゴールドコーストのお天気は、the クイーンズランドというお天気!365日中300日間は晴れというゴールドコーストにふさわしく、毎日いいお天気でした。朝晩は風が強く少し寒いかな・・ということもありましたが、日中は素敵な青空でした!

team JAPANでもミーティング。日本人らしく、しっかりとレース中のルールは守りましょう!こういう時の日本人の団結力ってすごいなと感じた瞬間でした。

レースは16日の日曜日。ちょっと肌寒かったけれど、朝から気持ちがいいお天気でした。スイムスタートは、ラブラドールというエリアだっため、スタートまで1.5km歩く必要がありました。レースまでの調整がいつもうまく出来ない私は、この日も慌ててウェットスーツを着て、ギリギリにスタート地点に笑。

当たり前ですが周りの選手は私よりずーーーーーっと大きくて(私154cm)、自分が小さいことを再認識。通常のエイジグループレースと比較をすると、みんな身体が引き締まっていて、速い。そんな環境でのレースはとっても楽しく、チームメイトもブリスベンから応援に来てくれたことで、レース中笑っていました・・・!
(ちょうどチームメイトの応援を聞いた後の写真・・)

ランに入ると、チームテントから応援してくれる仲間がいて、そりゃ笑顔にもなります!ランの2週目は辛くて、こんな笑顔にはなれませんでしたが笑。

とっても楽しかった2時間15分。練習頑張って良かった!レースが終わってほしくない、もう一度レースをしたい、そんな時間でした。しかし!私のゴールの写真、どこを探してもないのです・・涙。理由は・・ここに書きませんが、気になる方は私まで直接お尋ね下さい!

私の大好きなトライアスロンチームのチームメイト。オーストラリア、メキシコ、ベルギー、オランダ、ポーランド、日本代表としてレースに参加。冬の期間トレーニングを頑張ることが出来たのは、彼らのおかげ。

トライアスロンを始めて2年4ヶ月。モチベーションの高いチームメイト、自分を高めてくれるコーチに出会い、トライアスロンが好きになりました。トライアスロンが好きになったことで、この世界選手権を目指そう!と去年の4月決めました。そこから一生懸命練習し、日本でのレースでお友達が出来て、今回一緒に滞在をすることになりました。

そして、世界選手権を通してさらに日本の素敵なアスリート、アスリートの奥さんと出会うことも出来ました。レース後はサーフィンをしたり、ランニングをしたり、カランビン野鳥園に行ったり、、、

トライアスロンを始めたことで、笑う数が増え、自分の居場所が出来て、さらに色々な出会いを経験することが出来るようになりました。この出会い、さらに広げられそうな気がします!!

また次の目標に向かって、頑張っていきたいと思いますー!

現地コミュニティーに挑戦してみてくださいね!・・というお話を毎週オリエンテーションでしています。一つ何か始めることで、色んなワが広がっていきますよ☆

常盤 恵 / Megumi Tokiwa

オーストラリア、ブリスベン在住。豪政府公認留学カウンセラーPIER認定資格保持(QEAC登録番号:J249)。小学校の特別支援学級の担任を経て、オーストラリアに留学。シドニー到着後、自転車人口の多さに驚き、ロードバイクデビュー。その後、ワーキングホリデーで再渡航し、留学代理店で働き始める。留学サポート業務の魅力に出会い、2014年7月から現職。ブリスベン支店より留学カウンセリングと現地サポートを行う。
2016年からはトライアスロンを始め、ローカルチームに加入し毎朝5時15分からの練習に参加のため、早寝早起きの毎日。目標は高く日々トレーニング中です!このカウンセラーに質問する