海だけじゃない!ゴールドコーストは山もステキ

ゴールドコーストといえば、海!
サーファー達は冬も寒いも関係なく、一年中海にいますが、正直やっぱりまだ寒い!!笑

”海に入るのは少し早いけど、リフレッシュしたい!”
”毎週、海に行っててちょっと飽きてきちゃったかも、、、”

そんな方は、真夏に戻る前に、山に行きましょう!
少し涼しい方が山を探索するにはちょうど良くて、気持ちが良いですよ。

サーファーズ・パラダイスから、車で約50分のところにある、
Tamborine Mountain(タンボリーン・マウンテン)
と言っても、車を持っている学生は少ないはず。
私も車を持っていないので、今回利用したのは、こちらのシャトルバス↓↓
https://www.thunderbirdpark.com/shuttle-bus

お家まで迎えに来てくれましたが、とても気さくなおじさんで、着くまでに色んな話をしてくれて(おじさんの大学時代の武勇伝まで笑)到着地点まで山を登っていく途中もガイドしてくれました!
目的地に辿り着くまでも、旅の醍醐味と言いますから、こういう出会いは嬉しいですよね^^
シャトルバスに乗った際は、ドライバーさんとたくさんお話しましょう!英語を使う良い練習にもなりますよ。

朝から、まず向かったのは、Thunder Bird Parkです。
乗馬、ブッシュウォーク、アスレチックなど山のアクティビティが楽しめます。

今回は乗馬をやりましたが、初心者向けの、のんびりとしたコースでした。
乗る前にちゃんと指導してくれます。
この日は少し小雨でしたが、土砂降りでない限り、乗馬はできるそうです。
お馬さん、泥道の歩きにくいなか、頑張ってくれました…!
乗馬で山を周り、途中で見かけたアスレチック(TreeTop Challenge)に次回は挑戦してみたくなりました!

Thunder Bird Parkで軽くランチを済ませ、そこから下るとGallery Walkがあります。
ローカルの人がやっているお店が立ち並んでいます。
建物や看板はヴィンテージのデザインがきいていて、可愛らしかったです。
私が行った日は霧が濃くて、少し幻想的な雰囲気でした(おとぎ話に出てきそうな感じ!少しワクワク)

お店に並ぶアイテムもローカル産、ハンドメイドのものがほとんどです。
ラッピングも丁寧で、プレゼントにも喜ばれそう!
<手作りキャンドルがたくさんありました>

<立ち寄ったカフェで友達とアフタヌーンティー>
カフェのオーナーさんと話をしてみると、彼女がイギリスからオーストラリアに来たのは30年くらい前で、それからずっとTamborine Mountainで暮らしているとか。
こじんまりとした街はローカルの人に愛されているんだなーと感じました。

アンティーク調のお店もそれぞれ中を覗いてみると、どこも温かさがあって、居心地が良かったです。

最近は小さい街の魅力に惹きつけられるばかりです…!
長期で滞在される方は、ぜひローカルの人に愛される街やコミュニティを探してみてくださいね!

杉谷 茉由 / Mayu Sugitani

ゴールドコースト支店の杉谷茉由です。日本の高校にて国際バカロレア(IB)プログラムを受け資格を取得し、ブリスベンのThe University of Queenslandで3年間正規留学をしておりました。オーストラリアでの人と人との明るい接し方、多国籍であり、それを受け入れている環境に魅了されています。オーストラリアは初めてでも、日本人にとってはとても留学しやすく、生活に馴染みやすい留学先だと考えています。皆様にも人生で価値観のターニングポイントとなるような留学経験をしていただく為に寄り添ってお手伝いできたら幸いです。このカウンセラーに質問する