節約術の一つ 〜OPショップ〜

メルボルンもやっと暖かくなってきたので、『夏服欲しいなぁ。。。でも節約もしたい!』という方にオススメなのが、オプショップ(OP Shop)と呼ばれるチャリティ、リサイクルショップ。オーストラリアのセカンドハンドショップです。

Opportunity Shopの略で必要なくなったものをその店に持っていくと、ボランティアの人たちがそれをお店で売ってくれて、それで得たお金が寄付されるという社会貢献ができるシステム!!
今回はセントキルダにある100年の歴史をもつ教会でやってるSacred Heart Mission OP Shopに行ってきました。



早速入り口から50セントで売られている本を発見!!


OPオプショップの利点は買う方は安く手に入れれること!というのも、経済的に恵まれない人たちが低価格で生活用品を入手できるようにするというのも目的の1つにある様です。
中に入ると衣類、カバン、靴、電気器具、アクセサリー、レコード、CD、DVD、家庭用品、本、子ども用品などなど沢山の物が売られていました。


買い物好きな私は見てるだけでも楽しめました!もちろん試着室もちゃんとあったので、気になる服があれば試着も可能ですよ。

ちなみに私が今回OPショップで買ったのはオーストラリア人が子供の頃に両親に読んでもらってたという本!
(夏服を買うつもりが結局違うものを買ってしまうという、買い物あるある。。笑)
イソップ童話の話が入っていたり、短い話から少し長めの話が入っているので、寝る前に一話を目処に英語の勉強の為に読んでます。

節約したい方はもちろん、ヴィンテージの掘り出し物もあるので、色々なOP Shopをまわってみるのもいいですね。私もまた違うお店も行ってみたくなりました!

ボランティアに興味ある方はOPショップ内での販売ボランティアやガーデニングのアシストのボランティアなどもあるので、一度webサイトをチェックしてみて下さいね!

杢内 友美 / Tomomi Mokuuchi

オーストラリアに初めてきたのは大学4年生の時です。当時は3週間しか滞在出来なかった為、2016年12月末メルボルンにワーキングホリデーで再渡豪。
現在は学生ビザに切り替え、マッサージの勉強をしています。

留学は自分の可能性を広げたり、自分の人生を考える時間が出来るいい機会です。
メルボルンはお洒落なカフェやバーも多く、昼も夜も楽しめる素敵な街なので、勉強に遊びに充実した毎日が過ごせると思います。
そのお手伝いをメルボルン支店でできたら嬉しいです。このカウンセラーに質問する