ランニングをして感じるその街の良さ!

先日、両親がオーストラリアに旅行で来ていたので、両親の旅行にくっついて私もお休みを頂いていました。

毎日トライアスロントレーニングをしている私ですが、3月にとても大事な大会が2つ・・。全く動かないのは嫌だなーと思ったので、取り敢えずランニングは続けることに!

我ながらこの判断は大正解でした♪ランニングを通して訪れた街の良さを感じることが出来ましたので、皆さんにもご紹介をしたいと思います★
①Bicheno
まずはタスマニアにある小さな町Bicheno。ホバートから北東に車で約2時間半の場所。写真はないですが、羊さんがいる横を走っていました。(ただ、車道の隅っこは、少々ガタガタ・・)
下の写真は、Diamond Islandと呼ばれるところから。引き潮の際は、上の写真⑧番のあたりから歩いていくことが可能です。
②Hobart
ホバートでは、シティの海側沿いをひたすらランニング。サマータイムのあるタスマニア。クイーンズランド州と違い、18時でも明るい!

走るのであれば朝派の私ですが、ホバートでは夕方ラン。
私が滞在した時は日中は暖かくても朝は少し寒かったので、夕方ランはとても気持ちよく走ることが出来ましたよ!
③Appollo bay
メルボルン、グレートオーシャンロードの途中にあるAppollo Bayと呼ばれるエリアにも宿泊しました。

宿泊をしたのは海岸線沿いではなく、少し山奥に入ったところ。帰りは楽をしたい!と思ったため、行きは上り、帰りは下りの山登りランを決行・・。

あまり車は通らないエリアでしたが、80キロ制限のエリアでしたので、車がかなりのスピードで走る横でのランニング^^;

Appollo Bayの町はレストランやお店がある少し栄えた場所になるので、海岸線沿いは走りやすいかと思います!
危ないな・・と思いながらのランニングでしたが、頑張って25分掛けて坂道を登ったら、とっても綺麗な景色が待っていたので、大満足でした♪
④Melbourne
メルボルン市内でも、ヤラ川沿いをランニングをしてきましたよ。メルボルンは、市内の有名な場所を見ながらランニングが出来る面白い都市。
(写真は、心優しい見知らぬサラリーマンが撮影してくださいました)

メルボルン市内で走るのであれば、CrownやSEA LIFE Melbourne Aquarium、レストランが揃うエリアではなく、Alexandra Avenueを川沿いに走る方が、信号にぶつからずに走ることが出来ます!(自分が走ったのは、まさしく信号にぶつかるエリア。。)

Crwon側を走った際は、走りながら観光気分。Alexandra Avenueの反対側は、テニスの全豪OPEN会場であるMelbourne Parkです。
(写真右側がAlexandra Avenue、写真奥がMelbourne Park)

曇りなのが残念でしたが、ヤラ川には沢山のレガッタがいる!メルボルン市内近郊でトレーニングされる方は、少し朝は遅め?等と感じることが出来た、楽しい時間でした。

⑤Gold Coast
私が心から気持ちが良い!と感じたのは、Gold Coastでのランニング。出不精なあなたを必ず、エネルギッシュにしてくれること間違いない!そう感じたランニング。
観光地のため、朝早くからビーチでウォーキングをしている方も見かけますが、もちろん地元の方も走っておりました!(Southportのランニングチーム、シングレットを着ている集団を見かけました)

私が走ったのは、サーファーズパラダイスからラブラドールというエリアに入った地点の往復。全てがビーチ沿いランではないですが、ほぼ海を眺めながらのランニング。
これはブリスベンで出来ないことなので、とっても気持ちが良かったですし、4月開催コモンウェルスゲームズの水泳会場になるGold Coast Aquatic Centreの横も通過。

とても良いお天気の中走ることが出来たので、本当にゴールドコーストでのランニングは最高でした☆

旅行に行くと予定を詰めすぎることもあるかもしれませんが、オーストラリアでラウンドを予定されている方や短い旅行でも、ちょっとその街を走るだけで、少し遠くまで足を運ぶことが出来ます。

ランニングが趣味の方は、旅行先でも是非走ってみて欲しいなと思います!!!

ただ歩くだけでは、行かない場所も行けるかも?!しれません^^

常盤 恵 / Megumi Tokiwa

オーストラリア、ブリスベン在住。豪政府公認留学カウンセラーPIER認定資格保持(QEAC登録番号:J249)。小学校の特別支援学級の担任を経て、オーストラリアに留学。シドニー到着後、自転車人口の多さに驚き、ロードバイクデビュー。その後、ワーキングホリデーで再渡航し、留学代理店で働き始める。留学サポート業務の魅力に出会い、2014年7月から現職。ブリスベン支店より留学カウンセリングと現地サポートを行う。
2016年からはトライアスロンを始め、ローカルチームに加入し毎朝5時15分からの練習に参加のため、早寝早起きの毎日。目標は高く日々トレーニング中です!このカウンセラーに質問する