ニューカッスルに住んでみる?

先日、TAFEの視察でニューカッスルへ行ってきました。NSW州に留学を考える生徒さんのほとんどはシドニーもしくはシドニー周辺のマンリー、ボンダイに住まれるのですが、実はNSW州はもう少し離れるとのどかで留学生の少ない都市(小さな町ではありませんよ!)があるのです。その一つとして挙げられるのがニューカッスル。NSW州第二の都市です。

_4910968_LR                                                           
ニューカッスルはシドニーセントラルから電車で3時間弱。中間ににセントラルコーストエリアなどのリゾート地もありますので、通常の生活では自然もお店やレストランなども困ることはないけれども、気分を変えたい場合は気軽にセントラルコーストやシドニーにも行ける距離です。



ニューカッスルの街中は、中心地のワンブロックに全てが集まっていると言う感じではなく、Hamilton駅からニューカッスルビーチの周辺まで広範囲に、お店やレストランが点在しています。生活をしてみるとなると重要なのは街の環境と衣食住!このあたりについてTAFEのスタッフにいろいろと聞いてみました。

Urban reflections
by dicktay2000

■環境について
ニューカッスルと言えば綺麗なビーチ。ポストカードにもよく使われるノビーズビーチ。そして海外沿いに南に下っていくと、クジラやイルカが見れる事もあるニューカッスルビーチ。そのまま南に下ると海が一望できるシェパードヒルを超えてバービーチまで、綺麗で整備された海が続きます。どれもシティ中心部からバスで気軽に行ける距離です。
電車の駅周辺やハーバーの周辺は開発が進んでおりお店が多いですが、シティから南に進むとすぐに住宅地になります。キングストリートより南は住宅地になっているので、住まいと学校や職場が近く本当に移動がしやすい都市です。

_6961519_LR20130807_130643 (1)20130807_152749Beach_2b[1]

シティ中心部はフリーバスも通っています。



シビック駅周辺には、タウンホール、州立図書館、市庁舎などが集まり大きな公園もあって憩いの場となっています。

20130807_16330720130807_16392520130807_16404420130807_16433020130807_16464520130807_164934

また、最近ニューカッスル大学の校舎が一部シティに移転して来た事もあり、少しずつこの周辺の環境も変わって来たそうです。

20130807_16415620130807_164254

■レストラン/ショッピング
まず第一に名前が挙げられるのがDarby Street。ここはオシャレなカフェやレストランなどが集まるストリートです。ちょっと小洒落たタイレストランが多いようです。その他夜みんなでご飯に行く時はHunter Street、ニューカッスルビーチ周辺、そしてHamilton駅の裏も開発でレストランが増えており人気だそうです。もちろんこの辺りでアルバイトをしている生徒さんも多いとの事でした。
また、ニューカッスルは音楽で有名な街。オーストラリアでもミュージシャンの出身地が多い事で有名な場所です。平日はお家で過ごす生徒さんたちも週末の夜は遊びに出かけるようですが、その時はライブミュージックを聴きにいくと言う選択肢もあるそうです。



お買い物もシドニーのシティの様にCBDの真ん中にショッピングモールがあると言うのとは違い、平屋立ての中規模ショッピングセンターが途中途中にあります。また、大きなショッピングセンターもシティからバスで行ける距離にありますので、特に生活で困る事はないとの事。学校スタッフの方もおっしゃっていましたが、何と言っても人がシドニーほど多くなく渋滞もほぼないですし、いろいろな面で生活がスムーズだとおっしゃっていました。

20130807_153623

■仕事・住まい・治安
アルバイトに関しては、シドニーなどに比べると英語の必要性はありますが、周辺のレストランで働いている留学生が多いとの事。キッチンハンドやクリーナーなども人気で、これらも含めれば多くの生徒さんがお仕事を見つけられているようです。
アコモデーションは多くの方がシェアアコモデーションで見つける事が出来るとの事で、平均的にはシティ中心地からおよそ30分以内の場所に住んでいて、オウンルームで週130〜150ドルくらいで見つけられるようです。学生同士で住んでいる方も多いようですね。
治安は特別に悪くはないですが、エリアによっては注意するエリアがある事、夜は一人で歩かない事、など他都市と変わらないとの事でした。シドニーから行った私としては、やはり夕方になると街を歩いている人が減ってくるので一人歩きだけは気をつけてもらうと良いなと思います。


ニューカッスルの雰囲気としては、シドニーのボンダイビーチに似ています。サウスヘッドから綺麗な海が続いているところ、周辺が坂である事。ただ、ボンダイビーチには留学生やツーリストも多いのに比べ、ニューカッスルは圧倒的にオージーが多いところが異なります。また街のサイズはハンディでどこに行くにも気軽に行ける大きさです。シティやビーチにアジア人は見かけますが、それほど多くありません。普段も街で他言語を聞く事はほとんどないそうです。

とにかく高い建物があまりなく自然がとても近いニューカッスル。必要なものは何でも揃いますし、カフェやレストランは十分ありますが、現在再開発しているところなので、変化が楽しみな部分もあります。
留学生も少ない為必然的に英語環境になるので、思い切って住んでみるには良い街だと思いますよ。

鐵見 尚美 / Naomi Tetsumi

オーストラリア、シドニー在住。豪政府公認留学カウンセラーPIER認定資格保持(QEAC登録番号:G176)。20代半ば、ワーキングホリデーでオーストラリアに。アデレード、パース、シドニーなどに滞在しながらラウンドする。しかし、思うほど英語力がつかなかったことから、その後ゴールドコーストで語学学校に通い直し、ようやく英語を話せる楽しさを知る。帰国後、海外で得られる経験をより多くの人に、と留学会社に就職。2007年、当時の勤務先のシドニー支店立ち上げのためビジネスビザで渡航し、2010年永住権取得。現在はオーストラリア留学センターのシドニー支店の留学カウンセラーとして、カウンセリングや現地サポートを行う。このカウンセラーに質問する