さよなら、私のグリーンメトロカード

こんにちは。アデレード支店の板垣です。

アデレードには3つの公共交通機関、電車、バスそしてトラムがあります。これらの交通機関を利用するにあたり、必要になるのがメトロカードです!2時間以内であれば、1回の乗車料金で乗り換え可能です。

by https://www.adelaidemetro.com.au/Fare-Evasion/Fare-options-and-how-to-purchase

種類は全部で4つあります。


ホワイト:シニアメトロカード

南オーストラリア州在住の60歳以上の方が利用できるメトロカードです。


オレンジ:スチューデントメトロカード

南オーストラリア州の小学校または中学校に通っている、5歳〜14歳の学生が利用できるカードです。


グリーン:コンセッションカード

日本からアデレードに留学に来る方たちが、主に利用することになるカードがこちらです。

南オーストラリア州の高校、大学、専門学校そして語学学校に通われている学生たちがコンセッションカードを利用できます。学生割引が効くので、普通の値段の半額で交通機関を利用可能です!


ブルー: レギュラーメトロカード

こちらのカードがいわゆる社会人の方たちが利用するメトロカードです。15歳以上の学校に通われていない方が利用するカードです。割引などはありません(T_T)

このメトロカードの購入方法、利用方法そしてリチャージ方法はこちらのブログをご覧ください!


私は今まで大学生だったので、学割が効くグリーンのメトロカードを使っていました。しかし、大学での授業も終わり学生証の有効期限も切れてしまったので、卒業式はまだとは言え、もうグリーンのメトロカードを使うことが出来なくなりました...。



というわけで、ブルーのレギュラーメトロカードを求め、アデレードメトロインフォメーションセンターへ行ってきました!

この日は夕方の6時を過ぎていて、カーリーストリートのメトロインフォメーションセンターは既に閉まっていたので、Adelaide Railway Stationのメトロインフォメーションセンターへ。当社アデレードオフィスから徒歩9分で到着します。



現在オーストラリアは冬なので、6時にもなると外は真っ暗です。


駅の中へ入り、改札の方へ歩いていくと...ありました!メトロインフォメーションセンター。アデレード駅のメトロインフォメーションセンターは夜の9時まで開いていますよ!


こちらで「Can I please get a regular metro card?」と伝えればOKです。カード発行料$5、そして最低$10からチャージすることが出来ます。


てっきりブルーのカードを渡されるのかと思っていたら、なんと今はデザインを選べるそうです。6種類もデザインがあり、どのデザインもアデレードの景色がプリントされているので、アデレードへ来た記念にもなりそう♪と思いました。


私はグレネルグビーチの夕日がプリントされたデザインを選びました。



これでルールに反さず、しっかりとアデレードの公共交通機関を利用できます。

最近では、アデレードメトロの方たちの交通機関の取り締まりが厳しく、学生ではないにも関わらずグリーンのメトロカードを利用しているのがバレたら、$220の罰金を支払う必要があります。

今日、自宅からシティーに来る際のバスにも、アデレードメトロの方たちが乗り込んできて、乗車客1人ひとりのカードをチェックしていました。

まだ学校に通っている方でも、学生証の有効期限が切れているとグリーンのメトロカードを利用出来ないのでご注意を!まだ学校でのせメスターが残っている方は、学校で新い学生証を発行してもらってくださいね。

細かいルールかもしれませんが、罰金を払うことになるのは困るので、しっかりとルールを確認して交通機関を利用しましょう!

板垣 詩織 / Shiori Itagaki

新潟県村上市出身。 高校2年次のオーストラリアに2週間のホームステイに行くプログラムで初の海外を経験。 様々な国籍の方々と触れ合ったり多様な文化の中で生活する厳しさや楽しさから将来は海外で活躍する人になる!という漠然な夢だけ抱いて帰国。その後、更に英語の勉強に力を入れながらも日本の大学の言語学部を目指しながら受験勉強に励んでいましたが、英語はただのコミュニケーション手段というだけであり専門知識ではない!と思ったことから思い切って進路を変更。現在通っている南オーストラリア大学入学を目指すことになりました。 現在は南オーストラリア大学でビジネスを専攻しています。大学の勉強、アルバイトそしてインターンシップの両立に励んでいます。このカウンセラーに質問する