【ブリスベン】世界で最も住みやすい都市!生活者視点

こんにちは!ブリスベン支店の芽衣です:)



毎年、英誌エコノミストでは、"都市の住みやすさランキング"が発表されるのですが…

2021年度版のBest 10は‥じゃじゃーん!

【世界最も住みやすい都市】
1位 オークランド(ニュージーランド)
2位 大阪(日本)
3位 アデレード(オーストラリア)
4位 ウェリントン(ニュージーランド)
5位 東京(日本)
6位 パース(オーストラリア)
7位 チューリッヒ(スイス)
8位 ジュネーヴ(スイス)
9位 メルボルン(オーストラリア)
10位 ブリスベン(オーストラリア)



上位10位にオーストラリアが4都市も!日本も東京&大阪の2都市がランクインという嬉しい結果でした。政治の安定性、社会の安定性、犯罪、教育、健康医療制度の利用しやすさなどなど、色んな項目を評価し、順位付けがされています。

ブリスベンもTop10に入ってるのが嬉しかったです。そう、本当に住みやすいっ♫

今日はブリスベンラバーとして、生活者視点でブリスベンのどんなポイントが住みやすいのかお伝えしようと思います。


今後国境が開いた後に向けて、留学・ワーホリの都市選びをしている方がたくさんいらっしゃると思います。「ブリスベンなんて候補になかったぞ?」「ブリスベンのこと知らなかった!」という方も、ブリスベンも候補に入れよう!となったら嬉しいです。



ものすごく平和

政治や社会の安定性、犯罪状況が住みやすさを図るポイントにもなっていますが、これって大事だと思います。

全く新しい環境で始める海外での生活。毎日勉強したり働いたりする土俵が安定していなければ、やりたいことも集中してできない!安心できない!

「安定した環境」は要チェックポイントです。


「ブリスベンってどんな都市ですか?」

と聞かれたら、私はまず「あたたかく、平和で安全な都市です」と答えたいです。

治安がとても良く安心して生活できます。お客様もひっくるめて何か犯罪に巻き込まれた!なんてことは聞きませんし、あたたかい土地でのびのび育ってきたクイーンズランダーたちは、オープンでほがらかな人が多く、とってもフレンドリーだなと思います。


目が合えばニコッとしてくれる人が多く、他愛もない会話が他人と始まるのはめずらしい光景ではありません。

ご近所さんと出逢えば数分立ち話、エレベータで話が始まるなんてことも、カフェやレストランでなんとなく会話が起こるなんてことがよくありますよ。

かといって干渉するわけではない。

人と人の良い距離のつながりが、ブリスベンにはあるなぁと思います。



大都市じゃないけど、何でもある

中規模都市ブリスベン。大きすぎないけれど、小さすぎもしない良いサイズ感の都市です。

そして現在ブリスベンは色んな所で都市開発が行われ、今まさに成長している都市です。他都市に比べて比較的30代くらいの若い層が多いとのこと。活気があります。

2032年のオリンピックはブリスベンで開催されることも決まっているんですよ。

※最近クレーンがふえたなぁ。新しいフェリーターミナルや橋、色々建設中。

大都市ほどの規模ではないかもしれないけれど、都市をあげてのイベントは毎月行われていますし、ローカルのマーケットも豊富ですので、日々楽しいです。

ブリスベンのイベントはこんなにたくさん!
What's on Visit Brisbane

買い物にも困りません。シティ内で大抵のものは全て事足ります。アジア食品店もあるので日本食へのアクセスも良いですし、なんとダイソーも進出してくれているので、日本のクオリティ高い小物もゲットできます。



無料の公共設備が素晴らしい

みんなが住みやすいように考えられた都市開発が素敵です。色んなものが無料で使えます。

例えば‥

■人工ビーチ・ラグーン
おしゃれエリアサウスバンクにある、リバービューの憩いの場。夏場のみんなの憩いの場。いつでも入りたいときに、ダイブ!


■休み処
こちらは人気エリアサウスバンクに最近できたスペースです♫川を見ながらくつろいだり、勉強したり、おしゃべりしたり‥好きに使えます。景色の良い場所にベンチや机が多い。


■BBQ台
色んな公園、川沿いにある無料のBBQ台。ボタンで一瞬で着火できます。アウトドアで気軽になんでも焼いて食べれちゃう。


■歩道
人が安全に、景色を楽しみながら歩きやすいような仕様になっています。気持ちの良い散歩道がいくつもあります。


■自転車ユーザーに優しい
自転車専用の道が整備されているところも多いです。ブリスベンはコンパクトなので、自転車を持つのがおすすめ。便利に移動できちゃいます。
また、道端に自転車の空気入れや整備グッズが使えるようになっているところも◎



公共交通機関が便利

電車はもちろん、バスはかなりの路線数で運行されています。バスはたまに時間に不正確ですが慣れてしまえば便利です。車がなくても生活できます。

なんといってもブリスベン最高の移動手段はフェリー。川の都市ブリスベンではフェリーでの移動が醍醐味です。日常がクルージングです。乗船してるスタッフもフレンドリーなので航海気分も盛り上がります。

ちなみにブリスベンでは専門学校や大学に通う学生は全て交通費半額です♡


あと、ブリスベンで今主流の移動手段は電動スクーター「ニューロン」。スマホでサッと解除して、ビューンと移動。月額乗り放題とかもあるんですよ〜!



健康面も安心

ブリスベンには日本語が通じるさくらファミリークリニック(GP/総合医)があります。怪我や病気、何かあるときに安心。
※私も何回か、おやっ?という症状で診てもらいましたが、身体が不安なときの日本語対応はやはり安心です。(TT)
写真は、まゆみ先生。



ブリスベンだっておしゃれなんだから!!

みんなだいすき♡日々のオアシス、カフェ&コーヒー。ブリスベンにもカフェは個人店が多くユニークでおしゃれな店舗がたくさんあります。(営業時間短いけどw)




自然と太陽が満喫できる

水の都市、ブリスベン。ブリスベン川が都市の真ん中に悠々ゆったり流れています。


そして緑が多く、鳥の鳴き声が色んな所から聞こえてきます。公園も多いし、車で40分も飛び出せばもっと豊かな自然に会えます。

年間300日以上は晴れ!と言われるブリスベン。雨も降るけれどだいたい青空です。
青い空やあったかい気候で生活してるとすごく元気になります。外に出たくなるし、気持ちがあがりますよ。



健康志向な人が多い

街や川沿い、どこでもウォーキング、ランニング、自転車を漕ぐ人々‥たくさんみかけます。
公園ではボクササイズ、ヨガ、サッカー、テニス‥色々やってます。


そんな健康的な人たちを見ると、私も頑張ろーって思うんですよね。私もランニングをしますが、怠け心が出てきても、走ってる人がたくさんいるので意識が高まり継続できてます。みんなにつられて先月は30km達成!




…ブリスベンが好き過ぎて長くなってしまいました。読んでくれた方、ありがとうございます。でも本当はもっともっとお伝えしたい‥!wそれはまた今度にしますね。

大都市的な、ババーンとした大きな刺激はないかもしれないけれど、ブリスベンには太陽のような暖かくてやさしい刺激があると思います。

そして毎年さらに面白く、深く‥どんどん良い都市になっていっている感じがします。ブリスベンが気になってきた!!!という方は是非何でもご相談くださいね。



ブリスベンは初の海外生活の方にも、穴場都市狙いの方にも本当に住みやすく、おすすめです。

留学・ワーホリをお考えのみなさん、ブリスベンの現地情報満載にてオフィスにてお待ちしています♡

昨日の夕暮れきれいだったなぁ。

小林 芽衣 / Kobayashi Mei

「自分のやりたいことを後悔しないようにやろう。」

友人とアテネに飛ぶということだけを決め、世界横断の旅にバックパックを背負い飛び出し、そのままオーストラリア、メルボルンへワーキングホリデーへ。

人の温かさ、自然にときめき、メルボルンでは大好きなアートとコーヒーに囲まれ、毎日何をしようかとワクワクしながら過ごしていました。

語学学校にてケンブリッジ検定試験にチャレンジ、セカンドビザ取得のため多国籍な仲間たちと一緒にファームジョブ。その後オーストラリアを1周し、各都市の魅力を体感しました。


現在はブリスベンオフィスにてみなさんのサポートをしています。

昨年はTAFE Queenslandにてずっと勉強したかったビジュアルアートを学びました。


世界中から集まる人たちと、日本とはまったく違う環境での生活。きっと自分の”意外な面”を発見できます。きっとその自分は”前より成長した自分”。

そんな自分を見てみませんか?

みなさんにも素敵な経験をしていただけるよう、ワーホリ・留学実体験を踏まえ有用な情報をお伝えしていきます!このカウンセラーに質問する