もっと自分にスキルがあったら…!!

こんにちは!ブリスベン支店の石田です!

今回は私の過去にあったブリスベンでのアルバイト経験について書いて行こうと思います。

オーストラリアと言えばやはり”コーヒーとカフェ文化”が盛んな国。
ブリスベンにも素敵なカフェがたくさんあります。

カフェで働くことは私の長年の夢でもあったので、オーストラリアで挑戦するのはいい機会かもしれないと思い大学に入学してからカフェでのアルバイトを探し始めました。

カフェで働くんだったらエスプレッソマシーンの使い方くらい知っていた方がいいと思いバリスタの1Dayクラスに行ってみたり

履歴書に決まった型がオーストラリアには無いため
時間はかかったけど自分で考えて見やすいように履歴書を書き


日本みたいにアルバイトの募集が集まるウェブサイトもオーストラリアにはないので
直接お店に突撃訪問して「今アルバイトって応募してますか?」と聞きながら何件もまわりました。


そしてあらゆるお店をまわり続けること1ヶ月半。やっとの思いで仕事をゲットできたのは
サウスバンクにある小さなジェラート屋さん兼カフェでのカジュアルポディションでした。

想像していたカフェとは違うところで働くことになったけど
(すっごくおしゃれなカフェで働くぞ!と勝手に想像していました!)
ローカルのお店に挑戦して採用してもらえたことはすごく嬉しかったのを覚えています。

↑こんな素敵なカフェで働きたいなと想像しながら履歴書を配り歩いていました!

しかし!仕事を開始してからなんと3回目からシフトがもらえなくなり、なんとカフェのマネージャーとも音信不通に。普段はマネージャーの連絡のレスポンスが早かったのに1週間たっても連絡がないということは”無言のクビ宣告”でした。

オーストラリアで学生ビザでの雇用形態には
ーパートタイム
ーカジュアル

のどちらかの雇用形態で働くことになるのですが、この2つ大きな違いは働く上での保証があるかないか。

パートタイムでは雇用時間の保証・有給手当などが受けられますが、カジュアルだと一切それが無し。

そして一番こわいのは、雇用契約解除の際に事前連絡がないということ。
つまり、「明日から来ないでいい」という自体が普通に起こりうるのが”カジュアル”ポジションでの仕事。

私は、まさに事前連絡のない解雇を経験したのです!

仕事でとんでもない失態をしたからクビになったわけでは無いと信じたいですが、真相は未だ分からぬままです。

オーストラリアでの初めてのアルバイトの経験がまさか”無言のクビ宣告”で終わるとは想像していませんでした!!

そのあとすぐに気を取り直して次の仕事を見つければ良かったのですが、完全に自信を失いしばらくアルバイト探しをするのがイヤになった時期がありました。

この時本当に思ったことは、大学に入る前にもっとしっかりバリスタとしてカフェで働けるように何かしておけば良かったなということ。

もし私にバリスタのスキルとして、エスプレッソマシーンの使い方に慣れていてオーストラリアのコーヒーの知識があって作ることができたら即戦力としてもっと仕事を探す時に自信を持ってアピールできたと思うんです。

やはり、オーストラリアでは日本人の私は外国人。
ローカルの人と対等に仕事をするのにはそれなりのスキルがより重要になるんだなと強く感じました。

そんな私の経験から、オーストラリアでこれからカフェでの仕事に挑戦したいという方にぜひおすすめしたいのが

インパクト・イングリッシュ・カレッジ(ブリスベン)の”バリスタ英語コース”

こちらの語学学校では約5週間でカフェで働くのに役立つ接客英語からエスプレッソマシーンの使い方やラテアートまでカフェでバリスタとして働くためのスキルを集中してトレーニングできるコースが開講されています。また現地でのお仕事の探しに必要な履歴書の書き方や英語での面接の受け答えのロールプレイも行うため

まさに私が、自力でやっていた履歴書作りなど仕事探しの段階で
時間がかかっていた部分をレクチャーを受けながら効率よく進めていくことができます。

そして、このバリスタ英語コースのもう一つの魅力は

自分にスキルをつけて自信を持つための練習環境が整っていること!

私は、カフェの仕事をするならちょっとはコーヒーのこと知っておいた方がいいよね
と軽い気持ちでバリスタ1Dayクラスに行ってみたものの

クラスは1日しかないため、エスプレッソマシーンに触ってちょっと数杯コーヒーを作っただけ。エスプレッソマシーンに慣れて使いなせると言えるレベルには到底いたらず。

オーストラリアのコーヒーの知識も1Dayクラスだと本当に知識が身についたかどうかは分かりませんでした。

しかしインパクト・イングリッシュ・カレッジ(ブリスベン)の”バリスタ英語コース”では、校内にあるエスプレッソマシーンを使いながら何度でも練習でき、また提携先である現地専門学校(TAFE Queensland)でのバリスタ講習もコースの一貫に含まれているためバリスタとしてのスキルを身に着けられる環境が整っています。

そして、インパクト・イングリッシュ・カレッジではバリスタ英語コース期間中だけでなくコース終了後でも校内のカフェにあるエスプレッソマシーンを使って練習が可能なので自信がつくまで練習ができます。

ここでポイントなのは、何度でも練習する機会があること!

私が行ったバリスタ1Dayクラスは1日だけなので何回もエスプレッソマシーンでコーヒーを作る練習はできません。

自力で練習するにはエスプレッソマシーンを自分で買うか、コネを駆使してエスプレッソマシーンを持ってるお友達のお家にお邪魔するなどかなり特殊な環境が必要ですよね。

ですが、バリスタ英語コースではコース期間中・終了後でも練習ができることはスキルの身につけるのには恵まれた環境が整っていいると思います。

習うより慣れろ!

コースで学んだ知識を実際に手を動かしながら自分の物にしていける
インパクト・イングリッシュ・カレッジ(ブリスベン)の”バリスタ英語コース”
オーストラリアでカフェでの仕事に挑戦して自分の可能性を広げたい方々には強くおすすめしたいコースです!!

石田 愛夏 / Manatsu Ishida

進路に悩んでいたとき「もう海外にでも行ってみようかな」という何気ない一言をきっかけに周りの人が国内大学に進学するなかオーストラリアへの大学進学を決意。海外経験一切なし、帰国子女でも国際科の高校にも通っていなかったが2年間、語学学校とファウンデーションコースに通い海外の大学で生き抜くためのスキルを身に付け、現在ブリスベンにあるクイーンズランド大学で観光学とイベントマネジメントを勉強中。

また、ボランティア活動としてクイーンズランド州政府が運営するコミュニティーラジオ局にて日本語放送のラジオパーソナリティを勤めています!このカウンセラーに質問する