日本の保育園は恵まれている?

どこの国にいても働く家庭にとって保育園は大きな課題。先日育休から復帰しましたが、我が家も保育園に無事入園できたことで、私も仕事に戻ってくることができました。
日本の保育園に入る場合、基本的には収入>保育料となり、家計的に収支はプラスになると思います。
一見至極当たり前のように思いますが、オーストラリアはそうでもありません。

1日あたり120ドル、これを週5で1ヶ月通うことになると月2,400ドル(約20万円)にもなるんです。高い・・・。

金銭的にみると、家計的にプラスになるのが週2,3日の通園。週5預けるとなると一人分の収入が右から左に流れていくという状況も少なくありません。

以前弊社ブリスベンスタッフの林が書いた「オーストラリアチャイルドケア事情」もご参考ください。

それでも保育園に預けるのは共働き、キャリアの継続、家庭事情等様々ですが、保育園の利用者としては、収入的にもプラスになって、キャリアも継続できて、という日本はなんだか恵まれているなあと感じました。

泉 紗矢香 / Sayaka Izumi

豪政府公認留学カウンセラーPIER認定資格保持(QEAC登録番号:M144)。大学在学中に留学を経験し、新卒で入社した企業でヨーロッパ、アメリカ、アジア、オーストラリアに飛び回る。仕事を通して自身の留学が人生や将来の仕事を考える大きなきっかけになったことを再認識し、「より多くの人が、留学を通して英語力を磨き、視野を広げ、豊かな人生を送れるようサポートしたい」という思いから、留学業界への転職を決意、オーストラリア留学センターと出会い現職。趣味は海外旅行で、これまで訪問した国は20カ国以上。