フェス!サンバ!!郊外イベントが面白い♪

こんにちは!ブリスベン支店の芽衣です:)

この土日、ブリスベンは珍しくお天気が悪く、雨が降ったりやんだりしていましたね。みなさんいかがお過ごしでしたか?

普段雨だと家でゆっくりしがちなのですが、この週末は先日ブログでご紹介したローカルイベントに遊びに行ってきたのでレポートします♪



Teneriffe Festival

郊外エリア、テナリフはブリスベン出身の友人が「とっても良いエリアだよ!」と太鼓判を押していた場所。小さいながらも、かわいくて温かい雰囲気と川の景色が綺麗で、さんぽ中にもとっても気になっていた場所でした。

普段はおだやか〜なテナリフですが、週末は街をあげてのフェスティバルが開催されていて、2ストリート分が露店で埋め尽くされ、ライブ会場・DJスペースが仕上がって、大盛り上がりでした。


年中温暖で、半袖&ラフなスタイルが大好きなブリスベンっ子ですが、だんだん少し寒くなってきて洋服のレイヤーが増えて、オシャレさんが多かったのが印象的です。


沢山のフードトラックや露店では、相変わらず世界各国のおいしいごはんを販売していました。この2階建てのバスのフードトラックはワッフル屋さんで、2階席で座って食べられるようになっていました。素敵〜!

パエリヤも絶品でした‥♡店員さんも気さくで、「楽しんでいってね〜!!」と陽気にハイタッチしてくれたり。みんながHAPPYなので、HAPPYの相乗効果がこのイベントには溢れていました。

ライブでは綺麗なお姉さんがダンスを披露してました。小雨でしたが沢山の人が集まっていて子供から大人までリズムに身体が揺れてる風景がまたなんとも、良い!♡



一番楽しかったのはDJスペースで、みんな思い思いに踊ったり、歌ったり、飲んだりしながら過ごしていました。



私と友人は最前線に乗り込み踊っていたのですが、しばらくすると周りのお姉さんたちが声をかけてくれて「どっから来たの?」「ブリスベンにはどれくらいいるの?」「ウェルカ〜〜ム!!」とダンスの輪に入れてくれました。しばらく時間を忘れみんなと楽しい時間を過ごすことができました。

本当に気さくでオープンな人たちが大好きだー!と改めて感じました。



Brazilian Carnival

昨日Fortitude Valleyで行われていたブラジリアンカーニバル。これがまた最高でした!

ブラジルのカーニバルといったらリオ!サンバ!!
中華街からブランズウィックストリートモールにかけての1時間程のパレードの中には色んなものがギュッと詰まっていて、圧巻!本格的なサンバと音楽を楽しむことができました。

カーニバルがスタートする前から、友人と準備中のダンサーやミュージシャンの周りをうろうろしていたのですが、本番間近になると感極まって涙ぐんでしまうお姉さんの姿、堂々とした姿のマーチングのリーダーの指揮と真剣味あふれる良い笑顔を見ました。この日にかけての想いやバックグラウンドを想像すると、こちらも胸にグッとくるものがありました。

お姉さんの隣にいる私は小学生のよう‥w

ブラジル出身の友人はチームの中にパートがあり、それぞれに意味があることを教えてくれました。


チームの象徴の旗を持つ男女のペア。ポルタ・バンデイラが女性、メストリ・サラが男性だそう。踊りはもちろん、品性・演技力・優雅さ・息の合ったコンビネーションが求められます。旗は重いですが女性が持ちます。それを持って華麗に回ったり踊るんだからすごい!!



パシスタと呼ばれるサンバダンサー。美しい衣装と笑顔がとってもゴージャスでうっとりしてしまいました。投げキッスもいただきました♡とろける〜!スーパーキュート!!♡♡


バテリアと呼ばれる打楽器チーム。チームの”心臓”と称されるポジションです。リズムがかっこよすぎました。演奏はエネルギーに溢れていてダイナミック!かつ締める時は締める!そんな緩急が素晴らしかったです。それぞれの音が調和していていました♪

1時間のパレードが終わったあとにチーム全員が観客のみんなへの感謝を音楽で表現してくれていたのですが、本当にみんないい顔なんです。こんなに間近で素晴らしいものを見ることができて感激でした。

週末は何かしら街で楽しいことが行われています。動画や写真では感じ取れない熱を是非感じに行ってみてはいかがでしょうか♪なかなか日本では見られない光景や文化も発見できる良い機会だと思いますよ。



また月末に、8月に開催されるブリスベンイベントご紹介しますね♪

7月のイベントもDon't miss it♡

▼【必見!】ブリスベン7月のイベント

さあ、今週も良い1週間にしましょう〜!♡

小林 芽衣 / Kobayashi Mei

「自分の人生なのだから、自分のやりたいことを後悔しないように一生懸命やろう。」
と心に決め、スクールアドバイザーとして勤務していた専門学校を思い切って辞め、友人と最初の目的地”アテネ”に飛ぶ、ということだけを決め、世界横断の旅にバックパックを背負い飛び出しました。

旅から戻りすぐさまオーストラリア、メルボルンへワーキングホリデーへ。
海外での生活は初めてでしたが、オーストラリアの人の温かさ、自然にときめき、メルボルンでは大好きなアートとコーヒーに囲まれ、毎日何をしようかとワクワクしながら過ごしていました。
ケンブリッジ検定試験に挑戦するため語学学校に通い、セカンドビザ取得のため多国籍な仲間たちと一緒にファームジョブも。その後オーストラリアを1周し、都市ごとの魅力に触れました。
2年という期間でオーストラリアは人生にとって大切なことを教えてくれました。

日本とは全く違う文化に触れ、毎日世界中から集まる人たちと生活する。笑い、驚き、悔しさ、感動がそこらじゅうに散らばっていて、その一つ一つがかけがえのないもののように感じました。
その中で一生懸命生活していくと、必ず自分の”意外な面”が見られるはずです。きっとその自分は”前より成長した自分”。
そんな自分を見てみませんか?

現在は東京から、再びオーストラリアへ戻り、新たな挑戦中です!
ブリスベン、TAFE Queensland(州立専門学校)にてアートを勉強しています。
私も留学生です!留学生の皆さんの気持ちに沿って、みなさんにも素敵な経験をしていただけるよう、実体験を踏まえつつ有用な情報をお伝えしていきます。

チャレンジしたいことに向かって一緒に頑張りましょう:)このカウンセラーに質問する