やらないことを決める

経営でも人生でも、やらないことを決めて、本当にやるべきことにフォーカスするというアドバイスが様々な本に書かれています。私たちも10年前には多くのタイプの留学や仕事をしていましたが、現在は本当に限られた留学しか扱っていません。

私たちがお手伝いしている留学は、アメリカやイギリスではなく、オーストラリアの語学学校や大学・大学院に留学される方、18歳から30歳くらいまでの方、2ヶ月以上の留学期間を考えている方、こんな方々のみにサービスを提供しています。

残念ながら、ときどき問い合わせのある、親子留学や小中高生の留学は扱っていません。最近増えてきたシニアの留学もやってません。きっと、取り扱ったら売上は伸びるのかもしれませんが、今のところ手を広げることはありません。それは、もし、留学というものが人生に一度のチャンスであれば、高校を卒業してから30歳くらいまでの間に行くべきだと思うからです。私たちは、その市場のプロでいたいのです。

人生のその時期に、海外でしっかりと学ぶことでそれ以降の可能性は大きく広がります。これからの時代に、縮小し衰退するかもしれない日本でしか生きられない人生設計ではなく、世界というものを意識し、世界の人々の視点を持つことで成長するチャンスをつかめるのだと思います。

私たちの会社のメンバーは、みんな20歳代で世界に飛び出してチャンスをつかんだ人たちです。20代って、まだ独身で可処分所得もあり、仕事もまあまあ楽しかったりして、インスタに毎日投稿しているうちにあっという間に過ぎてしまいます。しかし、そんな毎日に疑問を持っている若者たちも増えている感じがします。私たちはそんな悩める若者たちをお客様としている会社です。

衛藤 伸彦 / Nobuhiko Eto

代表取締役。クイーンズランド州サンシャインコースト在住。1985年 千葉大学を卒業後、文具メーカーのプラス(株)にて業態開発、商品開発、経営戦略室を担当。1990年 マサチューセッツ州立大学ビジネススクールに留学。1992年(株)ベネッセコーポレーション入社。2004年 語学学校のベルリッツインターナショナルに出向。東南アジアのマネージャーやアジア地区のフランチャイズ管理を担当。2008年より現職に就任。入学手続き無料、オーストラリアの現地6支店での無料サポート、情報量豊富なWEBサイトの構築など、留学を志す全ての人々にとって「留学エージェントとはこうあるべき」という姿を追求する日々。etonobuhiko.comにて個人ブログ更新中