薄切り肉がほしい!!@メルボルン

オーストラリアで有名な食べ物といえば、「バーベキュー」! と言われる位オージーはバーベキュー大好き。なにかあると公園やおうちでバーベキューをします。

そんなバーベキュー、私も大好きなんですが、それゆえにスーパーで売られているのは、ステーキ用の分厚いお肉ばかり。
オーストラリアに来て、日本的な料理を作ろうと思っていつも困るのが、薄切り肉が手に入りずらいということ。

私は、お好み焼きが大好きで、よく作るのですが、豚バラが売ってない。故に過去ずっとベーコンを代用してきたのですが、お好み焼き好きとしては物足りず。。。

過去にマーケットで豚バラを売っているところもあったのですが、今はもう売ってくれず途方にくれているところに、友達からいい肉屋さんを紹介してもらいました!
kazu和牛さん。日本の精肉店です。

場所は「ブラックロック」。市内からは電車とバスで50分程となり、ちょっと遠いですが、それでも交通機関を使っていくことが出来ます。

行き方:Sandringham(サンドリンハム)ラインでSandringham駅下車。駅からルート600か923のバスに乗り、Bayside City Councilと67 Royal Aveの角で降り徒歩3−5分。


ここは日本人が経営するお肉屋さん。牛なども和牛を扱っていますし、豚も、とても質のいいお肉が売られています。
薄切り肉はメルボルンにあるアジア食材店でも購入はできるのですが、すでに冷凍されているので、購入後は全部使い切らないといけないというマイナス点もあるし、上質なお肉かもわからない…。
Kazu和牛さんは、新鮮なお肉を売っていますので、購入して小分けにして、冷凍庫で保管することも可能です!

気になるお値段ですが、豚薄切りであれば200グラムほどで7ドル(約600円程)、和牛はちょっと高めですが、170グラム程で12ドル(約1000円程)です。
牛はちょっとお高めですが、豚バラは気軽に買えるお値段ですよ♫ 

豚バラは野菜炒めに、焼きそばに、お好み焼きにと気軽につかえるので料理のバラエティーも増えること間違い無し。
さっそくお肉を購入した日は、牛タタキを作ってみました。 新鮮なお肉だったのでとても美味しかったです♫

大橋 麻衣子 / Maiko Ohashi

オーストラリア、メルボルン在住。豪政府公認留学カウンセラーPIER認定資格保持(QEAC登録番号:I138)。初めての留学は、シドニーでの短期留学。その後、パースでのワーキングホリデー生活を経て、2006年 ゴールドコーストで、調理師とホスピタリティーの専門学校に進学。レストランで調理師として3年働いた後、キャリア転換でメルボルンへ。日本での事務と接客経験、そしてオーストラリアでの留学経験を活かすため、現職に就く。シドニー、パース、ゴールドコースト、メルボルンと、ほとんどの主要都市で暮らした経験から、都市によって色の違うオーストラリアの良い点・悪い点も含めた留学カウンセリングを行う日々。このカウンセラーに質問する