英語嫌いが英語を勉強する気になったきっかけ

自分は元々英語が大っ嫌いでした。

今はパースに住んで、留学の仕事をして、お客様に「英語がんばろう!」なんて言っていますが、個人的に英語が好きか、と聞かれると、今でもあまり好きではありません、が本音です。
band-2

中学1年の最初の頃だったと思うのですが、三人称単数を習ったとき。
主語が「he」とか「she」だと、動詞に「s」が付くというやつです。

これで英語がわからなくなりました。

動詞にエスがつくって何さ。
そもそも「サンニンショウタンスウ」って何???

そして、定期テストで赤点ぎりぎり。

「よし英語は二度と勉強しない!!」

心に誓いました。

その後の中学生生活は、定期テストでは赤点ぎりぎり。選択問題のまぐれあたりで、よくて40点くらい。

話は変わり、中学時代の社会の先生が、やたらと雑煮は地域によって味の違いがあることを力説する人。友達と「あの先生おもしれ~!雑煮の歌つくろうぜ!」と、雑煮の歌をつくる。

中学時代とかはギターとかに興味を持つお年頃。

雑煮の歌をつくったことがきっかけで、「バンドやろうぜ!」となり、紆余曲折を経て自分はボーカル担当。

一応まじめにボーカルの練習をしようと、ボーカルトレーニングの本を買いました。

トレーニング本に「この人の歌声は参考になる」というページがあり、そこに某アメリカのロックシンガーの名前がありました。当時、洋楽には全く興味はなかったけど、かっこつけたがるお年頃。「洋楽知っている俺ってかっこよくね? 」と、そのシンガーのCDを買いました。
band-1

もちろん、歌詞の意味なんてさっぱりわかりませんが、曲を聞いていると意味を知りたくなってくる。でも、英語赤点ぎりぎりの自分が、英語の歌詞を見てもわかるわけがない。

「洋楽の歌詞わかる俺ってかっこよくね?」と歌詞の意味をがんばって読み取ろうとする。そして、英語の勉強をちょっとまじめにやってみる。

当時中学3年生の後半で受験勉強も本格化してきた時期。ようやく中学1年生レベルの英語を理解できるようになってくる。

定期テストでも、40点を脱出し、ようやく60点くらいの得点ができるようになり、高校では英語の先生に恵まれ、さらにレベルアップをすることができました。

中学の時、社会の先生が雑煮の話をしなければ、雑煮の歌をつくるなんてアホなことをしなければ、ボーカル担当にならなければ、おそらく英語は赤点のままだったし、ましてや海外に出るなんて考えもしなかったと思います。

中学の時の社会の先生には今でも感謝です。

坂本 岳志 / Takeshi Sakamoto

豪政府公認留学カウンセラーPIER認定資格保持(QEAC登録番号:H297)。日本の大学を卒業後、日常英語もままならないレベルから、メルボルン大学大学院進学を決意。卒業後は、日本の商社で海外取引に3年携わる。現職に就いたきっかけは、メルボルン大学と商社時代に感じた「危機感」でした。各国の優秀な人材が海外で経験を積み、どんどん活躍していく中、日本の縮小を実感し、何か自分が役に立つことができるのでは、という思いから留学業界へ転職。東京オフィス→パースオフィス→石川県でリモート勤務を経て、2021年2月よりメルボルンに戻り、主にオーストラリア全都市の大学・大学院進学希望者のカウンセリングとサポートを行っています。このカウンセラーに質問する