乗り捨てOK!便利なレンタル自転車、oBike

最近メルボルンのシティ内のみならず、郊外でも見かけるこの自転車。


ここ2ヶ月くらいで設置され始めたのですが、この自転車なんと指定の自転車置き場に停める必要は無く、自分の好きな所に乗り捨てることができるんです!
その名も

「oBike」


メルボルンのシティ内で色々な所にこの自転車が駐車されているのを見かけるのですが、レンタル方法はとても簡単!

まずはアプリをゲット!

サインインが必要なので、フェイスブックのアカウントでサインインか新規アカウント作成で進むことができます。そのあとはクレジットカード情報を登録すればこれでOK!もう使えちゃいます!

位置情報をオンにすれば周辺にパーキングしてあるobikeを見つけることができます。

近くにあるobikeを見つけたらその自転車についてるQRコードをスキャン!

すると。。。自転車の鍵が自動的に外れます!
この時注意しなきゃいけないのは必ず携帯電話の「Bluetooth」をオンにしといてくださいね。

あとはご自身の目的地まで乗るだけ♪
オーストラリアでは必ず自転車乗用時にヘルメットの着用が義務付けられていますので必ずヘルメットはかぶってくださいね!ちなみにこのヘルメットも自転車に付いています。

目的地までついたら鍵をかけて終了です!
アプリを確認するとこのような画面が出てくるので自分の使用履歴を確認することができます。

費用は30分で$1.99!!

日本円で約175円!(※$1=88円計算)

毎日自転車に乗るわけではなくたまに乗るという方や、出かけた先に目的地が駅から遠い場合などに活用するといいかもしれませんね!

ただし、このoBike今ちょっとした社会問題にもなっています。
oBike専用の駐輪場が無いのでどこにでも停められてしまうことをいいことに、悪質な被害がでてきています。

例えば川に自転車が捨てられてしまったり…
(photo by Heraldsun)

樹の上に乗せられてたり…
(photo by businessinsider)

とこのような被害がでてきているので賛否両論あるようですが、サービス自体はとてもいいサービス!
皆さんもきちんとマナーを守って、安く、そして簡単に自転車を使ってみませんか!??




長屋 翔 / Nagaya Sho

初めての留学は、ブリスベンでの短期留学。その後日本でメディア関係の会社に就職し、3年が経った頃に「もっと英語を話せるようになりたい」「海外でもっと長期間生活したい」と考え、ワーキングホリデーでシドニーへ。最初の2ヶ月間は語学学校に通い、その後ローカルのホテルで働く機会を得ました。英語のみで働く環境はとても刺激的で、英語力も一気に上がったと思います。1年間の滞在後、再び学生ビザでオーストラリアへ。現在はメルボルンで学校に通いながら、オーストラリア留学センターメルボルン支店で皆様のサポートをさせて頂いております。