私が苦手な英語発音〜板垣編〜

こんにちは、アデレード支店の板垣です。

ネイティブの発音で英語を話すのって、とってもかっこいいですよね〜♡ただ、発音を気にしているのって、割と日本人だけのような気もするので、発音よりは実は単語数を増やしたほうが、外国で生活するにはいいと思います。

さて、今回は「発音よりも単語数を増やすほうが大切!」と冒頭で言っておきながら、発音のお話です。以前、パース支店の坂本が、同じトピックでこちらのブログを書いていますので、今回は板垣編です。


日本人が苦手とする発音、上位にランクインするであろうこの2つのアルファベット、RとL。私も留学をスタートさせたばかりの頃は、違いが分からず苦戦していました。あとFとVの発音も難しいです...(T_T)

by http://skeptikai.com/2012/09/10/why-cant-japanese-people-say-ls-or-rs/


もともと、日本にはRとLの発音がないので、英語を話す際にRとLの発音に苦戦するようです。Why Can't Japanese People Say L's or R's?

以前、テレビコマーシャルの「Lux Super Rich」というシャンプーのスローガンを言ってみると、RとLの違いが分かる!と話題になりましたよね。確かにこのスローガンを言ってみると、RとLの違いを理解できると思います。(是非言ってみてください)



私は今ではRとLの発音に随分慣れ、多分しっかりと使い分けられてると自分では思います。"rice"と"lice"とか...。


ただ、今でも私がめちゃくちゃ発音を苦手とする単語があります。それは、RとLが続けて、またはたくさん出てくる単語です。例えば、"girl"、"world"そして"parallel"などがあります。

"parallel"の発音をホストマザーと100回くらい練習したのを覚えています。懐かしい...。



RとLがバラバラに出てきたら発音できますが、一緒に出てこられると、もう舌をどの位置に置けばいいのか分からなくなってしまいます。というか、舌の位置をいちいち気にしながら、会話なんてしていられないので、もうこれは慣れるしかないのかもしれませんが...。

このような単語が出てきた時には、ネイティブになりきって、完璧に発音できていますオーラを出しながら発音しています(笑)この間アイフォンに設定してあるSiriに「world」と「girl」と言ってみたら、しっかりと聞き取ってくれたので安心しました。




RとLの発音を間違うせいで、まったく違う意味になる単語も幾つかありますので、ネイティブっぽくしゃべれないとしても、RとLの発音はしっかり習得しておいた方がいいですよ。

私もまだまだ頑張るので、皆さんも一緒にRとLの発音を向上させましょう(^o^)☆ Lux Super Rich!